オリックス銀行カードローンの魅力を解説!口座開設不要で契約できる!

  • カードローンおすすめスピード検索

オリックス銀行カードローンの魅力を解説!口座開設不要で契約できる!

オリックス銀行カードローンの基本スペック

時計と女性

まずは多くの人がカードローン申し込みを行う際に確認すると考えられる、貸付条件や申込時の流れなどについてみていきましょう。

オリックス銀行カードローンの融資限度額は最高で800万円までとなっていて、利用限度額別に10段階のコースに分けられています。

なお金利は1.7%〜17.8%となっていて、各コースごとに適用金利幅は予め決められています。

各コースにおける金利設定については以下のようになっています(2018年2月8日現在)。

 

・ご利用限度額が100万円未満の場合:12.0%~17.8%

・ご利用限度額が100万円~150万円(以下)の場合:6.0%~14.8%

・ご利用限度額が150万円超~300万円(以下)の場合:5.0%~12.8%

・ご利用限度額が300万円超~500万円(以下)の場合:4.5%~8.8%

・ご利用限度額が500万円超~700万円(以下)の場合:3.5%~5.8%

・ご利用限度額が700万円超~800万円(以下)の場合:1.7%~4.8%"

 

オリックス銀行カードローンの申込方法については、原則としてWebからの申し込みとなります。オリックス銀行の公式サイトにある専用フォームに必要情報を入力して送信することで申し込みを行うことができます。

なお、銀行系カードローンの多くは、カードローン契約までにその銀行の普通預金口座の開設が必須となっていることが多いのですが、オリックス銀行カードローンは口座開設無しでカードローン契約ができるので、気軽に申し込みができるというメリットがあります。

申し込みを行った後には、申し込み時に申請したEメールアドレス宛にオリックス銀行から確認のメールが届くこととなります。

その際に確認のメールに添付されているURLをクリックして受信確認を行うことで、それ以降の審査結果連絡などがメールで受信できるようになるので、オリックス銀行とメールでのやり取りを希望する場合には確実に受信確認を行うようにしましょう。

その後はオリックス銀行で所定の審査が行われ、職場への在籍期間の電話、申込者本人への意思確認の電話を経てローンカードの発行となります。

なお審査が完了した時点で、本人確認書類をアップロードするための専用URLがメールで送付されるので、ローンカードが届くまでに本人確認書類を提出しておくと良いでしょう。

 

おすすめの方法は!?借入と返済について!

パソコン

オリックス銀行カードローンの借入方法は、インターネットや電話を利用した振り込みによる借入方法と、ローンカードを利用して提携ATMから借り入れる方法と、大別して2種類の借入方法があります。

提携ATMから借り入れを行う場合は、コンビニ提携ATMや三菱UFJ銀行提携ATMなどが終日手数料無料で利用できるので、この方法での借入が最も手軽な方法と言えるでしょう。

 

また振り込みによる借り入れを行う場合には、ジャパンネット銀行の普通預金口座を用意しておくことをおすすめします。

通常、休日や平日の銀行の営業時間外に振り込みキャッシング手続きを行った場合には、実際にお金が振り込まれるのは銀行の翌営業日となります。

しかし振込先がジャパンネット銀行の講座の場合、即時振り込みをしてもらうことができ、休日でも平日の夜間でも即時で口座へお金を振り込んでもらうことが出来るのです。

即時振込サービスの条件

①契約後(カード発行後)
②登録口座、または振込専用口座にジャパンネット銀行を登録いただければ利用可能

 

一方で返済についてですが、銀行口座からの自動引き落とし返済・返済専用口座への振込み返済・提携ATMからの返済と、3種類の返済方法が用意されています。

返済忘れなどを防ぐためには、口座からの自動引き落としで返済することを強くおすすめします。

なお口座から自動引き落としによる返済をする場合には、ゆうちょ銀行や外資系銀行、ネット系銀行の口座は口座引き落としとして指定できない点に注意が必要です。自分が保有している口座が口座引き落としに対応しているかどうか事前に確認しておくようにしましょう。

 

オリックス銀行のカードローンは、業界でも指折りの好条件でカードローン契約ができますし、銀行系のカードローンでありながら、オリックス銀行の口座開設不要で契約ができるので、申し込みがし易いという利点があります。

一方で返済方法として口座引き落としを利用する場合には、引き落とし口座として指定できない金融機関が多数あります(オリックス銀行の普通預金口座も引き落とし口座に指定できない)ので、契約前には返済方法などについてしっかり確認しておくことが大切になります。






同じカテゴリーの最新の記事





借り換えによる節約額を調べる

現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス