水商売の方がお金を借りるときの注意点・審査に通るコツとは? - カードローンおすすめスピード検索

  • カードローンおすすめ比較ネット

水商売の方がお金を借りるときの注意点・審査に通るコツとは?

クラブやキャバクラ、ラウンジ、スナックなどいわゆる水商売と呼ばれる職業に就いている方がカードローンを利用する時、気を付けておきたい事はあるのでしょうか?

また、スムーズに審査を通過するコツはあるのでしょうか?

審査の仕組みを知って対応するとハードルはずっと低くなるはずです。

 

 

カードローン審査は水商売の方でも通過できます!

水商売が多い都心のイメージ

お客様や世間の人気、都合によって収入が左右される職業だというイメージが付きまといがちな水商売ですが、水商売を職業としているとカードローンを利用する事は難しいのでしょうか?

 

結論から言えば、水商売の方だからカードローンを利用しにくいという事はありません。

 

各金融機関の審査基準を見てみても、職業を理由に融資を制限するなどという事は表記されていません。

カードローン商品を提供する金融機関では、単に収入の良し悪しだけを判断の材料にしている訳ではなく、確実に返済できる安定性が申込人にあるかどうかを重要視しています。

カードローンの審査に通るか通らないかは申し込みをする人の職業に左右されるのではなく、申し込みをする人のこれまでの信用情報、属性情報によるのだということを理解していれば審査に対して過度にナーバスになる事もないでしょう。

 

とは言え、やはり安定性を誇る公務員や国家資格を必要とする医師や弁護士などといった職業と比較して、水商売は景気や人気に影響されやすい職業であるというイメージを持たれがちである事は否めません。

 

カードローンの審査を通過するために知っておきたいこと、また気を付けることで審査に通過しやすくなるポイントは、いくつかあるのだということを覚えておくと良いでしょう。

 

水商売の方がカードローンを利用する前に知っておきたいこと

 

こんな話があります。

水商売を職業としている女性が急な出費のためカードローンを利用しようと思い、あちこちの金融機関のカードローン審査に申し込みをしました。

ところが結局どこからも融資を受ける事ができず、彼女は自分が水商売をしているからカードローンの審査を通過する事ができなかったのだと思い込んでいました。

 

これは職業が水商売であったことが問題なのではなく、あちこちの金融機関に立て続けにカードローンの申し込みをしたことが原因だと思われます。

同時期、または短期間の内に複数の金融機関に申し込みをすれば、その申し込み履歴は信用情報機関に記録されることになります。

 

信用情報は多くの金融機関で共有されていますから、あちこちでカードローンの審査の申し込みをすれば資金繰りに困っている人とみなされて、返済能力に疑問を持たれても不思議はないでしょう。

そして、審査落ちをしてしまえばその情報を得た他の金融機関が申込人にどのような印象を抱くかは容易に想像できます。

 

焦ってやみくもにカードローンの審査に申し込みをしてしまったために、本来なら通過していたかもしれない審査に落ちてしまったのは審査のしくみをよく理解していなかったからでしょう。

 

そこで、カードローンを利用する前に知っておきたいことはいくつかあります。

中でも大切なのは、自分の社会的信用度をきちんと把握することです。

所属している勤務先や雇用形態、年収や勤続年数、家族構成や居住形態などは、審査に際して大切な属性情報となります。

そしてその大切な属性情報を偽りなく申告すること、これを必ず守りましょう。

 

 

ではどう申告すればいい?審査に通りやすくなるコツとは?

審査に通りやすくなるコツを知って満足な様子

水商売を職業としている方がカードローンの審査に通るためのコツというのはあるのでしょうか?

キャバクラやクラブで働くという事は恥ずかしい事でもやましい事でもありませんし、水商売をしているからといって審査に通らないということもありません。

 

ですが、審査に際して必要な属性情報を嘘や偽りのない範囲で良く見せる工夫ができれば、カードローン審査通貨の可能性を高めることができるでしょう。

 

例えば勤務先を伝える時には、勤めているお店の名前ではなく、親元が会社組織であるならばその企業名を伝える方が印象は良くなるでしょう。

これは虚偽の申告にはなりません。

 

但し、在籍確認がありますので、電話番号はお店の電話番号を伝えておく方がスムーズに運ぶでしょう。

お店にはカードローンの審査に申し込んだ旨伝えておけばさらに安心です。

 

また、これは水商売だけに限らずどのような職業にも共通して言えることなのですが、勤続年数が長いほど有利になります。

浮き沈みが激しく一つのお店に長くとどまっている事が難しい業界であるからこそ、一つのお店で長く働くことは信用につながります。

 

そして、いつ提出を求められても良い様に給与明細は必ず保管しておく事です。

手書きの給与明細の場合は社印が押されていないと認められないので注意が必要ですが、給与明細に会社名や申込人の本名、生年月日などが記載されていれば、それで在籍確認が済む場合もあります。

 

最期に、職業が水商売だとカードローンの審査を通過できないのではないかと身分偽造会社を利用する人がいますが、れっきとした違法行為であり、実際に逮捕されてしまった例もありますので絶対に利用しないで下さい。






同じカテゴリーの最新の記事





現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス