会社にバレずにカードローン契約できる!?契約申し込みの流れを徹底解説!

  • カードローンおすすめスピード検索

会社にバレずにカードローン契約できる!?契約申し込みの流れを徹底解説!

カードローン契約における審査では、各金融機関は信用情報機関に申込者の信用情報の照会を行ったり、申込者に収入証明書類を提出させたりなどと、あらゆる面から審査を行います。

様々な審査の中でもほぼすべてのカードローン審査において行われている、もっとも重要な審査の一つが、申込者の会社への在籍確認の電話となります。

カードローン申込者の殆どが、会社にバレずにカードローン契約をしたいと考えているでしょうが、この在籍確認の電話によって会社にバレてしまうリスクはどのくらい高まるのでしょうか。

 

そもそも在籍確認の電話とは!?どうして行われるの?

電話する男性

在籍確認の電話によるリスクについて解説する前に、そもそも在籍確認の電話とはどのようなものなのか、どのような目的で行われているのかなどについて解説します。

 

まず在籍確認が実施される目的についてですが、カードローンの申込者が申込時に申請した職場に現在でも本当に勤務しているかということ、つまり本当に職に就いていて安定した収入があるのかどうか、を確認するために実施していると考えられます。

どの金融機関のカードローンでも、申し込み時の条件として「毎月安定した収入があること」という要件は設定されていますし、もしも安定した収入がない人にお金を貸してしまった場合には、貸し倒れのリスクが高くなってしまうので、金融機関としては損をしないためにも、確実にこの確認を行っているのです。

 

なお在籍確認の電話がかかってくるタイミングについては、信用情報照会やスコアリング審査などが済んで、審査も終盤に差し掛かった段階で実施されるケースが多くなっています。

「最後の確認」という意味合いが強いので、あらかたの審査が済んだ後に実施されるのですが、この在籍確認がしっかりできないと審査は通過できないので、重要度は非常に高い審査の1つだと考えて差し支えはないのです。

 

在籍確認の電話の流れと会社にバレるリスクについて!

カジュアルオフィス

電話での在籍確認が実施される意味について学んだところで、次は確認の流れや会社にバレてしまうリスクについて解説を行っていきます。

 

まず確認の流れについてですが、電話の窓口で「カードローン」や「キャッシング」という言葉が使われることはありません。

ノンバンク系のカードローンであれば担当者の個人名で、銀行系のカードローンであれば銀行名で電話がかかってくるのが基本となっています。

かかってきた電話に申込者本人が出ることができた場合、主に確認されるのは名前だけとなります。

金融機関によっては生年月日や住所、携帯電話番号などのパーソナルデータの確認もされるケースもありますが、いずれの場合も短時間で済みますし、会社の電話で込み入った確認をされることはないので安心して大丈夫と言えそうです。

 

また申込者本人が電話に出れなかった場合ですが、その際でも電話に出た同僚が「今はたまたま席を外していてすぐ戻ってくる」など申込者が在籍しているということがわかるような発言をした場合には、それで在籍確認はオーケーとなります。

もしも席を外すことが多く、在籍確認の電話にでるのが難しいという人の場合は、内勤の同僚に「外回りをしているので、帰社したら折り返す」などの言伝てをしておくことをお奨めします。

 

なお、会社にカードローンの申込がバレてしまうリスクについてですが、担当者名や銀行名で確認の電話がかかってくることや、電話口で「カードローン」などの言葉が使われないこと、込み入った確認がされないことなどを考えると、バレるリスクは極めて低いと言っても過言ではないでしょう。

 

電話連絡なしで契約できるカードローンとは!?

 

最後に絶対に会社に確認の電話がかかってきてほしくない、という人にために、電話連絡なしで契約できるカードローンについて紹介します。

なんとSMBCモビットのカードローンはWEB完結なら電話連絡なしです。

 

なおWeb完結申込で契約するためには、三井住友銀行か三菱UFJ銀行の普通預金口座が返済用口座として指定されていますし、会社の保険証の写しや直近の給与明細書の写しの提出が必須となっているなど、申し込み要件が多くなっているので、申し込み前にしっかり確認しておくことが大切になります。

 

なお、Web完結申込で契約した場合には、ローンカードは発行されないこととなるので、キャッシングを行う際にはパソコンやスマートフォンのマイページにアクセスして振込方式でキャッシングを行っていくこととなります。

 

まとめ

 

特にカードローン契約が初めての人にとっては、職場への在籍確認の電話は未知数の怖さがありますし、できるだけ避けたいと考える人は多くいることでしょう。

しかし実際には在籍確認の電話は短時間で済みますし、会社にカードローンの申し込みをしたことがバレてしまうリスクも非常に低いと考えられるので、安心して申し込みができると言えるのです。

また、もしもどうしても電話連絡なしでという場合にはSMBCモビットのカードローンをWeb完結申込で申し込むことで、電話連絡なしでカードローン契約をすることも可能です。






同じカテゴリーの最新の記事





借り換えによる節約額を調べる

現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス