カードローンの返済シミュレーションの有効性とは? - カードローンおすすめ比較ネット

  • カードローンおすすめ比較ネット

Amazonギフト券2,500円分プレゼント!カードローン体験レポート投稿キャンペーン

カードローンの返済シミュレーションの有効性とは?

大手消費者金融の公式サイトや銀行系カードローンの申し込みサイトの多くでは、カードローンを実際に利用する前に、計画的な返済に役立ててもらおうと、カードローンの返済シミュレーションが出来るようになっています。

ひとえにカードローンの返済と言っても、返済サイクルや毎月の約定返済金額、各社が決めている返済方法によって、同じ金額を借りた場合でもトータルでの支払利息や返済期間に違いが出てきます。

カードローン利用における返済シミュレーションの有効性などについて解説を行っていきます。

 

大まかな返済計画を把握するのに非常に役立ちます!

飛ぶ男性

カードローン利用における返済シミュレーションは、実際に借り入れを行う前に、毎月どのくらいのお金をどのくらいの期間をかけて返済していくのか、トータルの支払利息がおおよそどのくらいになるのか、等の情報を知ることができる、カードローン利用者にとっては必要不可欠なツールであると言っても過言ではないでしょう。

カードローンを契約する際に多くの人は適用される実質年率については確認を行っているでしょうし、実質年率が分かれば短期的な借り入れを行った場合のおおよその支払利息については簡単に割り出すことができます。

しかしまとまったお金を借りて、ある程度の期間をかけて返済をしていこうという場合には返済シミュレーションを行うことを強くお奨めします。

1ヶ月以内に完済するような借入ならば先の見通しが簡単につきますが、ある程度長期に及ぶ借入の場合、返済サイクルが毎月なのか35日毎なのか、返済方式が元利定額リボルビングなのか元金定額リボルビングなのか、利用残高と約定返済額の関係性はどのようなになっているか等の様々な要素によって、返済スケジュールが大きく異なってくるため、ツールを利用せずに先の見通しを立てることは難しいと考えられるのです。

 

実際に返済シミュレーションを利用すると違いが実感できる!

男性とグラフ

例えば大手消費者金融のカードローンを利用して、実質年率は18.0%という条件で20万円のお金を借り入れたと仮定して返済シミュレーションを利用してみると、その有効性を実感することができます。

自分自身の手で具体的な返済スケジュールを導き出そうとするならば、相当に骨が折れる作業となりますが、返済シミュレーションを利用すれば幾つかの数値を入力するだけで簡単に具体的なスケジュールが即座に表示されることとなります。

また実質年率18.0%、借入額20万円という同一条件でも、返済サイクルが35日毎なのか毎月返済なのかという違いによって、毎月の約定返済額やトータルの支払利息が違ってくることも、返済シミュレーションを利用することによって簡単に知ることができます。

自分がカードローンを利用する場合にはどのような条件で契約すれば最も合理的な借り入れができるのか、ということを知るために返済シミュレーションは非常に役立つツールとなっていますのです。

 

返済シミュレーション利用時の注意点とは!

 

次に返済シミュレーションを実際に利用する際の注意点について幾つか紹介を行っていきます。

 

・数値は確実に入力しましょう

返済シミュレーションを利用する上で最も基本かつ重要なこととなります。もしも間違った数値を入力してしまった場合には、誤ったシミュレーション結果が導き出されることとなるので、いざ借入をして返済が始まった時に非常に困ることとなります。

 

・契約している金融機関の返済シミュレーションを利用しましょう

カードローンは各商品ごと、各金融機関ごとに返済サイクルや返済方式が変わってきます。ミス無く返済シミュレーションを行うためには、自身が契約しているカードローン会社が提供している返済シミュレーションを利用することが重要になります。

 

・シミュレーション結果を鵜呑みにしない

返済シミュレーションはあくまでもおおよその返済スケジュールを導き出してくれるツールであり、実際にカードローン利用をした場合に100%返済シミュレーション通りの返済スケジュールとなるわけではありません。

万が一延滞してしまった場合や逆に任意返済を行った場合には当初の返済スケジュールが大きく変わることとなります。

あくまでも「シミュレーション結果」ということを念頭に置いて返済シミュレーションの結果を参考にしましょう。

 

まとめ

 

返済シミュレーションは、合理的・契約的なカードローン利用を行うために必要不可欠なツールと考えられますし、多くの金融機関が自社の公式サイトに設置しているため、便利かつ手軽に利用することができます。

カードローン利用で失敗したくないという人には、利用上の注意点に留意して、カードローン利用の前には返済シミュレーションを活用を習慣付けることをおすすめします。






同じカテゴリーの最新の記事





現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス