カードローン債務整理につけ込む悪徳弁護士・司法書士の手口とは? - カードローンおすすめ比較ネット

  • カードローンおすすめ比較ネット

Amazonギフト券2,500円分プレゼント!カードローン体験レポート投稿キャンペーン

カードローン債務整理につけ込む悪徳弁護士・司法書士の手口とは?

カードローンを気軽に使い過ぎ、気づけば借金が膨大に…。

「債務整理」は、そんな方のために用意された制度です。

 

借金を減額したり、過払い金を請求することが出来ますが、恐ろしいことに、人の苦境を利用する悪徳弁護士・司法書士が存在します。

一体、彼らはどのような手口で迫ってくるのでしょうか?

 

そもそも債務整理とは? 再スタートのための四つの制度

債務整理をして元気に再スタートをするイメージ

「債務整理」とは、借金を整理し、生活を再スタートする制度の総称です。

具体的には、大まかに四つの方法に分類できます。

以下にその方法をピックアップしてみましょう。

 

① 民事再生

返済が困難であることを裁判所に訴え出て、借金を1/5~1/10まで減額してもらうことが出来ます。

減額された借金は、原則3年間で返済する必要があります。

② 任意整理

弁護士や司法書士が債権者と交渉し、金利や返済額を、支払い可能な条件に変更してもらう方法です。

過払い金がある場合は、それを請求して貰うことが出来ます。

③ 特定調停

任意整理と同じように、返済条件を債権者と交渉する制度です。

こちらは裁判所が主導することになり、廉価で素早く行えますが、弁護士による任意制度とは違い、債権者に有利な判決が出る場合もあります。

④ 自己破産

上記の方法でも債務整理が出来ない場合、裁判所に自己破産を申し出ることが出来ます。

必要最低限以外の財産を全て引き渡す代わりに、借金を免除してもらう制度です。ブラックリストにも乗ってしまうので、最後の手段と思っておいた方が良いでしょう。

 

こんな弁護士・司法書士は怪しい。悪徳業者の見分け方とは?

 

ベストな債務整理の方法は、債務状況によって変わります。

どれを選択するのが最もメリットがあるかは、弁護士と相談して決めると良いでしょう。

 

しかし、この時注意しなければならないのは、藁をも掴むような気持でやって来る相談者を更に追い込む、悪徳弁護士たちがいるということです。

そんな悪質な弁護士・司法書士はどのようにして見分ければ良いでしょうか。

 

以下に危険な特徴をピックアップしてみました。

 

・電話やメールのみの連絡で、弁護士・司法書士と面と向かって会うことができない

事務スタッフなどを雇い、不真面目な対応をされている可能性があります。

日本弁護士連合会の規定に「必ず面談すること」とあるので、直接会えない場合は要注意です。

 

・債権者から直接紹介された

債権者と結託し、過剰な報酬を騙し取ろうとしている可能性が高いです。酷い場合は、着手金を支払っても何も動いてくれないケースもあります。

 

・報酬や経費について曖昧なまま話を進めようとする

解決後に過剰な金額を請求される可能性があります。

 

・自己破産を執拗に勧めてくる

自己破産は成功率が高いため、自分の業績を良くするために執拗に勧めてくるケースがあります。

民事再生、任意整理が出来ないか、他の弁護士にも相談すると良いでしょう。

 

・資格のない案件に関わろうとしてくる

司法書士の場合、弁護士と違って取り扱い案件の金額によって、制限があります。

例えば任意整理では140万円未満の案件には関わることが出来ません。

 

卑劣・悪質。悪徳弁護士・司法書士の恐ろしい手口とは?

悪徳弁護士・司法書士がお金をだまし取るイメージ

では、彼らの手口にはどのようなケースがあるのでしょうか?

単純に腕が悪いものから、過剰な報酬を要求する意図的なものまで様々ですが、このような被害が報告されているようです。

 

・勝手に債権者と和解をされた

相手の言いなりの内容で和解内容を締結されてしまうケースです。

強気な債権者に委縮した場合もありますが、弁護士が債権者と結託している場合もあります。

債務整理の時間を無駄にされるばかりか、無意味な報酬まで支払わなければなりません。

 

・過払い金に関する不正行為

少額の過払い金にも関わらず勝手に請求手続きを行い、高額な手数料を要求するケースです。

酷い場合は、返還された過払い金をピンハネするという違法行為も例があります。

過払い金は数十万円、数百万円にもなる場合があるので、自分でも調べてみると良いでしょう。

 

・不要に自己破産をさせられた

前章にある通り、自己破産は最後の手段です。

しかし手続きが簡単なために、執拗に自己破産を勧める弁護士がいます。

 

民事再生、任意整理で十分だったのに、不要に財産を処分されてはたまりません。

どのような方法での債務整理をするかは、事前にしっかり相談しましょう。

 

・過剰な経費、報酬を要求された

債務整理の結果は妥当であっても、解決後に不当な報酬を請求してくるケースです。

相談した時点である程度の見積もりは出来るはずですので、経費や報酬に関する事柄は、債務整理を実際に行う前にしっかりと確認しておかなければなりません。

 

 

いかがでしょうか。悪徳業者の手口は卑劣で恐ろしいものです。

借金で苦しい時だからこそ、頼る相手はしっかり選ばなければなりません。

 






同じカテゴリーの最新の記事





現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス