カードローンでお金を借りられる年齢は何歳~何歳まで?未成年・高齢者でも審査に通る? - カードローンおすすめスピード検索

  • カードローンおすすめ比較ネット

カードローンでお金を借りられる年齢は何歳~何歳まで?未成年・高齢者でも審査に通る?

学生

1.お金を借りることができる年齢は?

毎日生活していくためには未成年者であっても、高齢者であってもお金が必要です。

キャッシングカードなどがあれば簡単にお金を借りて期日までに返済すれば、問題はありません。

大抵の消費者金融では融資できる年齢制限を設けています。

例えばアコムであれば、20歳以上69歳まで、SMBCモビットでは20歳以上69歳以下までです。

未成年や高齢者がお金を借りることは困難であるのが現状です。

なぜでしょうか。

銀行や消費者金融からお金を借りるためには、安定した収入があることが条件となっています。

収入がなければ、借りたお金を返済することができないからです。

そのため、20歳以下の年齢で申し込みをしても審査を通ることはほとんどありません。

また65歳や70歳になると定年を迎え、年金生活を送る人が多くなります。

定期的に受給できますが、働いている時に比べると金額は安くなります。

年齢くらいであれば、申し込みの時に嘘をついてもばれないように感じますが、本人確認書類などですぐに気付かれます。

一度嘘をつくと、例え年齢であったとしても信用がなくなってしまうので、審査が通らなくなる可能性があります。

十分に注意しましょう。

2.未成年、高齢者であってもお金を借りる方法

地球

銀行や消費者金融のカードローンなどが利用できなくても、お金を借りる方法があります。

まず未成年者の場合、学生ローンを取り扱っているローン会社もあります。

友林堂やニッセイキャッシングなどは18歳から申し込むことができます。

融資額は少ないですが、審査を通ればお金を借りることができます。

もう一つの方法はクレジットカードを作ることです。

楽天カードなどは18歳以上からカードを作ることができます。

買い物などはクレジットカードを利用することができますし、お金が必要な時には買った商品をすぐに売れば必要な金額に近いお金を手に入れることができます。

65歳や70歳などの高齢者であれば、上限を設定していない消費者金融からお金を借りることができます。

大手の金融業者であれば年齢設定や審査が厳しい傾向にありますが、中小規模の消費者金融であれば融資可能な年齢が20歳以上と記載されていることもあります。

名前も聞いたこともない消費者金融からお金を借りるのは心配な時には、インターネットなどで評判や利用者の口コミを調べてみることができます。






同じカテゴリーの最新の記事





現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス