カードローン審査に通る人・通らない人。はっきりとした違いはここです!

  • カードローンおすすめスピード検索

カードローン審査に通る人・通らない人。はっきりとした違いはここです!

カードローンは手軽に申請可能で、すぐに現金が手に入るため消費者にとって身近な存在です。
ですが利用するにはまず金融機関の審査を通過する必要があります。審査を簡単にパスできる人がいる一方、申し込んでもなかなか通らない人もいます。
今回はカードローンの審査に必要なものから審査を通過する基準まで解説していきます。
 

まずは申請書類!信頼度が上がる書類の出し方は?

審査への提出書類のイメージ
どのような金融機関であってもカードローンに申し込むときには審査が必要です。
審査なしにお金を貸すことは法律上できないとされています。
 
では、金融機関にお金を貸してもらうためには何が必要でしょうか?
 
① 本人確認書
これは運転免許所など。本人の氏名や住所を確認するのに使います。
② 収入証明書類
ある一定額以上の金額の申し込みでは収入が分かる書類が必要になります。
 
この金額は金融機関によって違うため、事前にチェックしておくのが良いでしょう。
 
給与明細をはじめ、源泉徴収票・税額通知書・納税証明書・所得証明書・確定申告書などがこれにあたります。
この中から新しいものを金融機関に提出します。
この際、すべてコピーを提出すればOKです。
 
一つ目の本人確認書類でポイントなのは顔付きな公的証明書である運転免許所やパスポートなどと健康保険証の両方を提出することです。
運転免許所は住所と顔写真が載っているので信頼できるのはわかりますよね。
 
なんで健康保険証もいるの?と思う人もいるでしょう。
それは、健康保険証をみれば、申請者がどのような働き方をしているかある程度把握できるからです。
このため金融機関では健康保険証を重要視しています。
 
信用度の高い書類を二つ提出することでカードローン会社の信頼度がぐっと上がる可能性があります。
 

カードローン審査に通る人、通らない人の特徴は?まとめてみると?

カードローン審査に通る・通らない、のイメージ
まずは、カードローンにりやすい人を見ていきましょう。
 年収が高い
 勤務歴(同じ勤務先)が長い
 正社員
 公務員
 マンションなどの固定資産がある
 過去に金融事故歴がない
 子供がいない既婚者
 
このような人はまず審査が通りやすいです。過去にカードローン利用歴があって延滞や未返済などがなく、事故歴もないケースは特に審査に通りやすくなっています。
 
それでは審査に通りにくいのはどのような人でしょう?
 他社からの借り入れ・未返済のものがある
 カードローンの利用実績が無い
 住宅ローンなどの商品ローンがある
 非正規雇用
 勤務年数一年未満
 
などです。
共通して言えるのは「返済能力が低い」と金融機関に判断されてしまうことです。
 
利用実績がない場合もだめなの?と思われるかもしれませんが、金融機関からすると利用者の判断材料がゼロという事になってしまいます。
融資していいのかわからない、ならリスク回避のためにやめておこう!となるのです。
このような場合はクレジットカードのキャッシング機能も利用歴になるので、まずこのように利用歴を作ってみるのもよいでしょう。

どうすればいい?審査に通るために必要なことは信用情報の整理

 
多くの金融機関では他社からの借入や未返済がある場合、審査に影響が出ます。
他社の返済に追われ、利用者のお金が自社の返済に回らないリスクがあるからです。
 
そのため出来る限り他社の借入を整理してから申し込むことがポイントです。
複数の金融機関から借り入れてる場合は一社減らすだけでも有効的です。
 
他にはカードローン申込みの際にはなるべく絞って申込むのが良いです。
短期間(多くの金融機関では六ヶ月)に複数の金融機関に申請してしまうと金銭的に余裕がない、返済できないリスクが高いと判断されるのです。
書類、返済履歴などの信用情報をなるべく良い形で申請し、金融機関から「返済能力がある」と思われること。これが審査に通るのに重要なのです。
 
 
 





同じカテゴリーの最新の記事





借り換えによる節約額を調べる

現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス