三菱UFJ銀行のカードローンは何種類ある?それぞれの特徴は?

  • カードローンおすすめスピード検索

三菱UFJ銀行のカードローンは何種類ある?それぞれの特徴は?

メガバンクと呼ばれる巨大な銀行の一角であり、日本全国で便利に利用できる金融サービスを多数取り扱っている銀行が三菱UFJ銀行となります。

三菱UFJ銀行は利便性に優れたローン商品であるカードローンについても、他の金融サービスと同様に高品質の商品の取扱を行っているとして、利用者から好評を得ています。

三菱UFJ銀行では一体どのくらいのカードローン商品を取り扱っていて、それぞれのカードローン商品にはどのような特徴があるのでしょうか。

 

三菱UFJ銀行のカードローンの取扱いは2種類!それぞれの特徴について!

仲の良い二人

三菱UFJ銀行のカードローン商品は「バンクイック」という商品と「マイカードプラス」という商品の2種類の取扱いがあります。それぞれの商品の特徴について比較を行っていきましょう。

 

・バンクイックの特徴について

バンクイックはその名称にからも想像できるように、審査スピードの早さに定評があり、急にお金が必要となった時に速やかに契約・利用ができる点に特徴があるカードローン商品となっています。

 

・マイカードプラスの特徴について

マイカードプラスは、すでに三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っている人におすすめできる内容のカードローン商品となっていて、キャッシュカードにカードローン機能が加わるという点や普通預金口座に自動融資機能がセットされるといった点に大きな魅力と特徴がある商品と考えられます。

利用限度額が敢えて低く設定されているので、カードローンを契約したことによる安心感から生じるお金の借り過ぎの心配もありませんし、自動引き落としの際の残高不足による決済不能のリスクヘッジに非常に役立つカードローンだと言っても過言ではありません。

「万が一に備える」という観点から見て、マイカードプラスは非常にお得かつ役立つカードローンだと考えられる商品設計となっているのです。

 

それぞれのカードローンの詳細と貸付条件について!

ピースする人

それぞれのカードローンの特徴について確認できたところで、次は各カードローン商品のより詳しい貸付条件や詳細についてみていきましょう。

 

・バンクイックについて

バンクイックの利用限度額は10万円から500万円までであり、金利は年1.8%から年14.6%までとされています(2016年10月30日現在)。

満20歳以上65歳未満の安定した収入がある国内居住者が申込対象者であり、申込方法はインターネット申込やテレビ窓口からの申込と様々な申込方法が整えられています。

インターネットから申込をした場合は、速やかに審査結果を連絡してもらえます。テレビ窓口から申込をした場合にはカード発行もスムーズで(※発行されたカードは、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用可能) 審査スピードの早さは絶対的なカードローンであると言っても過言ではないでしょう。

 

・マイカードプラスについて

マイカードプラスの利用限度額は10万円から100万円までであり、金利は年12.6%から年14.6%までとなっています(2016年10月30日現在)。但し初回申込時の貸付条件については利用限度額が30万円、金利は年14.6%という貸付条件での契約となり、契約日より6ヶ月を経過した場合に利用限度額の増額申請が可能となります。

申し込みが出来る人についてはバンクイックと同条件となっており、用意されている申込方法についても概ねバンクイックと同じでは有りますが、バンクイックの申込方法として最もポピュラーな方法の一つであるテレビ窓口からの申込には対応していない点には注意が必要です。

なおマイカードプラスはバンクイックとは異なり、スピーディーな融資には対応していない点にも注意する必要があります。

 

まとめ

 

三菱UFJ銀行では大別して2種類のカードローン商品の取扱があり、それぞれの商品が独自性を利便性を備えた個性の違うカードローン商品となっています。

すでに三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っているので、カードローンも三菱UFJ銀行で契約しよう、という人は少なからずいると考えられますが、カードローン契約を行う際は適当に商品を選ぶのではなく、それぞれの商品の特性と違いを理解し、より自分の生活を豊かにするのに役立つ商品を選択するようにすることをおすすめします。






同じカテゴリーの最新の記事





借り換えによる節約額を調べる

現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス