カードローンのおすすめはここ!目的別で選ぶ5つのカード

  • カードローンおすすめスピード検索

カードローンのおすすめはここ!目的別で選ぶ5つのカード

カードローンを選ぶときに金利だけを気にしていませんか。またカードローンの審査が緩いと言う口コミも、気になるでしょう。

実はカードローンと言うものは、ホームページや口コミだけでは分からないとろこもあります。

そこで、利用の目的別にお勧めするカードローンを徹底紹介します!



カードローンがどのようなものかを知って目先の金利だけでは考えない

カードローンがどのようなものかを知って目先の金利だけでは考えない

カードローンはお金を借りるものであることはなんとなく分かる人もいるでしょう。お金を借りると言うことは、金利が低い方がいいと誰でも思ってしまいますよね。

しかし本当に利息だけを考えるといいのでしょうか。実はカードローンの申し込みをするときは、金利だけを考えず色々なことを考慮して選択をする必要があります。



もちろん金利が低いに越したことはないでしょう。

しかしお金を借りる人によって、お金を借りるシチュエーションによってどこのカードローンがいいのか変わってきますので、カードローンというものがどういうものか、基本的なことだけでも覚えておくことをお勧めします。



カードローンは大きく分けると、消費者金融系、信販系、銀行系の3種類に分かれます。アコムなどの消費者金融が発売しているキャッシングを消費者金融系、クレジットカード会社が発行するクレジットカードにキャッシングがついているものを信販系、そして銀行が発売しているカードローンを銀行系と言います。



※貸金業法とは、消費者金融や信販系のキャッシングの取り扱いを定めている法律です。

※割賦販売法とは、一番わかりやすい例はクレジットカードの取り扱いを定めている法律です。

※銀行系は銀行法などにより審査がされますが、銀行法は公共性を保つため信用維持をしなければならず、預金者保護などを念頭に置かれています。銀行は業務の健全で適切な運営を行う必要があります。預金者のお金を貸し出していることから回収不能とならないようにしなければいけません。ようは念頭に「預金者保護」という考えがあるわけです。



第一章 総則

(目的)
第一条 この法律は、銀行の業務の公共性にかんがみ、信用を維持し、預金者等の保護を確保するとともに金融の円滑を図るため、銀行の業務の健全かつ適切な運営を期し、もつて国民経済の健全な発展に資することを目的とする。
2 この法律の運用に当たつては、銀行の業務の運営についての自主的な努力を尊重するよう配慮しなければならない

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S56/S56HO059.html

 

早いうちからカードローンを育てよう

20歳以上になればお金を借りることができるでしょう。

また18歳でも保護者の同意があればお金を貸してくれるところがあります。

親の同意が必要なところで多いのは信販系のキャッシングになりますができれば、20歳になってからカードローンを申し込みすることをお勧めします。

クレジットカードとキャッシングは別々のカードにした方が使いすぎ防止にもなりクレジットカードにはキャッシングをつけないように日頃から心がけましょう。



銀行系も20歳になればアルバイトで申し込みができますが、ここでお勧めしたいのは消費者金融系のキャッシングになります。主なキャッシング4社の最高金利を比較しました。



金融会社 アコム アイフル SMBCモビット プロミス
金  利 18.00% 18.00% 18.00% 17.80%


上記を見るとプロミスが0.2%低いことが分かります。

プロミスのキャッシングをここではお勧めさせていただきます。

なぜ銀行系ではないのか不思議に思う人もいるでしょう。

たしかしネット銀行などを探せば、この金利より低い商品を探すことは可能でしょう。しかしプロミスなどのような消費者金融は、まじめに返済をしていれば金利が下がっていくシステムになっています。



社会人になったときに1度も遅れなく、しっかりと借りたものを返済していれば金利が下がる可能性もあるでしょう。

またはじめの頃は10万円程度の申し込みでキャッシングを作っておき、徐々に限度額を30万円などに上げると言うことをしましょう。

このようにすると、金利が再審査されますので引き下がる可能性が出てきます。長く利用することにより銀行系のカードローンの金利より低くなる可能性があります。



このカードローンを利用した感想
ちょとした支払いで手持ちが足りないときに、無人契約機の方で簡単に5万借りられた!
ちなみに、自分のスペックは年収は250万で会社員で勤続は3年目
2ヵ月で完済したけど、その後に登録した携帯の方に増枠の連絡が数回きました。
簡単に言えば、もう一度借りませんかという案内なんだけど
やはり、プロミス側も商売なので、返してくれる客には、もう一度借したいんだと思う。
これが親切かうっとうしいと思うかは人によるかもしれないね。

http://review.kakaku.com/money_report/card-loan/report.asp?lo_ccd=2004&lo_icd=0001

生活費に備えるカードはこの1枚!金利と返済額のバランスを考える

生活費に備えるカードはこの1枚!金利と返済額のバランスを考える

日々の生活費に備えるのにおすすめの銀行系のカードローンを一覧表にまとめましたので比較をしてみましょう。



銀 行 楽天銀行 ソニー銀行 東京スター銀行
金 利 14.50% 13.80% 4.50%~14.60%

返済額

3千円以下

2千円

2千円

5千円

3千円超~10万円以下
10万円超~20万円以下

5千円

4千円
20万円超~30万円以下

6千円

1万円

30万円超~40万円以下

1万円

40万円超~50万円以下 8千円
限度額 50万円 審査により決定 審査により決定

保証会社

楽天カード株式会社

アコム株式会社

新生フィナンシャル株式会社

株式会社セディナ
50万円を借りた
時の30日の利息
5,958円 5,671円 6,000円


緊急的にお金が足りなくなったときにはここに申し込もう!

金融会社 三井住友銀行 アコム・アイフル アイフル
金  利 年12.00%~14.50% 18.00% 17.80%
極度額100万円で
50万円を借りた
時の30日の利息
4,391円 7,397円 7,315円


金融会社のカードローンを比較してみました。お勧めは三井住友銀行のカードローンです。全国的にプロミスの自動ローン契約機は数多く設置されています。三井住友銀行のカードローンはそのプロミスの自動ローン契約機でカードが発行できますので、金利から考えると消費者金融を申し込みするのであれば三井住友銀行のカードローンを申し込みすることをお勧めします。



メガバンクのカードローンですので、ネームバリューもあり安心して利用ができるでしょう。コンビニで手数料が無料というのはお得でしょう。



 

とにかく大きい限度額が欲しい!年収が1,000万円を超える人はこの1枚!

年収が1,000万を超え、2,000万円、3,000万円の人でとにかく限度額が大きなカードローンが欲しいという人はどこの金融機関がいいのでしょうか。限度額が1,000万円まで申し込みできる金融機関は限られており、住信SBIネット銀行のMr.カードローンがお勧めです。

住信SBIネット銀行(プレミアムコース) 住信SBIネット銀行(スタンダードコース)
7.99% 14.79%


カードローンは1万円や10万円しか使わなくても、限度額を大きく申し込みできる人は名いっぱいの限度額で申し込みをしておくと金利が低くなります。

また、大きく借りると金利差が顕著に表れますので、少しでも金利が低いカードローンがお得でしょう。



そこで住信SBIネット銀行のMr.カードローンがここではお勧めの1枚となります。

いつでもどこでも場所を選ばないカード?コンビニを主に利用する人にお勧めの1枚

コンビニで利用すると手数料を取られるカードローンがあります。

手数料は利息の一部と考えることもでき、法律的にもみなし利息として定義づけられています。

カード発行元の銀行ではなく、コンビニを多く利用する人であれば手数料が掛からないカードローンがいいですね。

そこで、手数料の比較表を作成してみました。



時 間 みずほ銀行 三菱UFJ銀行 三井住友銀行 楽天銀行 ソニー銀行
平日
0:00~8:00
220円 提携ATMは無料 全国の提携コンビニATM コンビニは無料 コンビニは無料
平日
8:00~8:45
110円
平日
18:00~23:00
110円
平日通常時間 220円
土日
0:00~8:00
220円
土日
8:00~22:00
110円
祝日
0:00~8:00
220円
祝日
18:00~23:00
220円
祝日通常時間 110円

上記から見ると手数料を取らない金融機関は意外とありますが、この中でも金利が低いのがソニー銀行になります。

ソニー銀行は普通預金も開設をしなければいけないのですが、お得な金利設定が特徴の銀行です。

自前のATMを持たない代わりに金利を低金利にして顧客に還元をしているがソニー銀行です。

ちょっと借りるまでには時間が必要ですが、コンビニをよく利用する人はソニー銀行がお勧めの1枚です。



カードローンは怖くはない?!利用方法をしっかり心得ることが大事

カードローンは一度借りるとなかなか元金が減らないと言われています。

それは返済を計画立てて行わない結果であり、指定された返済額以上のお金を毎月返済するように心がけましょう。

実はカードローンを利用するときに大事なことは、指定された返済額以上のお金を返済することで、元金にいくらずつ毎月返済するか借りる前から考えないといけません。



指定された返済額は利息しか支払っていないと考えて、それ以上返済しないとカードローンで借りたお金は戸来案と思うことが大事でしょう。

しっかりと返済の管理をしていれば、カードローンはそれほど怖くはなく、逆に家計を切り盛りするときに便利なものとなるでしょう。






同じカテゴリーの最新の記事





借り換えによる節約額を調べる

現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス