固定金利のカードローンの利点とリスクとは?代表的な商品は?

  • カードローンおすすめスピード検索

固定金利のカードローンの利点とリスクとは?代表的な商品は?

カードローンのような短期間のうちの借り入れと返済が多いと想定されるローン商品の場合は、変動制金利となっているケースが一般的ですし、一方で自動車ローンや住宅ローンのように、まとまった借入をして長い期間をかけて返済していくローンの場合には固定制金利となっているケースが多くなっています。

しかしカードローン商品の中にも固定制金利となっている商品は存在していますし、変動制金利のカードローンに比べて安定して利用できるということで、根強い人気を誇っています。

固定金利のカードローンを利用することの利点や、どのようなデメリットがあるのかということ、そして代表的な商品について解説をしていきます。

 

そもそも固定金利のカードローンとは?変動金利型の違いは?

長い矢印

固定金利型カードローンの利点について解説を行う前に、まずは固定金利型とはどのようなものなのかについて解説を行っていきます。

 

固定金利型のカードローンも変動金利型のカードローンも、どちらも社会情勢に合わせて、定期的な金利の見直しが行われていますが、両者の決定的な違いは契約期間中に金利の変動があった際の扱いになります。

固定金利型の場合は、途中で金利の変動があった場合でも、契約内容には反映されず、契約時の金利がずっと適用され、利息は一定で支払っていくことになります。

 

一方で変動型の場合、金利の変動があった場合には、ローンの返済中であっても契約内容に反映されることとなり、新しい金利のもとに利息の再計算が行われ、支払利息が変わることになります。

 

カードローンの貸付条件を見てみますと、金利条件が○○%〜△△%となっているケースと、一律□□%となっているケースがあり、前者が変動金利型で後者が固形金利型だ、と考えてしまうことがありますが、これは間違いになります。

これはカードローンの金利に幅を持たせてあるか、否かによる違いなので、契約期間中に社会情勢によって金利が変わるかどうか、とは別のこととなります。

混同してしまわないように注意をしましょう。

 

固定金利のカードローンのメリットとデメリットについて!

丸とバツ

固定金利型カードローンがどのようなものかについてわかったところで、次はいよいよ本題である、固定金利型カードローンのメリットとデメリットについてみていきましょう。

 

・メリットについて

固定金利型のカードローンは契約時の金利がずっと適用され続けることとなるので、社会情勢の変化で好景気となり、ローン商品全般の金利が引き上げられた場合でも、ずっと引き上げられる前の金利で利用し続けることが出来る、というメリットが挙げられます。

つまり、景気が不安定なときやこれから景気が上向きになりそう、という時に固定金利型カードローンを契約すれば、安心・お得にカードローン利用ができる可能性が高い、と考えることが出来るのです。

また契約時に決定された金利がずっと適用されることになるので、返済計画に途中で狂いが生じる可能性が少ない、ということも大きなメリットだと考えられます。

変動金利型の場合、返済期間中に支払利息が減る可能性がある一方で、増える可能性もあるので、こまめな返済計画の見直しが必要となることが考えられるのです。

 

・デメリットについて

固定金利型カードローンのデメリットと考えられるのが、変動金利型のカードローンと比較して、契約時の金利が高めに設定される傾向が強い、という事になります。

固定金利型の場合、契約時に設定された金利が変わることはないため、各金融機関はリスク・ヘッジのために、最初からやや高めの金利設定で商品を展開しているケースが多いのです。

一般的に固定金利型のカードローンは消費者金融が取り扱うことが多く、変動金利型のカードローンは銀行が取り扱うことが多くなっています。

消費者金融のカードローンの金利が、銀行のカードローンと比べて高めに設定されているのは、「固定金利型カードローン」という側面が強く反映されているからだとも考えられるのです。

 

またローン商品は、一般的に不景気時には金利が引き下げられることが多いのですが、当然ながら固定金利型カードローンの場合は、金利引下げの恩恵を受けることができないというデメリットが有ります。

 

代表的な商品について!

 

最後に固定金利型の代表的なカードローンについて紹介をします。

固定金利型の商品として、お薦めなのが、アコムやアイフル、プロミスのカードローンとなります。

これらのカードローンはいずれも申し込みから最短で即日融資に対応していますし、初めての利用者に対して30日間の無利息キャッシングサービスを提供しています。

すぐにお金を借りたいという人や、まだこれらの金融機関を利用したことがないという人には特におすすめです。

 

まとめ

 

固定金利型のカードローンは、契約時の金利がずっと適用されるので、安定感があり安心しか借入ができるというメリットがあります。

一方で契約時に高い金利で契約をしてしまった場合には、不利益を被る可能性も高いので、契約の際は慎重になることをおすすめします。






同じカテゴリーの最新の記事





借り換えによる節約額を調べる

現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス