手っ取り早くお金を借りるオススメの方法

  • カードローンおすすめスピード検索

手っ取り早くお金を借りるオススメの方法

以前であれば手っ取り早くお金を借りる手段の代名詞と考えられていたのが、消費者金融のカードローンとなります。


無人契約機からいつでも申し込みができ、スピーディーにキャッシングができるということで一躍有名になった消費者金融ですが、今日では消費者金融のカードローンだけでなく、都市銀行のカードローンも無人契約機から申込をしてスピーディーにキャッシングができますし、ネット銀行のカードローンであれば来店不要でキャッシングを行うことができる時代となっています。


現代において、手っ取り早くお金を借りるにはどの金融機関のどの商品を選ぶのが一押しとなっているのでしょうか。



基本的には消費者金融がおすすめ!口座を持っているなら銀行系のカードローンもあり!

パソコンと女性


手っ取り早くお金をお金を借りる方法として、基本的におすすめしたいのが大手消費者金融から借入となります。アコムやアイフル、プロミスやSMBCモビット、ノーローンと言った消費者金融であればインターネットからの申込や日本全国に設置されている無人契約機から申し込みを行うことができるのです。


最近では有名ネット銀行や都市銀行等の銀行が取り扱いをしているカードローンも、インターネットや無人契約機で申し込みを行うことでスピーディーな借入が可能となっています。


しかし大手消費者金融のカードローンと異なり、銀行系カードローンの多くがカードローンの契約締結までにその銀行の口座を開設しなければならない、という条件が設けられています。
カードローンの申し込みをする時点でその銀行の普通預金口座を保有しているのであれば、特に手間はかかりませんし、スピーディーなキャッシングができる可能性も高いと考えられるのですが、普通預金口座を保有していない場合には追加で手間がかかりますし、スピーディーなキャリアが難しいということを念頭に置いておきましょう。


手っ取り早く借入ができる金融機関として特におすすめしたいのが、プロミスのフリーキャッシングとなります。
これらのカードローンはネットで申し込みをした場合でも自動契約機から申し込みをした場合でもスピーディーなキャッシングが可能ですし、カードローン契約にあたって口座開設の必要なしで契約できるという共通のメリットがあります。


それぞれのカードローン商品について詳細と特徴をみていきましょう。



口座開設不要で最速キャッシングができるカードローン3選!

虫眼鏡


プロミスのフリーキャッシングについてそれぞれの商品の詳細等をみていきましょう。


・プロミスのフリーキャッシング
フリーキャッシングは無人契約機からの申込やインターネットからの申込で、即日契約・即日キャッシングが可能となります。
特にお薦めなのがインターネットからの申込であり、審査回答までにかかる時間は最短で30分となっています。
審査通過後の契約完了手続きについては、そのままWeb完結で手続きを済ませる方法(カードレスでの取引となります)や無人契約機へ来店して済ませる方法など多様な方法が用意されているので、利用者のニーズに応じた契約が可能であると考えれるのです。
なお貸付条件については、実質年率が4.5%~17.8%で最高融資額が500万円となっています。


まとめ

大手消費者金融や銀行のカードローンを手っ取り早く契約するには、自分に適した申込方法でスピーディーにキャッシングができる金融機関を選ぶのがおすすめとなります。
なお消費者金融のカードローンの場合は口座開設不要で速やかにキャッシングができるケースが殆んどですが、銀行のカードローンの場合は口座開設が必要となっているケースも多いので、銀行のカードローンを手っ取り早く申し込みたいという場合には、申し込み前に口座開設が要るのか要らないのかを事前に確認しておくと良いでしょう。







同じカテゴリーの最新の記事





借り換えによる節約額を調べる

現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス