セゾンのカードローン・クレジットカードキャッシングの便利度を徹底比較!

  • カードローンおすすめスピード検索

セゾンのカードローン・クレジットカードキャッシングの便利度を徹底比較!

クレディ・セゾンは人気の高い信販会社です。

主に女性から厚い支持を得ていますが、永久不滅ポイントや年会費無料という特典が、その理由のようです。

しかし、カードを利用するならカードローンやキャッシングも便利であってほしいですよね。

セゾンのカードを賢く使って、今よりお得に便利に使いこなしましょう。

 

気になるセゾンのカードローン・クレジットカードキャッシングの金利・融資額は?

 

カードローン・クレジットカードキャッシュの違いについてざっくり言うと、下記になります。

キャッシングとカードローンの違いは返済方法で、キャッシングは一括払いの返済が一般的で、カードローンの返済は分割払いになります。

 

つまり、出金・入金はセゾンのATM、コンビニATM、提携のみずほ銀行などで可能ですが、返済方法が異なる、ということですね。

 

セゾンには、主力であるカードローンがあります。

審査により、融資条件に見合わないとコースが変更されたり融資不可になりますが、使いやすさと身の丈に合うカードを選ぶととても便利です。

 

MONEY CARD

MONEY CARD GOLD

利用可能枠最高

100万円

300万円 /  200万円

融資利率

15.0%(実質年率)

6.47% /  8.47%

年会費

              永年無料

申込条件

20歳~64歳

安定した収入のある方

(学生の方は申込不可)

27歳~59歳

年収600万円(税込】以上の方

(学生・年金収入の方は申込不可)

支払い方法

口座自動引き落とし(毎月4日)

振込・ATM (5日、10日、25日、末日から選択)

定額リボルビング方式

返済回数/期間

1~60回・1カ月~60カ月・

ご契約期間

1年ごとの自動継続

遅延損害金

年率11.68%~20.00%

年率7.3%~20.00%

※実質年率は2011年2月1日現在のみずほ銀行の短期プライムレート1.475%に基づき算出

                 ※融資コース・融資利率(2016年11月15日現在)

 

返済方法や返済回数、返済期日を自分の給料日に合わせて返済期日を決められるのは、便利ですね。

また、ローンを組むには、年齢や年収なども条件となっています。

返済できる力がある人でないと、借り入れはできない、ということですね。

 

セゾンのクレジットカードキャッシングももちろん収入がないと利用できませんが、キャッシングの返済方法や金利などは、ローンと違う点がいくつかあります。

セゾン クレジットカードキャッシング

利用可能枠最高

年収の3分の1(1~300万円)

融資利率

12.0~18.0%

カードの種類、借入金額と借入から返済日による

※融資金額×実質年率÷日数(借入当日を含む)=1日に発生する利息

例】3万円借入(実質年率18%)の場合

  ・2日利用  3万×18%÷366日=29円

年会費

無料

申込条件

収入のある18歳以上の方(高校生は不可)

未成年の申し込みは、親権者の同意が必要

支払い方法

一括返済・リボルビング方式

口座自動引き落とし(毎月4日)

振込・コンビニATMまたはセゾンATM

※セゾン指定の銀行やコンビニATMで入金すると手数料が発生

 1万円以下:108円

 1万1円以上:216円 

支払い期間

1~110回・1~110カ月

遅延損害金

・17.52~20.0%

2016年11月15日現在

 

クレジットカードキャッシングは、一括支払いが基本ですが、リボルビング支払いに返済方法を見直すことができます。

その際は、セゾンのキャッシング・ローン相談窓口へ連絡が必要です。

 

どっちが便利?セゾンのカードローンとクレジットカードキャッシング

カードローンとクレジットカードキャッシングを比べるイメージ

こうして見ると、ローンカードを持てる人とキャッシングを利用できる年齢や条件、利用枠最高額などは違いますが、カードローンとクレジットカードキャッシングは、用途や目的によって使い分ければ、どちらも便利だということが分かります。

 

毎月数万~数十万円の利用であれば、クレジットカードキャッシングの方が便利ですよね。

すぐには用意できない大きな買い物(例えば自動車、高級品)をしたい人であれば、カードローンが便利でしょう。

 

ただ、クレジットカードキャッシングは毎月の返済額が少額からと決められるのは無理なく返済できるのがメリットですが、その分利息もかかりますし返済期間もかかります。

ローンはおおよそ3年間の支払い期間になりますが、ローンのコースによって申し込める条件が限られているので、きちんとした目的があり返済できる力がないと厳しいのではないかと思います。

 

どちらを利用するにしても、支払い日までにお金を用意できるのかどうかをよく検討して決めないといけませんね。






同じカテゴリーの最新の記事

  • 低金利、銀行系などジャンル別カードローンまとめ

    お急ぎ、低金利、銀行系、来店不要、最短借り入れなどジャンル別ベストなカードローンを厳選!あなたにピッタリの1枚が簡単に見つかります。ご希望の限度額、金利、審査スピード、無利息キャッシングなどの条件検索もOK!希望にあったカードローンを見つけ...


  • 三菱UFJ銀行のカードローンバンクイックの審査・金利・申込方法

    三菱UFJ銀行のカードローン・バンクイックとは? 三菱UFJ銀行には2つのカードローンがあります。 無担保・無保証人でお金を借りられるカードローン「バンクイック」と、三菱UFJ銀行に口座を持っている方が残高不足の際に、自動的に立...


  • 楽天銀行カードローンの審査優遇ある?【楽天会員の申し込み口コミ体験】

    2018年1月~「楽天銀行スーパーローン」のカード券面が新しくなりました。 カードローンの契約申し込みを行う際に多くの人が気を揉むのが、審査を無事に通過できるかどうか、ということでしょう。 最近では多くの...


  • プロミス審査甘い?金利・申込方法などメリット・デメリット

    プロミスは、三井住友銀行グループのブランド力と安心感を兼ね備えた消費者金融として、人気の高いキャッシングです。 プロミス プロミスの審査は甘い?審査通過率42.9% プロミスの審査が甘いか厳しいのかは、プロミスの成約率が参考に...


  • アコムの審査は?金利、申し込み、借り入れまでの流れ

    「はじめての♪アコム♪」と言うおなじみのCMのアコム。三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下になっている株式会社アコムのカードローンは消費者金融のキャッシングです。ここではアコムのキャッシングの金利や限度額、審査の厳しさなどを解説してい...


  • 住信SBIネット銀行MR.カードローンの審査・金利・申込方法

    住信SBIネット銀行 MR.カードローンの金利・限度額・申込み方法 ◆業界最安の金利と限度額1,200万円! 「住信SBIネット銀行 MR.カードローン」は、低金利で有名なカードローンです。 通常の銀行カードロ...


  • オリックス銀行カードローンのメリット・デメリットとは?

    オリックス銀行とは、オリックスグループ傘下の銀行です。 都市銀行や地方銀行などのように、店舗やATMを持たないネットバンクで、テレビコマーシャルで見かけることもしばしばあります。 多くの消費者金融や銀行と同様に、オリックス銀行か...


  • みずほ銀行カードローンの金利、限度額、申込基準は?

    サービスが充実しているカードローンがたくさんある中から、どれを使えばいいか分からないという方は多いでしょう。 そこで今回はみずほ銀行カードローンに焦点を絞り、長所と短所を解説していきます。     高額ローンならここ...


  • 三井住友銀行カードローンの金利、限度額、申込基準は?

    カードローン、今では誰でも気軽に利用する急ぎの時の頼りになる存在です。 今やクリーンなイメージのカードローンですが、無計画な利用はせっかくのカードローンの利点を活かせず、知らずに損をしているなんてこともあるかも知れません。 今回...


  • アイフルのカードローンの金利、限度額、申込基準は?

    カードローンと聞いてまず何を思い浮かべますか? メディアで会社名や商品名はいろいろ見聞きしていますよね。 実際お金を借りたくなったらどこで借りるのがいいのでしょう。 それぞれの金融機関とそれぞれの商品に特徴があります。 ...






借り換えによる節約額を調べる

現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス