じぶん銀行のカードローンとは?特徴や上手な利用法までを徹底解説!

  • カードローンおすすめスピード検索

じぶん銀行のカードローンとは?特徴や上手な利用法までを徹底解説!

あなたはネット銀行を利用したことがありますか?

実は、このネット銀行は2000年に生まれたばかりで、まだまだ発展途上の業種です。

最近は楽天銀行や大手銀行も参入し、利用者には嬉しい競争が起こっています。

カードローンを提供している会社もあり、「じぶん銀行」はまさにそんなネット銀行の一つです。

 

じぶん銀行とは?お金を預けても大丈夫なの?

じぶん銀行を信頼できるか悩む様子
じぶん銀行とは、三菱UFJ銀行とKDDI(au)が共同でつくったネット銀行です。

大手銀行と大手通信会社が運営しているため、とても安心感があります。

一度聞くと頭から離れないネーミングセンスに脱帽ですね。

「新しいことにチャレンジしつづける」・「使うほど、じぶんの手になじむ」といったことをサービスの目標として掲げています

なんともラフな、あるいは銀行らしくないフレーズですよね。

 

ところで、「ネット銀行」って何でしょうか。

ご存知の方も多いでしょうが、実はネット銀行には店頭窓口がありません。

それゆえ、インターネット上で取引を完結させるのです。

例えば、あなたの口座の預金を「今すぐ」「スマホひとつで」相手に振り込めたら素晴らしいですよね。

しかし、ネット銀行を使えばまさにそれが可能なのです。

ひと昔前に、このようなカタチの銀行が出てくることを誰が予想したでしょうか。時代の進化には、本当に驚かされますね!

 

また、じぶん銀行のホームページを見るとわかりますが、シンプルでとてもすっきりしています。

銀行特有のお堅い印象は受けません。

これはターゲットの年齢層によるものでしょう。サービス全体が若い人向けにつくられており、見づらいことが多いカードローンのページですら、比較的わかりやすいのです。

スマホ用アプリも見やすく、利用者目線で作られています。

では、続けてじぶん銀行の良いところをもっとよく知るため、「カードローン」に注目してみましょう!

 

どう借り入れればいいの?〜キーワードはいつでもどこでも〜

 

借り入れる方法は、ATMと銀行振り込みの2種類です。実店舗がない分、このふたつには特に力を入れていますね。

 

①ATMによる引き出し

提携ATM(三菱UFJ銀行・セブン銀行・Enet・ローソン・ゆうちょ)での借り入れが可能です。

かなりの地域をカバーしていますね。

詳しい端末の操作方法までホームページに載っています。

気になる手数料は、なんとすべて無料です!「いつでも」「何回でも」手数料0円です。素晴らしいサービスですね

最少額は1千円(1千円単位)。利用時間は「365日24時間いつでもOK(メンテナンス時を除く)」。当然、その場でお金が受け取れます。

 

②銀行口座(本人名義のみ)への振り込み

なんと、すべての銀行口座への振り込み(他行宛ても含む)が手数料無料です。これにも驚きですよね

少しでも便利にしたいという企業の心意気が感じられます。
最少額は1万円(1万円単位)・利用時間は「365日24時間いつでもOK(メンテナンス時を除く)」です。

当日か翌金融機関営業日までの振り込みが可能だと明言しています。

 

どう返済すればいいの?〜キーワードは同じく「いつでもどこでも」〜

 

返済する方法は、ATMと口座からの自動引き落としの2種類です。返済でも実店舗がない分、利用者のことを考えた便利なサービスを提供しています。

 

①ATMによる返済

提携ATM(三菱UFJ銀行・セブン銀行・Enet・ローソン・ゆうちょ)での返済が可能です。

手数料は借り入れと同じくすべて無料です

最少額は1千円で、硬貨対応のATMなら1円です。

利用時間は「365日24時間いつでもOK(メンテナンス時を除く)」となっています。

 

②銀行口座からの自動引き落としでの返済

これは、残念なことにじぶん銀行の口座しか選べません。

もちろん「給与の口座は別で、わざわざ移すのが面倒だよ」と誰もが思いますよね。

しかし、この不安を解消するサービスがあります。好きな口座と日にち(6日か26日のどちらか)を選び、毎月その口座から「じぶん銀行の口座」へ自動送金させる、という便利な
サービスです。しかも手数料無料です!

最少額は1千円単位、1万円以上から申し込みが可能です。

サービス名は「定額自動入金サービス」で、交通系電子マネー「Suica」の自動チャージに似ていますね。

利用時間は「365日24時間いつでもOK(メンテナンス時を除く)」です。

ちなみにメンテナンスは「毎週月曜日01:00~05:00と毎月第2土曜日21:00~翌07:00」となっています。

 

じぶん銀行のカードローンの金利について詳しく解説します!

金利について親切に解説する様子

カードローンには「誰でもコース」と「借り換えコース」の2種類があります。

「借り換えコース」はそのままの意味で、他所からの複数の借り入れをまとめるというものです。

一方、「誰でもコース」は一般的なカードローンのことです。

 

ここでは多くの人が利用する「誰でもコース」について説明します。

借り入れ可能な条件は「年齢が満20歳以上70歳未満」かつ「安定した収入のある方(年金受給者を含みます)」です。

申し込みはネットで完結します。

借り入れ可能額は10万円〜800万円、金利は2.4%~17.5%で、auをご利用の方は0.1%の割引を受けられます。

これは、100万円の借り入れに対して年間約1千円の割引と、ほんの気持ち程度のものですね。

 

返済方式はいわゆる「リボ払い」です。

月々の返済額は、金利17.5%の場合、借り入れ額が10万円以下なら月2千円、10〜20万円なら月4千円、20〜30万円なら月6千円です。

例えば、10万円を年17.5%で毎月5千円の返済計画で借り入れたとしましょう。

このとき、支払い回数は24回、総返済額は119,081円、利子は19,081円です。

 

じぶん銀行の上手な利用法をご紹介!特に向いている人とは?

じぶん銀行はATM手数料が無料であるイメージ

ここまで、じぶん銀行のカードローンの特徴をみていきました。

ここでは、じぶん銀行はどのような人に向いているのかを考えてみましょう。

やはり、特筆すべきは提携ATM「三菱UFJ銀行・セブン銀行・Enet・ローソン・ゆうちょ」の利用が365日24時間いつでも無料ということです。

これは他の金融機関と比べて圧倒的にお得なサービスと言えます。

普段の行動範囲に、これらのATMがある人には、じぶん銀行のカードローンがぜひオススメです。

なぜならば、特に借り入れ額が100万円以下の場合、金利はどのカードローン会社も似たようなものになるからです。

 

では、どこに差が出るかというと「借り入れや返済時の利用のしやすさ」です。

具体的には、その人の行動範囲に対応ATMがどれくらいあるかが重要なのですね。

また、そのATMでは手数料がかからないか?ここに、明確な差が出ます。

その点、今回の「じぶん銀行のカードローン」は、主要なATMをすべて押さえています

これがオススメの理由です!

特に10〜30万円の借り入れをご検討の方は、手数料が総返済額に少なからず影響してくるので、是非じぶん銀行を選択肢に入れみてはどうでしょうか?

もちろん、借り入れはしっかりと計画を立てた上で行いましょう。

 

関連記事:じぶん銀行カードローン金利・借り換え・申込みなど詳しく分かる利用者口コミ体験談






同じカテゴリーの最新の記事

  • 低金利、銀行系などジャンル別カードローンまとめ

    お急ぎ、低金利、銀行系、来店不要、最短借り入れなどジャンル別ベストなカードローンを厳選!あなたにピッタリの1枚が簡単に見つかります。ご希望の限度額、金利、審査スピード、無利息キャッシングなどの条件検索もOK!希望にあったカードローンを見つけ...


  • 三菱UFJ銀行のカードローンバンクイックの審査・金利・申込方法

    三菱UFJ銀行のカードローン・バンクイックとは? 三菱UFJ銀行には2つのカードローンがあります。 無担保・無保証人でお金を借りられるカードローン「バンクイック」と、三菱UFJ銀行に口座を持っている方が残高不足の際に、自動的に立...


  • 楽天銀行カードローンの審査優遇ある?【楽天会員の申し込み口コミ体験】

    2018年1月~「楽天銀行スーパーローン」のカード券面が新しくなりました。 カードローンの契約申し込みを行う際に多くの人が気を揉むのが、審査を無事に通過できるかどうか、ということでしょう。 最近では多くの...


  • プロミス審査甘い?金利・申込方法などメリット・デメリット

    プロミスは、三井住友銀行グループのブランド力と安心感を兼ね備えた消費者金融として、人気の高いキャッシングです。 プロミス プロミスの審査は甘い?審査通過率42.9% プロミスの審査が甘いか厳しいのかは、プロミスの成約率が参考に...


  • アコムの審査は?金利、申し込み、借り入れまでの流れ

    「はじめての♪アコム♪」と言うおなじみのCMのアコム。三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下になっている株式会社アコムのカードローンは消費者金融のキャッシングです。ここではアコムのキャッシングの金利や限度額、審査の厳しさなどを解説してい...


  • 住信SBIネット銀行MR.カードローンの審査・金利・申込方法

    住信SBIネット銀行 MR.カードローンの金利・限度額・申込み方法 ◆業界最安の金利と限度額1,200万円! 「住信SBIネット銀行 MR.カードローン」は、低金利で有名なカードローンです。 通常の銀行カードロ...


  • オリックス銀行カードローンのメリット・デメリットとは?

    オリックス銀行とは、オリックスグループ傘下の銀行です。 都市銀行や地方銀行などのように、店舗やATMを持たないネットバンクで、テレビコマーシャルで見かけることもしばしばあります。 多くの消費者金融や銀行と同様に、オリックス銀行か...


  • みずほ銀行カードローンの金利、限度額、申込基準は?

    サービスが充実しているカードローンがたくさんある中から、どれを使えばいいか分からないという方は多いでしょう。 そこで今回はみずほ銀行カードローンに焦点を絞り、長所と短所を解説していきます。     高額ローンならここ...


  • 三井住友銀行カードローンの金利、限度額、申込基準は?

    カードローン、今では誰でも気軽に利用する急ぎの時の頼りになる存在です。 今やクリーンなイメージのカードローンですが、無計画な利用はせっかくのカードローンの利点を活かせず、知らずに損をしているなんてこともあるかも知れません。 今回...


  • アイフルのカードローンの金利、限度額、申込基準は?

    カードローンと聞いてまず何を思い浮かべますか? メディアで会社名や商品名はいろいろ見聞きしていますよね。 実際お金を借りたくなったらどこで借りるのがいいのでしょう。 それぞれの金融機関とそれぞれの商品に特徴があります。 ...






借り換えによる節約額を調べる

現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス