楽天銀行のカードローン「楽天スーパーローン」の金利、審査基準は?

  • カードローンおすすめスピード検索

楽天銀行のカードローン「楽天スーパーローン」の金利、審査基準は?

金融機関が提供しているカードローンの中でも、楽天銀行のカードローンは特にお得なサービスやハードルが低く感じられるポイントが多くあります。

関連記事:楽天銀行カードローンの審査優遇ある?

本当にお得なの?ダメなところはないの?そんな不安を一気に解消しましょう!

ここでは楽天銀行のカードローンのスゴいところとダメなところの両方をわかりやすく解説します。

 

とにかく低金利でハードルが低いカードローン

低金利に満足な様子

楽天銀行の一番スゴいところは、借り入れがしやすい環境ではないでしょうか。

20歳~62歳で一定の収入を得ていれば、誰でも借りることができます。

たとえば、20歳以上で定期的にアルバイトをしているなどといった場合であれば、審査通過の対象に入ります。

限度額が300万円以下の場合は原則として収入証明も不要です。

審査の内容によってなにか不備が生じた場合や、個人事業主や法人の代表者の方は、提出を求められる場合がありますが、定収入があるということが立証されれば問題ありません。

 

借り入れしやすい条件として、とにかく低金利ということも嬉しいポイントですね。

金利は年で年1.9%~14.5%とかなりお得です。

消費者金融などで借りればさらに高金利を請求される可能性がありますが、楽天銀行のカードローンは銀行のローンであるため、金利が低く設定されています。

金額によって変わってくるので、借りる金額が低いと14.5%まで上がる可能性もありますが、低金利で抑えられることもあります。

 

さらに楽天銀行の口座に同時に申し込めば、30日間は無利息で借りられることもできるので、利用するのもよいでしょう。

入会費や年会費が一切かからないのもよいところ。永久無料なので、借入金額以外のことは考えずに済みます。さらに、楽天のポイントを付与してもらえるなど特典も盛りだくさんなのです。

(金利・無利息期間は2016年11月3日現在のもの)

 

限度額800万円、ネットサービスの充実、返済のしやすい環境

 

最大限度額はなんと800万円までです。

複数のローンを抱えている場合は一括にまとめることもできますし、自己投資などにも利用できます。

特にまとめる場合は、ほかの借りていた金融機関よりも金利が下がる可能性があり、結果的にまとめたほうが得になることもあります。

また、事業などのビジネスに使わなければ、原則として使い道は自由なので、例えば旅行に行くなどのプライベートな趣味に使うことも可能です。

 

また、楽天銀行のカードローンはインターネットで申し込むことができます。

24時間365日対応してもらえるのはありがたいですね。

収入証明も必要であればネットで証明することもできます。

忙しければ、申し込みに必要なすべてをネットで済ませることができるのです。

スマートフォンで気軽に利用できるサービスも充実しています。

スマートフォン向けに楽天銀行のアプリがあるので、そちらで収入証明などの手続きもできます。

 

返済するときはコンビニのATMでもOKで、24時間利用できます。

楽天と提携しているATMであれば利用手数料も無料になるのがうれしいところですね。(2016年11月3日現在)

約定返済日を月4回の中から選べるので、収入の入ってくるタイミングに合わせることもできます。

 

金額も最低3000円からと返済しやすい額を選べます。

特に楽天銀行の口座に設定する必要はなく、ほかの多くの金融機関とも提携しているので、お持ちの口座で返済することもできます。

とにかく融通を聞かせてくれるのが楽天カードローンの利点といえるでしょう。

 

利点ばかりではない?知っておきたい楽天カードローンのデメリット

審査結果がなかなか来なくて不満な様子

利点ばかりにも思えますが、もちろん気になるダメなところも少しあります。

たとえば、混雑状況によっては審査に少し時間がかかってしまいます。

早いところであれば30分で審査を済ませてくれる金融機関もありますが、楽天カードローンは~2営業日以内と明記されています。

インターネット銀行であるため、受付は365日対応してくれますが、審査結果の連絡は場合によっては数日かかる可能性があるということです。

すぐに借りたいときに借りられないこともあるので、とても急いでいる方には向いていないかもしれません。

 

そして、利点でもあり、最大の欠点でもあるのが「インターネットの申し込みのみ」であるというところです。

すぐに申し込みができて楽にも思えますが、電話や窓口での対応がないため、何かわからないことが発生しても問い合わせるのに時間がかかってしまいます。

慣れている方は問題ありませんが、予備知識のあまりない初心者には困ることもあるかもしれません。

金利や借りる人の状況、返済方法など融通の利くところが多い楽天銀行ですが、それゆえに少しばかりほかの金融機関よりも時間がかかってしまうこともあります。

混んでいなければスピーディーに対応してくれる場合ももちろんありますので、自分の状況を考えながら借り入れるかどうかを判断するのがよいでしょう。

 

会社名 楽天銀行株式会社
融資額 最高500万円まで
実質年率 4.9% ~14.5%
申込資格 日本国内に居住の20歳~60歳までの安定かつ継続した収入の見込みがある方(税込年収300万円以上が目安となります)。
担保・保証人 不要
必要書類 ・身分証明書(明確な指示は仮審査通過後に指定するとのことで回答なし)
・収入証明書
返済方式 残高スライドリボルビング返済方式
返済方法 ・インターネットによる返済
・指定口座からの自動振替
・提携CD・ATMによる返済
返済日 1日、12日、20日、27日の中から選べます。
返済期間 1年毎の自動更新
利用金額別金利目安
700万円 600万円 500万円 400万円 300万円 200万円 100万円 50万円
未対応 未対応 4.9~7.8% 4.9~8.9% 4.9~12.5% 6.9~14.5% 9.6~14.5% 14.5%
土日審査 手数料・年会費 お試し審査 来店要否
× 無料 × 不要





同じカテゴリーの最新の記事





借り換えによる節約額を調べる

現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス