カードローンもクレジットカードも取扱がある!アコムの魅力とは!?

  • カードローンおすすめスピード検索

カードローンもクレジットカードも取扱がある!アコムの魅力とは!?

日本で最も巨大であり、有名な消費者金融の一社がアコムとなります。

アコムは即日発行に対応したカードローン並びにクレジットカードの取り扱いがあるということで、多くの利用者から好評を得ています。

アコムのカードローンとクレジットカードの特徴や魅力について解説を行っていきます。

 

何が同じで何が違う!各サービスの相異点について!

男性

アコムの代表する金融サービスである、カードローンサービスとクレジットカードサービスは、それぞれに共通する点もあれば、異なる点もあります。それぞれの相異点についてみていきましょう。

 

・共通点について

まず共通する点についてですが、どちらのサービスも最短で即日カード発行に対応しているという点が挙げられます。

アコムのカードローン商品は、インターネット等から申し込みを行うことで最短30分で審査連絡をもらうことができますし、その後14時までにアコムに必要書類の提出を行うことで即日融資が可能となります。

一方でクレジットカード商品の場合も、自動契約コーナーから申し込みを行うことで、その場でカード受取を行うことが可能となっています。

クレジットカード商品には、ショッピング専用のカードと、カードローン機能付きのものとがあり、カードローン機能付きのものを契約した場合には、カード発行後すぐにキャッシングを行うことも可能です。

 

・異なる点について

カードローン商品とクレジットカード商品の最も異なる点の一つとして挙げられるのが、30日間の無利息キャッシングが利用できるか否か、ということになります。

アコムでは、アコムのサービス利用が初めてであれば、契約日の翌日から30日間無利息でキャッシングができるという特典があるのですが、この特典が享受できるのはカードローンの契約者のみとなっているのです。

30日間の無利息キャッシングを目当てにしてアコムのサービスを契約しようと考えている人は、クレジットカードを選んでしまわないように注意が必要です。

なお30日間の無利息キャッシングサービスを享受するためには、アコムのサービス利用が初めてであること、カードローンを契約すること、返済期日を35日毎として契約すること、この3つの条件を満たす必要があるので、しっかり確認しておくと良いでしょう。

 

カードローンの詳細を詳しく解説します!

 

続いて各商品の貸付条件や商品の特徴について解説を行っていきます。

アコムのカードローンは、毎月安定した収入がある20歳から69歳までの人が申込対象者となっており、パートやアルバイトの人でも申込可能となっています。

貸付条件については、契約極度額は最大で800万円まで、実質年率は3.0%〜18.0%(2016年11月1日現在)であり、契約時の極度額が高額になるほど適用される実質年率は引き下げられることとなります。

なお、具体的な極度額と実質年率の関係は以下のようになっています。

・1万円〜99万円の時は7.7%〜18.0%

・100万円〜300万円の時は7.7%〜15.0%

・301万円〜500万円の時は4.7%〜7.7%

・501万円〜800万円の時は3.0%〜4.7%

 

また先程も少し触れましたが、アコムのカードローンは最短で申込をした当日から借り入れが可能ですし、初めての利用者であれば30日間無利息キャッシングの享受も可能です。

急いでお金を借りたい人や短期間の借入をお得に行いたい人におすすめできる商品内容となっているのです。

 

クレジットカードの詳細を詳しく解説します!

カード

アコムのクレジットカードは、ACマスターカードとも呼ばれ、世界中のマスターカードの加盟店で利用可能となっていますし、海外で買い物やキャッシングを行うこともできます。

クレジットカードにはカードローン機能付きのものとショッピング専用のものがあり、どちらのカードもショッピング利用限度額は最高で300万円、手数料(実質年率)は10.0%〜14.6%(2016年11月1日現在)となっています。

カードローン機能付きのカードはショッピング枠とカードローン枠と合わせて最高800万円まで利用可能となっているので、まとまったお金が必要というケースにも役立つ商品となっています。

 

最近ではスマートフォンやタブレットを利用してインターネットショッピングを楽しんだり、デジタルコンテンツを購入したりする人が多くなっています。

インターネットショッピングやデジタルコンテンツの購入にはクレジットカードが大変便利なので、アコムのクレジットカードをうまく利用して、より快適に買い物を楽しみたいですね。

 

まとめ

会社名 アコム株式会社
融資額 最高800万円まで
返済方式 定率リボルビング方式
返済方法 アコム店頭窓口・インターネット返済
提携金融機関ATM・コンビニエンスストア
返済日 都合に合わせて期日指定が可能
返済期間 最終借入後 最長9年7か月(1回~100回)
実質年率 3.0% ~18.0%
申込資格 ・20歳~69歳の定期収入のある方
・返済能力を有する方
担保・保証人 不要
必要書類 本人確認書類(原則、運転免許証)
利用金額別金利目安
501-800万円 301-500万円 100-300万円 1-99万円
3.0%-4.7% 4.7%-7.7% 7.7%-15.0% 7.7%-18.0%
審査 即日融資 土日審査 手数料・年会費 お試し審査 来店要否
最短即日 無料 不要

アコムの代表的なサービスである2つの商品について見てきましたが、それぞれに利便性の高い特徴がありますし、どちらも最短で即日利用が可能であるという共通点も見出すことができました。

それぞれのサービスの特徴を理解し、より自分のライフスタイルにマッチしたサービスを選んで契約したいものですね。






同じカテゴリーの最新の記事

  • 低金利、銀行系などジャンル別カードローンまとめ

    お急ぎ、低金利、銀行系、来店不要、最短借り入れなどジャンル別ベストなカードローンを厳選!あなたにピッタリの1枚が簡単に見つかります。ご希望の限度額、金利、審査スピード、無利息キャッシングなどの条件検索もOK!希望にあったカードローンを見つけ...


  • 三菱UFJ銀行のカードローンバンクイックの審査・金利・申込方法

    三菱UFJ銀行のカードローン・バンクイックとは? 三菱UFJ銀行には2つのカードローンがあります。 無担保・無保証人でお金を借りられるカードローン「バンクイック」と、三菱UFJ銀行に口座を持っている方が残高不足の際に、自動的に立...


  • 楽天銀行カードローンの審査優遇ある?【楽天会員の申し込み口コミ体験】

    2018年1月~「楽天銀行スーパーローン」のカード券面が新しくなりました。 カードローンの契約申し込みを行う際に多くの人が気を揉むのが、審査を無事に通過できるかどうか、ということでしょう。 最近では多くの...


  • プロミス審査甘い?金利・申込方法などメリット・デメリット

    プロミスは、三井住友銀行グループのブランド力と安心感を兼ね備えた消費者金融として、人気の高いキャッシングです。 プロミス プロミスの審査は甘い?審査通過率42.9% プロミスの審査が甘いか厳しいのかは、プロミスの成約率が参考に...


  • アコムの審査は?金利、申し込み、借り入れまでの流れ

    「はじめての♪アコム♪」と言うおなじみのCMのアコム。三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下になっている株式会社アコムのカードローンは消費者金融のキャッシングです。ここではアコムのキャッシングの金利や限度額、審査の厳しさなどを解説してい...


  • 住信SBIネット銀行MR.カードローンの審査・金利・申込方法

    住信SBIネット銀行 MR.カードローンの金利・限度額・申込み方法 ◆業界最安の金利と限度額1,200万円! 「住信SBIネット銀行 MR.カードローン」は、低金利で有名なカードローンです。 通常の銀行カードロ...


  • オリックス銀行カードローンのメリット・デメリットとは?

    オリックス銀行とは、オリックスグループ傘下の銀行です。 都市銀行や地方銀行などのように、店舗やATMを持たないネットバンクで、テレビコマーシャルで見かけることもしばしばあります。 多くの消費者金融や銀行と同様に、オリックス銀行か...


  • みずほ銀行カードローンの金利、限度額、申込基準は?

    サービスが充実しているカードローンがたくさんある中から、どれを使えばいいか分からないという方は多いでしょう。 そこで今回はみずほ銀行カードローンに焦点を絞り、長所と短所を解説していきます。     高額ローンならここ...


  • 三井住友銀行カードローンの金利、限度額、申込基準は?

    カードローン、今では誰でも気軽に利用する急ぎの時の頼りになる存在です。 今やクリーンなイメージのカードローンですが、無計画な利用はせっかくのカードローンの利点を活かせず、知らずに損をしているなんてこともあるかも知れません。 今回...


  • アイフルのカードローンの金利、限度額、申込基準は?

    カードローンと聞いてまず何を思い浮かべますか? メディアで会社名や商品名はいろいろ見聞きしていますよね。 実際お金を借りたくなったらどこで借りるのがいいのでしょう。 それぞれの金融機関とそれぞれの商品に特徴があります。 ...






借り換えによる節約額を調べる

現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス