カードローンを借り換えるメリットとデメリットとは?おすすめの借り換えローンを教えて! - カードローンおすすめ比較ネット

  • カードローンおすすめ比較ネット

Amazonギフト券2,500円分プレゼント!カードローン体験レポート投稿キャンペーン

カードローンを借り換えるメリットとデメリットとは?おすすめの借り換えローンを教えて!

カードローンを利用したことがある人であれば、誰でも一度でも耳にしたことがあると言っても過言ではないのが、カードローンの借り換えについてとなります。

金融機関によっては、借り換え専用のカードローン商品を取り扱っているケースさえありますし、適切なカードローンの借り換えを達成できれば、カードローンの返済管理などにかかる負担を大幅に軽減することもできます。

カードローンを借り換えることによって生じるメリットやデメリットには具体的にどのようなものがあるのか、そしておすすめの借り換えローンとは具体的にどのようなものなのかについて解説をします。

 

カードローン借り換えのメリットとは!?

腕を上げる女性

まず最初にカードローン借り換えのメリットについて解説を行っていきます。

 

カードローンの借り換えについて語る上で、真っ先に挙げられるメリットが、返済にかかる負担の軽減となります。

例えば複数の金融機関とカードローンの契約をしている場合、殆どのケースにおいて、適用金利や利用残高、約定返済金額・約定返済日、返済サイクルや返済方式など、返済に関わる契約条件は異なっていると考えられますし、契約条件が異なる複数のカードローンの返済管理を行うことは大変な負担として日常生活にのしかかっていると考えられます。

複数社にまたがるカードローン借入を一社にまとめて、返済の可視化・単純化を図り、返済管理に掛かる負担を減らそう、という趣旨で提供されているローンが借換え専用ローンであり、実際に大勢の人が利用して、多くの成果を挙げている、優位性の高いローン商品となっています。

 

また借り換え先のローン商品が現在契約しているカードローン商品よりも低金利であった場合、支払う利息を減らせる可能性も高くなるので、返済管理の煩わしさの軽減に加えて、支払利息の節約効果も期待できるのです。

 

カードローン借り換えのデメリットとは!?

腕を掻く女性

カードローンを借り換えのメリットについて確認をしたところで、次はデメリットについて確認を行っていきましょう。

カードローン借り換えによって簡単に想像できるデメリットの一つが、再びローン契約をしなければならないということになります。

ローン契約の申込や契約には多くの労力や手間がかかりますし、ローン契約の申し込み記録は信用情報に記録され、度重なるローンの申し込みは次回の別のローン契約申込の際にマイナスに作用する可能性があるのです。

借り換えローンを利用する際には、自身のローンの総合的な申込状況を踏まえて慎重な判断を下すことをおすすめします。

 

また借り換えローンを利用したからといって、必ずしも利息の総支払額が軽減されるとは限りません。

借り換え先のローン商品の方が実質年率が低かったとしても、返済サイクルや約定返済金額によっては、借り換え前よりも返済期間が間延びしてしまう可能性がありますし、返済期間が延びてしまった結果、利息の総支払額が増額されてしまうことがあるのです。

借り換えローンを利用する前には、必ず返済シミュレーションを行い、返済計画について十分な検討を行った上で、借り換えローンを利用することをおすすめします。

 

おすすめの借り換えローンとは!?

 

次に各金融機関が提供している、おすすめの借り換えローンについて具体的に紹介していきます。

カードローン借り換えのランキングはこちら

・アコムの借換え専用ローン

消費者金融のローン商品の場合、総量規制に引っかかってしまうため、基本的には借り換えローンには不向きと考えられるのですが、アコムの借換え専用ローンは例外となります。

同ローンサービスは、「貸金業法に基づく借換え専用ローン」なので、総量規制の対象外であり、借入総額が年収の3分の1を超えるケースでも借り換えが可能となっているのです。

まだ同サービスはアコムの「むじんくん」(自動契約機)からの申込に対応しているので、手軽に借り換えローンを利用したいという人のニーズにもマッチした商品であるとも考えられ、多くの人に利用されています。

 

・住信SBIネット銀行のカードローン

住信SBIネット銀行のカードローンは借り換え専用のローン商品というわけではありませんが、適用金利が年0.99%から年14.79%(2017年5月19日現在)と業界でも指折りの低金利なので、借り換えローンとして最適なカードローン商品と考えられています。

同カードローンはSBI証券の口座を保有していたり、SBIカードローンを保有しているする場合には、カードローンの金利引下げがされるという特徴があるので、金利引下げ要件を難なく満たせるという人には特におすすめの商品となっています。

関連記事:住信SBIネット銀行 カードローンの審査・評判はどう?金利・即日融資などの10項目を徹底チェック!

 

まとめ

 

借り換えローンは上手に活用することで、カードローンの返済にかかる手間を大きく減らすことができますし、利息の総支払額の軽減にも大きく役立つと考えられます。

一方で、使い方を誤ってしまうと、かえって返済にかかる負担が増加してしまう可能性もあるので、利用の際には事前によく検討をすること、そして返済シミュレーションを行っておくことをおすすめします。

借り換えにおすすめのカードローンはこちら→カードローン借り換え






同じカテゴリーの最新の記事





現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス