• 借り換え比較ネット


ネット完結!借り換えカードローン

無駄な金利を支払いたくない!このサイトでは、カードローンの借り換えにおすすめの低金利カードローンをまとめています。借り換えで返済総額を減らしたり、毎月の負担額を減らすことができる可能性があります。
借り換えでいくらお得になるのか?シミュレーションで調べてみましょう!
金利18%で50万円借りている場合 - 借り換え年間節約シミュレーター



カードローン借り換えってオトクなの?

カードローン借り換えの相談係

カードローンの借り換えとは、現在借り入れを行っているカードローンよりも低い金利のカードローンを選択し、より低金利で新たなローンを組みなおすことを指します。ある金融機関に返済すべきお金を、それより金利の低い金融機関からの借入金で一括返済するのです。金利が下がることで利息が少なくなり、元々の金融機関で返済し続けるよりも返済総額が少なくなることが最大のメリットです。ローン借り換えは「住宅ローン」でもポピュラーな方法で、複数の金融機関への返済に追われている場合の打開策として用いられます。複数の金融機関におけるローンを一つに組みなおすことを「おまとめローン」といいます。

借り換えすると総返済額の負担が少なくなる?

借り換えによる借金残高の推移

借入額50万円、毎月の返済額1万円として、金利18%と9%の場合の借金残高の推移


現在活用しているカードローンを少しでも金利の低いカードローンに借り換えすることで、総返済額を減らすことができます。
総返済額を減らせることで不安や悩みを軽減することにも繋がりますので、考慮してみる価値があります。
上記表の例では、金利9%なら借金の残高が0になる頃でも、金利18%の場合だとまだ25万円弱借金が残ったまま。また、総返済額は金利9%の場合は約63万円、金利18%の場合は約94万円になります。たった数%の差が最終的に大きな金額になってきますので、現在返済金利でお悩みの方は是非参考にしてみてください。

一般的に、カードローンやキャッシングは、借り入れ額が大きいほど、金利は低くなる傾向があります。金利設定はそれぞれの金融業者ごとに異なりますが、おおむね借入額が大きいほど低金利になっていきます。ということは、複数の会社から少額ずつ借り入れしているよりも、借り換えして一本化してまとめてしまうほうが、金利が低くなる可能性が高いということです。

借り入れ額の利用が大きい方は是非確認するようにしましょう。

借り換えの申込みはリスクゼロなの?手数料はかかるの?

借り換えするのは、審査も甘くなさそうだし難しいんじゃないかなぁ・・。とお考えかもしれませんが、借り換えの手続きはとても簡単です。
インターネットから金利の低い借り換えローンを見つけて申し込みするだけです。当サイトでは、インターネットから利用できる借り入れ可能な低金利のおすすめカードローンを集めていますので、少しでも参考にしていただければ幸いです。
申込みは特に手数料がかかったりするわけではないので、リスクはゼロですよ。また、担保も保証人も必要なく、誰かにバレるという心配もなく、利用することができます。

いまは銀行カードローンを中心に、金利がどんどん低くなっていますので、以前に借り入れしているなら検討して見る価値ありですよ。

カードローン借り換えの審査って甘くないんじゃないの?

カードローンの借り換えで審査が心配な方は、まずは下記をチェックしてみましょう。

チェックマーク 今利用している借り入れ・借り入れ社数

借り換えローンを利用してみたいけど、審査に通るか不安で申込みまで至らない…なんて心配していたりしませんか?
そのようなことが心配で踏み出せずにいる方は、金融業者が用意している『お試し診断』を利用してみてください。
お試し診断では、無記名で借入額をはじめ、借入社数を記入するだけで融資してもらえるかどうかを審査してくれる優れた機能です。
なんといっても無記名で調べることができますので、通常の審査の時に残る信用情報には記載されないのが嬉しいですね。
当サイトで紹介しているカードローンでも利用することができますので、是非確認してみてください。

チェックマーク 勤務先・勤続年数

借り換えローンの審査にあたって重要なポイントとなるのが「勤務先」と「勤続年数」です。
基本的に大手企業や有名企業、勤続年数が長い方ほど審査に通りやすいと言われております。
仕事を始めたばかりの方は、勤続年数が短いため、半年~1年くらい待ってから申し込むようにすることをおすすめします。

チェックマーク パート・アルバイト、主婦の方も利用可能?

借り換えローンは基本的に安定・継続した収入が見込める方が利用可能になっていますので、パートやアルバイトの方でも安定した収入がある方は利用可能です。
また、「安定・継続した収入が見込める方が利用可能」と書いているため、すぐに諦めてしまう主婦の方が多いと思いますが、実際のところ、主婦が利用できるカードローンを取り扱っている金融業者がありますので、チェックしてみてください。

チェックマーク 短い間隔で申込みはやめよう!!

借り入れしている方が1週間~1ヶ月の間に再度カードローンを申し込む際、審査に落とされてしまう現象(申し込みブラック)がおこります。なので、短い間隔での審査の申し込みは避けるようにしましょう。
短い間隔で申し込んでしまって落とされた…という方は、1ヶ月~3ヶ月ほどの期間をあけるのがポイントですよ。

カードローン借り換えの方法と流れ

カードローン借り換えを行う事によって、金利設定を低くして利息負担を小さくする事が出来る可能性があります。
借り換えの流れとしては審査申込みを行い、返済能力を認めてもらう事で契約に至るという流れになります。

現在借金しているカードローンサービスよりも、さらに有利な金利設定で借り換え出来る業者があれば、そちらに移った方が利息負担総額を減らす事が出来て、借金負担を小さく出来ます。
借金は大きくなると金利が低くなるという特徴がありますから、数社から細かく借金しているよりも、1つの業者にまとめてしまった方が返済総額が少なくなる場合が多いです。

カードローン借り換え審査のチェック内容

どの金融機関においてもそうですが、申し込みはプロフィールの記入から始まります。インターネットか窓口かという違いはありますが、氏名、住所、性別、年齢、勤務先など、種々の情報を正確に申告します。
特に勤務先については通常「在籍確認」が行われます。金融機関が勤務先へ電話する訳ですが、金融機関であることを明かさずに「○○さんいらっしゃいますか?」というように尋ねられるだけなので、「勤務先に債務があることを知られたくない」といった場合でも問題はありません。

次に、申告されたプロフィールに基づき、金融機関は通常「コンピュータスコアリング」という手法を用います。
過去の顧客との取引履歴を集計し、審査のための統計データとして保管しています。このデータと申請者のプロフィールをコンピューター上で照らし合わせ、年齢、性別、勤務先といったあらゆる情報を元に、申請者と似たプロフィールの過去の利用者を探し出します。過去の利用者との取引に問題が無かったかということを基準として、申請者の支払い能力を判断するのです。


また、プロフィールにおける各項目において、有利・不利の傾向は一般的に以下の通りです。

年齢
有利:20~50代(特に30~40代)
不利:10代、60代

家族構成
有利:同居
不利:一人暮らし(※同居の方が連絡を取りやすい為)

年収
有利:200万以上
不利:200万未満

勤続年数
有利:長期間であればある程有利
不利:短期間(※勤務年数自体は長くても転職が多い場合は不利)


また、基本的なことではありますが、各種の記入・入力項目における誤り・漏れは申請者本人から見れば単なる過失ですが、審査する側から見れば「虚偽・隠蔽」と区別がつきません。
落ち着いて、一つ一つの項目を正確に記入・入力することが基本にして最も大切なことなのです。

その2:「きちんと返済できるか」の審査

申込内容の審査と同時に、信用情報履歴の審査が行われます。申請者の信用情報(過去の取引履歴)を専門機関から入手し、問題が無いかを判断します。
日本国内には信用情報機関は3つあります。

当然、履歴に問題が無ければ審査は通りやすくなり、反対に問題がある、そもそも申告内容と食い違っている、ということであれば審査は通らなくなります。以下、特に見られる3つのポイントと、それぞれについての対応策を説明します。


まず見られるポイントは「事故情報」です。
過去の取引において延滞・不払いといったトラブルがあると、審査に通ることはほぼ不可能です。
これらの情報は5~10年ほど記録されますので、その間借り換えは出来ないと言っても過言ではありません。
従って、借り換えローンを行って返済総額を下げる以前に、まず現状の金融機関との間にトラブルを発生させないことが必要不可欠です。


次に見られるポイントは「借入件数」です。
借入件数は返済総額よりも重視され、基本的に少なければ少ないほど有利です。
例えば「2社から50万ずつ、合計100万円借りているAさん」と「5社から20万ずつ、合計100万円借りているBさん」という申請者がいたとします。
信用という観点から見ると、Aさんは「それぞれの会社が50万円を貸すに足りると判断した人物」という見方をされます。反対にBさんは「それぞれの会社から20万円しか借りることが出来なかった人物」という判断をされます。借入金額は同じですが、どちらが信用に足る人物であるかは明白です。
この例は極端ではありますが、一般的に3件以下であれば問題ない場合も多く、4、5件以上になると相当厳しくなる傾向があります。
従って、借り換えを行う前に可能な限り整理を行いましょう。また、借入件数と同時に契約件数も見られるので、不必要なローンなどは解約しておくことが確実です。

その3:「多重申し込み」の審査

その名の通り、短い期間の間に複数の金融機関へ借り換え申請を行うことを指しますが、これは信用に傷をつける可能性があります。
例えば1か月で2回申し込みを行い、2回とも審査に落ちた上ですぐに3件目に申し込んだとします。3件目の金融機関は1回目、2回目で審査に落ちたことを取引履歴で参照しますので、「短期間でこれだけ審査に落ちるような人に貸し出しをするのは危ない」という判断をせざるを得なくなります。つまり、闇雲に回数を重ねることは逆効果なのです。次々に様々な金融機関を渡り歩くより、これまで説明してきたポイントに気をつけて準備を整えた上で、希望する金融機関へ申し込む方が確実な方法です。

借り換えローンでおすすめの銀行カードローン

銀行ATMの利用

カードローンの借り換え時にポイントとなるのが、銀行カードローンを利用するか消費者金融業者を利用するか…という点です。
銀行カードローンは消費者金融業者に比べて圧倒的に低金利な点が魅力的です。銀行カードローンは一番金利が低く、その分審査が厳しいのですが、まずは銀行カードローンにチャレンジしてみましょう。

銀行での借り換えローン審査は厳しい?

一般的に、銀行の方が消費者金融よりも金利が低く、最終的な返済総額を抑えることが出来ます。従って、借り換え先として、まずは消費者金融よりも銀行を狙う傾向が強いようです。ただし、銀行の審査は消費者金融に比べて厳しいことが特徴です。


まず「東京スター銀行」の例を挙げます。
東京スター銀行は「おまとめローン」の先駆者的存在であり、特典も多いことから借り換え先として人気です。
審査について、借り換え専用の「スターワンバンクローン(おまとめローン)」は年収が200万円未満の人・パート・アルバイトの人はまず応募することが出来ません。
また、審査に通ったとしても実際の借り入れまでには2週間かかります。借り換えに加え新規の借り入れも可能な「スターワンバンクローン(のりかえローン)」になると、融資までには1か月かかります。

次に「住信SBIネット銀行」の例を挙げます。
住信SBIネット銀行の魅力は他の銀行と比べても格段に低金利なことであり、実質年率は最低1.89から、最高でも7.99%に収まります。
その分、審査については厳しめです。定職につき収入がある場合でも、勤続年数が短く(1年以下)、更に正社員で無い場合、通らない可能性が高くなります。
また審査に通ったとしても借り入れまでには数日かかる場合が多く、限度額が300万円を超えると必要提出書類が増える為、手間と時間が上乗せされます。


以上の通り、低金利であり借り換え先としては優れていますが、銀行の審査は決して甘いとは言えません。

消費者金融でのカードローン借り換えは?

先に述べた通り、銀行の場合と比べると、消費者金融は金利が高めで、審査は甘めと言うことが出来ます。

まず「アコム」の例を挙げます。
アコムの「借換え専用ローン」はインターネットからの申し込みは出来ません。店頭窓口か自動契約機、もしくは郵送での手続きとなります。最短30分で審査が完了する上、店頭窓口もしくは自動契約機での手続きであれば、即日融資が可能となっています。金利は7.7%~18.0%とやはり銀行に比べれば低いとは言えませんが、審査の簡単さとスピード感がメリットとなります。

次に「オリックス・クレジット」の例を挙げます。
オリックス・クレジットの「VIPフリーローン」は、年収400万円以上という制限はあるものの、借り入れ限度額は100万円~800万円と、新規融資を考えている方には打ってつけの内容です。
審査は完了までには数日かかるものの、インターネットと郵送のみで完結し、店頭窓口に赴く必要が無い点も簡単です。

総量規制はカードローンの借り換えにどう影響する?

消費者金融は貸金業者であり、「貸金業法」の中にある「総量規制」という法律の対象となるため、特に追加融資に関しては注意が必要です。
総量規制とは過度の借り入れによる経済的負担・困窮から消費者を守るため、2010年に施行開始となった法律です。
その内容とは、貸金業者が個人にお金を融資する場合、その個人の年収の3分の1を超えて貸付けてはならないというものです。

例えば、年収300万円であるAさんは、消費者金融のB社から合計100万円を超えるお金を借入れることはできません。また、B社側も、100万円を超える金額をAさんに貸してはいけないということなのです。

借り換えローン自体は総量規制の対象外なので、単体で年収の3分の1を上回ることは可能です。
しかし追加融資に関しては、借り換えローンの残高が年収の3分の1を下回るまで、新規に行うことは出来なくなります。
借り換えローンによって返済額が十分に少なくなるまで、上乗せは不可能なのです。
銀行において借り換えを行った場合でも限度額による追加融資の制限はありますが、そもそも銀行は貸金業者ではない為、はじめから総量規制の対象ではありません。
つまり金利と審査以外の、銀行と消費者金融との最大の差がこの総量規制なのです。
また、選択した借り換えローン自体が「借り換え専用」の商品である場合、総量規制に関わらず新規融資は不可能です。
従って、新規融資を希望する場合、総量規制を念頭に置き、借り換え先の性格についても事前に把握しておくことが重要といえます。

おまとめ・借り換えローンで得する条件って?

借り換えする女性

借り換えローンは借金の返済の負担を減らすのに有効な手段の一つですが、これにはメリットが出る場合と、デメリットが出る場合があるので利用をする時にはそのどちらに当てはまるか良く考えてから利用をするようにしましょう。


まず、借り換えをする大きな理由のひとつとして金利の安いところから借りなおすという意味があるので、金利が高いか低いかで判断します。
今の段階で一番金利が安い金融機関から借りているという人は別の金融機関から借りなおす必要がありませんから、低金利の人は借り換えをする必要がありません。
ただし、カードローンの金利はここ数年下がり続けていて、いまでは金利年1%台というカードローンもあります。
金利10%ほどで利用している方は金利が低いほうですが、さらに利息を減らせるかもしれませんので、昔からカードローンを利用している方は、新しく探してみるのも良いでしょう。


現在の金利が15%以上など金利が高い人は、金利の少ない金融機関からお金を借りることができれば金利の負担が減る分だけ支払の総額も減る事になります。
返済が楽になるので高金利の場所から借りている人には向いている方法になります。

また、複数の金融機関からお金を借りているという人にも借り換えをおすすめします。
複数の金融機関からお金を借りた場合金利の負担だけでなく、返済日がバラバラで返済をするだけでも手間がかかり負担になるという問題があります。
しかし、それらの借金を借り換えることによってひとつの金融機関にまとめることができれば、返済日もひとつの日に固定をすることができるので借金返済の負担が軽減されることになります。

カードローン借り換えによるメリット・デメリット

カードローン借り換えのメリット・デメリット

ローンを借り換えるメリットはまず第一に金利の安い場所から借り換えることで、金利の負担を減らすことができるという点にあります。

金利の負担が減ればそれだけ総返済額が少なくなりますから、返済の負担も軽減されることになり特に借りている金額が大きければ大きいほどその効果が大きいです。

次の返済日がひとつの日になるので、返済計画をたてやすくなるという利点もあります。

複数の金融機関からお金を借りていれば、その分だけ返済日が訪れることになり資金管理に手間がかかり、また何日も返済日があると返済に追われているような気になってしまい、精神的な負担も大きくなってしまいます。

しかし、借り換えをしてローンをまとめることによって返済日も固定することができるので、資金管理がしやすく精神面でも返済の負担を軽減することができます。

一方で精神的に余裕が生まれるというのはデメリットにもなりえます。
返済が楽になったことから余裕ができてしまったと勘違いをしてそこからまた新たに借金をしてしまうということは少なくありません。
借り換えて借金の返済が楽になったからと油断をせずに完済までは気を引きしめておきましょう。

複数の借り入れ金がある方はおまとめを

複数の借り入れ金がある方は、1社におまとめするのがポイント。金利が高いところを借り換えを行い金利を下げるようにしましょう。そうすることで総返済額を減らすことができ、複数あった返済日が月一回になりますので、払い忘れもなく精神的にもゆとりがでてきますね。

おまとめローンで借り換えをする時銀行と消費者金融のどちらを選ぶ?

はじめはしっかりと立てていた返済計画が経済状況の変化や就労状況の変化によって崩れてしまうということは珍しくありません。

そういった時や、そうなる前に助けてくれるのが借り換えやおまとめローンです。

ここではおまとめローンの基本ともし利用する場合銀行か消費者金融どちらよいかを解説していきます。

おまとめローンを利用するメリットは?

借り換えとおまとめに大きな違いはない

そもそもおまとめローンというのは複数の借金の借り換えを目的とした目的別ローンの一つです。

この借り換えと言うのは「今の借金よりも低い金利でお金を借りて今の借金を返済する」という行為を指します。

例えば年利18%のカードローンを今利用していて、年利14%のカードローンを見つけたとします。

この14%のカードローンでお金を借りて今の18%のカードローンを完済した場合、残るのは14%のカードローンなので単純に考えても年利4%分の返済がお得になるのです。

この借り換え目的専用のローンをおまとめローンというのです。

ちなみにおまとめローンのおまとめとは「複数の融資を一本化する。まとめる」という所から来ています。

三社からそれぞれ50万円を年利15%・16%・17%で借りている場合、年利15%で150万円を借りて借り換えをするというイメージです。

一般的に融資額が多ければ多いほど金利は下がるのでおまとめは一社のみの借り換えに比べて金利が下がる割合が大きいのですが、その分融資額も増えるので審査が厳しくなるデメリットもあります。

また「おまとめローン」の名称で提供されていても一社からの融資の借り換えにも対応している事が多いです。

おまとめローンは消費者金融が提供することが多い

詳しくは後述しますが、おまとめローンを提供しているのは総量規制の関係から消費者金融がメインとなっています。

一部の銀行でも借り換え目的のおまとめローンを提供していることがありますが少数派で、ほとんどの銀行ででは借り換え目的の融資は利用目的に制限がないカードローンやフリーローンを利用する形になります。

最近では銀行側も「おまとめ目的でも使いやすい」などおまとめ目的での利用を全面におしだして宣伝することも珍しくありません。

消費者金融のおまとめローンの特徴・金利の高さが気になるところ

それではここから具体的に消費者金融と銀行のおまとめローンの比較をしていきます。

まず消費者金融ですが、消費者金融には総量規制と呼ばる規制があり基本的に年収の三分の一までしか借りることができません。

ですから消費者金融が提供する通常のカードローンはおまとめや借り換え目的では使いにくくなっています。

ただしこの総量規制には例外の規定がいくつかあり、おまとめローンや借り換え目的のローンも例外として年収の三分の一以上借りることが可能となっています。

その為消費者金融はカードローンとは別に「貸金業法に基づくおまとめローン」という形で借り換え専用のローンを設けています。貸金業法のキホン:金融庁

消費者金融のおまとめローンの特徴は銀行が提供するカードローンと比べると金利が高めと言う事と、借り換え目的であるという事を証明するための書類を提出する必要があることです。

銀行でのおまとめはカードローンを利用するのが一般的

総量規制は貸金業に対しての規制なので銀行は対象外となります。

そのため銀行ではおまとめローンとして特別に提供するのではなく多目的に利用できるカードローン、もしくはフリーローンで借り換えをするように勧められるのが一般的となっています、

銀行カードローンの特徴としては金利が消費者金融と比べて低いこと、フリーローンなので目的を証明する書類を提出する手間が省けることが挙げられます。

ただしデメリットとして金利が低い分審査が厳しい傾向にあります。

また限度額自体は消費者金融とあまり変わりません。。

利用目的に制限がない「フリーローン」

借り換えとおまとめに大きな違いはない

ちなみにフローローンとは「利用目的に制限がないローン」のことを指します。

ローンカードを利用して融資を受けるカードローンも目的に制限がないことが多いのでフリーローンの一種です。

銀行などでは限度額内で自由に返済・借り入れができるカードローンと区別して「一回でまとめて大金を借りて分割で返済する」方式の金融商品を指すことが多くなっていです。

また会社によっては「有担保フリーローン」として不動産などを担保とする必要があるが、その分金利が低いフリーローンも提供してます。

目的に制限がないフリーローンであれば借り換えも可能

おまとめローンという借り換え専用ローンが存在していますが、フリーローンやカードローンのような利用目的に制限がないローンでも借り換えは可能です。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行のフリーローンの方が金利が低いということが多いので、借り換えを考えるのであればおまとめローンにこだわらず広い範囲で商品をさがしていきましょう。

逆に借り換えができないものは住宅ローンや教育ローンと言った目的に制限があるローンで、こういったローンでは「多めに借りてついでに借り換えを」ということはできません。

ただし一部のローンにおいては「他社が提供する同様のローンの借り換え」目的であれば利用できるとしている会社があります。

借り換えなら金利が低い銀行カードローンがおすすめ

借り換えを選ぶ基準として月々の返済金額などもありますが、まずなによりも重要なもの金利です。

ですから借り換えを考えるのであれば消費者金融が提供するおまとめローンより先に銀行が提供するカードローンやフリーローンを利用をおすすめします。






最新の記事




現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス

おすすめカードローン