カードローンの延滞を防ぐ裏ワザを公開!ヒントは…「利息のみ返済」 - カードローンおすすめスピード検索

  • カードローンおすすめ比較ネット

カードローンの延滞を防ぐ裏ワザを公開!ヒントは…「利息のみ返済」

毎月やって来るカードローンの返済日。

しかし、急な出費でお金を用意できないこともあるでしょう。もし延滞してしまったら、個人信用情報機関に記録が残り、「ブラックリスト入り」してしまう可能性もあります。

しかし、諦めるにはまだ早いです。そんな時に使える「裏ワザ」があるのをご存知でしょうか?

 

延滞をしたくない!裏ワザのキーワードは「最低支払額」と「利息のみの支払い」

裏ワザを聞いて驚く様子

カードローン契約には「毎月の最低支払額」が必ず設定されています。

これを返済出来なければ「延滞」として扱われ、個人信用情報機関に記録が残ります。

これがいわゆる「ブラックリスト入りする」ということです。

 

ですが、返済日にどうしてもお金が用意出来なかった、という事は往々にして起こり得ますよね。

そんな時に使える方法の一つに、「利息のみを返済する」という裏ワザがあります。

 

これは厳密に言えば契約違反に当たるのですが、相談に応じてくれる金融機関が多いのです。(個別の金融機関は次項で紹介します)

なぜなら金融機関は、「利用者の利息=利益」なので、例えばみんなが一斉に完済すると商売にならなくなるのです。

利息だけを払うということはその逆で元金が全く減らないので、「長く利息を払ってくれるいいお客様」だと言うこともできるのです。

 

ただし、「今月は利息だけの支払いにさせて欲しい」と支払い前に相談しておくというのが基本であることには注意しておきましょう。

これを怠ると単なる返済金額不足となってしまうことがあります。

 

また万一利息のみの支払いを認めてもらえなかった場合でも、実は延滞するよりずっと良いのです。

個人信用情報機関における、返済状況のステータスは、「返済」「一部入金」「延滞」の三つがあり、利息のみの支払いは「一部入金」に当たります。

 

これも一応「ブラックリスト」の扱いになりますが、支払いゼロの延滞より遥かに印象は良く、繰り返しさえしていなければ、それほど問題視されることはなさそうです。

 

また、この裏ワザはもう一つ、「利息を支払った方が、遅延損害金よりも安く済む」というメリットがあります。

遅延損害金は延滞をした時に発生する迷惑料です。

これを計算する際の利率は、通常の金利より高く設定されている場合がほとんどなので、先に利息だけでも支払った方が、結果的に経済的な負担を減らすことが出来ます。

 

汎用的なこの裏ワザ。認めてくれる金融機関は多い!

 

では、この「利息のみ支払い」の裏ワザは、どこの金融機関で通用するのでしょうか。

中でも消費者金融系のカードローンの方が、銀行系のカードローンよりも柔軟に対応してくれる傾向にあるようです。

 

以下にいくつか例を挙げてみましょう。

各金融機関の返済減額の対応例

※2016/11/20現在

金融機関

対応例

プロミス

担当者に相談することで、一定期間は利息のみの支払いを認めて貰うことが出来る

SMBCモビット

担当者に相談することで、返済日は利息のみの支払いを認めて貰うことが出来る

アコム

利息分の支払いのみで構わない(連絡不要)

他、銀行

個別に応相談

 

驚くべきは、アコムの対応ですね。

「連絡不要、利息のみの返済で構わない」という方針は、他の金融機関にはない唯一無二の寛容さです。

更に担当者へ一言連絡しておけば、マイナス評価を最大限減らすことが出来るでしょう。

もちろんアコムの場合でも、利息未満の支払いしかしなかった場合は、「一部入金」扱いになりますので、ご注意ください。

アコム公式サイトはこちら

 

他の金融機関でも、事前に相談をしておけば、無下にされることはほとんどありません。

特にプロミスでは、正当な理由さえあれば、一定期間にわたって支払いを待って貰えるケースもあります。

 

このことから言えるのは、「返済が難しい時は、まず金融機関に相談」ということですね。

 

ご利用は計画的に。「裏ワザ」も、何度も続けばただの「悪質」

裏ワザに注意を促すイメージ

どの金融機関にも言えることは、この裏技が通用するか否かは、それまでの返済状況次第だということです。

延滞を繰り返していれば印象が悪くなり、一部入金では許してもらえないこともあるでしょう。

その一部入金でさえ、何度も続けば悪質な行為です。

 

場合によっては意図的な契約違反と見なされ、延滞する以上の悪印象を与えてしまうこともあるでしょう。

信用を失い続ければ、いずれ待つのは強制解約&一括返済の請求という末路です。

 

この方法は、あくまでも非常時のための「裏ワザ」であり、「元金がいつまで経っても一切減らない」という強烈なデメリットがあります。

いざという時の奥の手ですので、それだけは忘れないようにして下さいね。







同じカテゴリーの最新の記事





現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス