審査項目がゆるいカードローンって?書類提出無しで契約できる!?

  • カードローンおすすめスピード検索

審査項目がゆるいカードローンって?書類提出無しで契約できる!?

カードローンは気軽に契約して利用できる、とイメージする人は大勢いると考えられますが、あくまでも融資契約の一種であるため、利用の際には金融機関の審査を通過する必要があります。

審査基準や提出しなければならない書類などは各金融機関によって異なりますが、一般的に審査には相応の時間がかかりますし、提出しなければならない書類についても多くの種類が考えられます。

果たして審査項目がゆるく、書類提出無しで契約できるカードローン商品はあるのでしょうか。

 

書類提出無しで契約できるカードローンは幾つか存在している!

オペレーターの女性

結論から先に申し上げますと、審査項目がゆるく、書類提出無しで契約できるカードローン商品は幾つか存在しています。

具体的な名称を挙げますと、じぶん銀行カードローン・セブン銀行カードローンであれば、本人確認書類も提出不要で契約することができますし、なおかつ来店不要・最短で借り入れを行うことも可能となっています。

セブン銀行カードローンを契約するためには、カードローン契約時までに同行の普通預金口座を開設していることが必須要件となっていますし、じぶん銀行カードローンについても同行の口座を持っていなければ、本人確認書類の提出を省いての契約も不可となっています。しかし書類提出の必要が一切無しで契約できるというのは、あり余るメリットだと捉えて差し支え無いでしょう。

それぞれのカードローン商品について、メリット等について、この後詳しく解説をしていきます。

 

じぶん銀行カードローンの特徴などについて!

 

まずはじぶん銀行カードローンのメリット等について解説を行っていきます。

 

じぶん銀行カードローンは、すでに同行の普通預金口座を保有しており、尚且つ利用限度額を300万円までとして申し込みを行うことで、審査書類の提出を一切省いての契約が可能な商品設計となっています。

また同行は、auで有名なKDDIの出資によって誕生した銀行ということもあり、スマートフォン一台で、カードローンの契約申し込みから実際の借入までスムーズに行うことが出来るという、絶対的なメリットも併せ持っています。

 

申し込みから借入までの流れについて、簡単に説明しますと、

 

スマートフォンやパソコンを利用しての申込→勤務先への在籍確認の電話→審査結果の連絡→契約手続き→借入

 

という具合になっています。

なお、利用限度額が300万円を超える申込をした場合や、じぶん銀行の普通預金口座を保有していない人が申し込みをした場合には、「契約手続き」の段階で必要書類を提出する必要があります。

書類の提出については、書類をスマートフォンのカメラアプリで撮影し、それをアップロード方式で提出することができるので、もしも提出を求められても、スマートフォンがあれば比較的ラクに提出できると考えられます。

 

またじぶん銀行カードローンは、auのサービスを利用していて、au IDを保有している人であれば、優遇金利で利用できるという特典があるので、auのスマートフォンを利用している人であれば、特に利用しやすいカードローンと言えるでしょう。

 

なお、契約後の借入については、スマートフォンからの振込キャッシングが便利なことに加えて、提携ATMも手数料無料で利用できるので、借入も気楽にできるという利点も挙げられます。

関連記事:じぶん銀行カードローン金利・借り換え・申込みなど詳しく分かる利用者口コミ体験談

 

セブン銀行カードローンの特徴などについて!

得意げな女性

続いて、セブン銀行カードローンのメリット等について解説をしていきます。

 

セブン銀行カードローンは、カードローンを契約するまでにセブン銀行の口座開設を行っておくという要件があるものの、カードローン契約の際は本人確認書類も不要で契約が可能となっています。

また同カードローンは、審査にかかる時間が最短で10分と、業界でも最速クラスの審査スピードを誇っていますし、契約手続き後は、インターネットバンキングやセブン銀行のキャッシュカードを利用してのキャッシングが可能となるので、すぐに借入ができるようになるというメリットもあります。

最高融資限度額こそ、50万円までと比較的少額ではありますが、契約にかかる手間が比較的すくない上に、申し込み後すぐにキャッシングができるようになるのは大きな利点と言えるでしょう。

なお、口座を持っていない場合には、カードローンの契約申し込みと同時に口座開設申し込みができるのですが、口座開設には一週間程度の期間を要するので、急いで契約したいという場合には注意が必要です。

 

なお申し込みの流れについては、

 

ネットから申込→審査(最短で10分)→審査結果の連絡と契約手続き→借入

 

という具合になっています。

 

まとめ

 

一定の申込要件などが設けられているものの、審査項目がゆるく、書類提出無しで契約可能な銀行系カードローンが存在しているがわかりました。

申込時に注意する必要はあるものの、これらのカードローンを利用することで、通常のカードローンと比較して、遥かに手間や時間を省いての契約が可能となるので、できるだけ面倒をかけずにカードローン契約をしたいという人は、これらのカードローンを利用すると良いでしょう。






同じカテゴリーの最新の記事





借り換えによる節約額を調べる

現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス