カードローンの返済シミュレーションはこう使う!活用術を教えます - カードローンおすすめスピード検索

  • カードローンおすすめ比較ネット

カードローンの返済シミュレーションはこう使う!活用術を教えます

カードローンは申し込みが簡単で、すぐに現金が手に入ることから消費者にとって身近な存在です。
カードローンは借りるときはとにかく急ぎで必要な場合が多く、安易に借りてしまいがちのため、返済計画がなかなか立たない人も多いるはずです。
今日はそんなとき助けとなる、カードローンの返済シミュレーションを徹底解説します!
 

返済シミュレーションとは?確実に返済できる計画を立てるコツ

 
返済シミュレーションとはいくつかの入力事項をいれると借金返済の資産を行えるツールのことです。
カードローンを扱っている金融機関の各ウェブサイトにて無料で公開されています。
 
返済シミュレーションは主に、
① 毎月の返済額を算出するもの
② 返済期間を算出するもの
③ 借入可能額を算出するもの
 
の三種類に分類されます。
 
算出したい項目のシミュレータに「借入金額」「金利」や「返済月数」「毎月返済額」など条件にあったものを入力していくだけです。
返済のしなければいけない金額や返済回数は金利などによって変化していきますから、まずは自分の現状を確認し、計画を立てることが重要なのです。
 
この時、早く返したいからと無理な値段を設定するのではなく、自分が確実に返済していけそうな額を設定するのがポイントになります。
「確実に返済できそうな額」というのは以下の手順で算出するのが良いでしょう。
 
① 収入から税金・社会保険料など毎月定額で支払いが義務付けられているものを引く。これを「可処分所得」と呼びます。
② 可処分所得から食費・光熱費・通信料などの生活費を引く。
③ 上のお金から趣味に使うお金や、万が一病気をしたときなどの予備のお金を引く。
(趣味に使うお金は2万円までなどと決めておくとさらに良い)
ここで残ったお金を返済に回します。
 
このように金額を設定すれば、無理のない返済プランを算出することができます。
 

支払ったのに返済額が減っていない?返済シミュレーションで確認を!

シミュレーションを使って返済計画が万全のイメージ
また各金融機関ではミニマムペイメントと呼ばれる毎月返済しなければならない最低金額が設定されています。
ですがこの最低金額を参考にすると、返済期間が延び、利息が増えるので合計した支払額が大きくなってしまいます。
 
なるべく節約して毎月ある程度の額を返済できるようにしましょう。
他にも設定した額を返せるように、返済日を自分で決められる金融機関を選ぶのもよいでしょう。
 
給料日前だと生活が厳しくなって他の金融機関から借り入れてしまう…なんてこともあるでしょう。
給料日直後に設定すれば支払いが苦しくなることもありません。
 
 
返済の際には元金(借りたお金)+利息を払わなければなりません。
毎月のお金は元金と利息両方に振り分けられるため、初めは元金があまり減らず、不安になることもあるでしょう。
返済シミュレーションを使えば、利息と元金の減り具合が確認できるところもシミュレーションを使う利点です。
 
さらに繰り上げ返済と言って、まとまった現金が手に入ったときそれを追加で返済に充てられるシステムがあります。
これはすべての額が元金の返済に充てられるため、利息を減らすことができます。
 
しかし手続きが複雑なことと繰り上げ返済をしても毎月の支払額はかわらないため、さらなる借り入れをしないように生活に余剰があるときに行いましょう。
 
なによりも重要なことは事前に返済シミュレーションで借入額を確認して無理のない範囲の借入を行うことです。
安易に借りてしまうと当然後が苦しくなります。またなるべく初期に繰り上げ返済を利用し元金を減らし、払わなければならない利息も減らしておきましょう。
 
返済シミュレーションを活用して、無理なく計画的に返済をしていきましょう。

借り換え年間節約シミュレーション






同じカテゴリーの最新の記事





現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス