カードローン契約に有効な身分証明書とは?大手金融機関では何がOKで何がダメ? - カードローンおすすめ比較ネット

  • カードローンおすすめ比較ネット

Amazonギフト券2,500円分プレゼント!カードローン体験レポート投稿キャンペーン

カードローン契約に有効な身分証明書とは?大手金融機関では何がOKで何がダメ?

借りたお金の使いみちが自由となっているカードローンは、利便性の高いローン商品として、今日では多くの人に便利に利用されています。
カードローンは住宅ローンや自動車ローンなどと比較すると、審査にかかる時間も手間も少なくなっていますが、ローン商品の一種ということで、多くの金融機関では契約の際に本人確認書類の提出が求められます。
大手金融機関でカードローン契約、キャッシング契約をする際にはどのような書類が身分証明書類として認められているのでしょうか。
また本人確認書類なしで契約できる商品はあるのでしょうか。



殆どの金融機関では運転免許証の写しがあれば契約可能!



身分証明書



カードローンやキャッシング商品の契約を行う場合の身分証明書として最も便利なのが運転免許証の写しとなります。
運転免許証には申込者の氏名、生年月日、住所に加えて顔写真まで載っているので、身分証明書としての信頼度・利便性は非常に高く、殆どの金融機関において運転免許証の写しさえ提出すれば他に身分証明書の提出は不要とされています。

なお単身赴任などをしていて運転免許証に記載されている住所と実際に主生活を送っている住所が異なる場合には、補助資料として公共料金の領収書等の提出が必要となる可能性が高いので、該当する場合には予め用意しておくことをおすすめします。



運転免許証の発行を受けていない場合はどうすればよいの?



身分証明書



カードローン契約の際に提出する身分証明書としては運転免許証の提出が最も確実であることはよくわかりましたが、運転免許証の発行を受けておらず、運転免許証を保有していない場合にはどうすればよいのでしょうか。

多くの金融機関では、運転免許証を持っていない場合にはパスポートや個人番号カード、住民基本台帳カード等、公的機関が発行した身分証明書であれば契約可能となっています。但しこれらの書類を身分証明書として提出して契約する場合には単体での提出では契約不可となっており、2点以上の書類を組み合わせての提出が求められるケースが多くなっています。
例えば大手消費者金融の一社であるプロミスの場合、運転免許証を保有していない場合にはパスポート若しくは健康保険証でも可となっていますが、パスポート若しくは健康保険証だけでは契約はできず、プラスで住民票などが必要となっています。



本人確認書類の提出を省略して契約ができる?代表的な商品とその条件などについて!



大手消費者金融のカードローン・キャッシング商品を契約する場合には原則本人確認書類は必要不可欠となっていますが、一部の銀行系カードローンでは本人確認書類の提出を省略しての契約が可能となっています。
本人確認書類の提出無しで契約できる代表的なカードローン商品としてまず挙げられるのがセブン銀行カードローンです。
セブン銀行カードローンはカードローン契約までにセブン銀行の普通預金口座を解説している必要があるのですが、カードローンを契約する場合には収入証明書類も本人確認書類も不要という点に大きな特徴があります。また同カードローンは申込から審査連絡までの時間が最短で10分となっていますし、セブン銀行のキャッシュカードがそのままローンカードとしても使えるようになるので、新規にカード受け取りをする手間もかからない、というメリットが有る、スピーディな契約ができる商品設計となっています。

またセブン銀行カードローン以外では三井住友銀行カードローンが申込方法次第では本人確認書類の提出無しで契約が可能となっています。
三井住友銀行の場合はインターネットバンキングから申し込みを行うことで本人確認書類の提出無しで契約ができます。
カードローン契約の際の本人確認書類提出にかかる手間を省略したいという場合にはこれらのカードローン商品を選ぶことをおすすめします。



まとめ



カードローンやキャッシング契約を行う際に提出する身分証明書類として最も便利かつ確実なのは運転免許証であるので、運転免許証の発行を受けている場合には運転免許証を提出して契約するのが一押しとなります。運転免許証以外の書類でも契約は可能ですが、その場合は2点以上の書類を合わせて提出する必要があるケースが多くなっているので、契約の本申し込みを行う前に各金融機関の公式サイトなどで確認をしておくと安心です。
また一部のセブン銀行や三井住友銀行等の一部の銀行カードローンでは本人確認書類の提出を省略してカードローン契約をすることもできるので、契約にかかる手間を最小限にしたいという場合は、これらの銀行のカードローンを選ぶのがおすすめとなります。








同じカテゴリーの最新の記事





現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス