振込で借り入れも返済も?カードローンで使うべきなのはATMか振込か? - カードローンおすすめ比較ネット

  • カードローンおすすめ比較ネット

Amazonギフト券2,500円分プレゼント!カードローン体験レポート投稿キャンペーン

振込で借り入れも返済も?カードローンで使うべきなのはATMか振込か?

カードローンの契約をすると、借り入れや返済方法が何種類か選ぶことができます。

一般的にはATMと、振込の2種類を選ぶことができます。

少しでも利息を安く借り入れをするために工夫をすることも重要ですが、この選択を間違ってしまうと不要な出費が発生してしまうことがあります。

今回は借り入れと返済をATMと振込で利用した場合の違いをご説明します。

 

まずは、カードローンの基礎知識から確認しておきましょう!

 

カードローンというのは銀行や消費者金融などの金融機関から、無担保でお金を借り入れができるものです。

ですので、突然の出費などで、急なお金が必要になった場合に皆さんの非常に心強い味方になってくれます。

 

カードローンで代表的なものは、大手銀行から借り入れる「銀行カードローン」と、消費者金融から借り入れる「消費者金融カードローン」があります。

銀行カードローンは、比較的お金に余裕のある人に向けてお金を貸すという方針ですので、借り入れ審査には通過しにくいというデメリットはありますが、利息は比較的安めというメリットがあります。

一方、消費者金融カードローンは、一定の収入がある人に向けての融資という方針ですので、比較的審査は通過しやすいというメリットがある分、比較的利息が高めだというデメリットがあります。ですので、借り入れの申し込みをする際はまず、銀行カードローンの審査を受け、もしダメだった場合は消費者金融系カードローンに申し込んでみましょう。

 

借り入れと返済はATMと振込、どちらを利用するべき?

カードローンの利用にATMを使う様子

それでは、無事にカードローンの審査を通過し、契約でできた際、ATMと振込のどちらを利用するべきなのでしょうか。

まずは、ATMを利用する場合ですが、一般的にはカードローンの専用カードがお手元にある状態となりますので、そのカードを利用してお金の借り入れと返済が可能ということになります。

そのカードは大手コンビニエンスストアのATMやゆうちょ銀行のATMにも対応していますので、みなさんの家の近所で気軽に利用することが可能です。

原則として24時間、365日利用することが可能です。中には提携ATMを利用すれば、手数料も無料になる金融機関もあります。

 

一方、振込で利用する場合は、借り入れの場合は指定の口座に入金してもらえます。

借り入れの手数料は無料の場合が多いですが、そのお金を銀行やATMで借り入れする際には、ATMや時間の関係で手数料が掛かってしまうことがあります。

振込での返済についても、振込手数料は利用者負担という金融機関がほとんどですので、余計なお金が掛かってしまい、あまりお勧めできません。

 

少しでも無駄なお金を掛けないためのカードローン利用法とは?

 

上でも記したように、カードローンを利用する際は、振込より提携ATMで手数料が無料になる金融機関を利用した方が間違いなくお得だということがお分かりいただけると思います。

せっかく、いろんなローン会社を比較して、少しでも金利の安いところから借り入れができたとしても、振込や出金に関する手数料が掛かってしまうと、それが水の泡となってしまうケースもたくさんあります。

ですので、カードローン会社を選ぶ際は、金利だけでなく、借り入れや返済の方法、更には手数料までしっかり調べておくようにしましょう。

 

また、少しでも利息を少なくして返済する方法としては、お金をこまめに少しずつでも返済していくことも重要です。

借り入れ金額の元金を少しでも減らしておけば、その分、利息の負担も少なくなるということです。

 

そのためにも、提携ATMでの返済の場合に手数料が無料のところで契約しておく、こまめに返済をしても、手数料をかけず、利息も押さえながら返済できるということになります。

ちなみに専用ATMでは借り入れ・返済ともに手数料が無料になることがほとんどですが、設置数が提携ATM に比べて圧倒的に少なく、身近にあることがあまりないので、今回の考慮から外してあります。






同じカテゴリーの最新の記事





現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス