嫁にばれないでカードローン契約はできる?一押しのカードローンについて!

  • カードローンおすすめスピード検索

嫁にばれないでカードローン契約はできる?一押しのカードローンについて!

結婚後は嫁が完全に家計を管理する、という家計は日本には多く、通帳やキャッシュカードを取り上げられてしまい、自由に使えるお金の工面に苦労するという夫はとても多くいます。

お金を工面するのに便利な金融サービスであるカードローンは多くの日本人が利用していますが、嫁にばれないで契約をする必要がある、という人は大勢います。家族や妻に気づかれずに契約・利用ができる一押しのカードローンとはどのようなカードローンなのでしょうか。

ばれずにカードローン契約をするために気をつけたいこととは!

バレずに契約する

ばれずにカードローンを契約する上で注意したいのが、自宅へ連絡が届かないようにすることとなります。具体的には電話連絡が来ないようにすることと、郵送物が届かないようにすることとに注意を払う必要があると考えられます。

カードローンに申込をした場合、審査結果の連絡を電話ですることが多いのですが、その際に自宅の固定電話に電話がかかってくると高確率で嫁にカードローンの申込をしたことがばれてしまいます。可能であれば日中の連絡先として自宅の電話番号は記載せず、自分の携帯電話のみを記載するようにしましょう。

また契約完了後には自宅に契約書面やローンカードが郵送されるということが度々有ります。この問題は自宅への郵送物が届かないweb完結契約でカードローンを契約するか、契約締結手続きやローンカードの受取を郵送や自動契約機で行うことで解決できます。

これらの「嫁にばれないで契約できる」条件を満たしており、尚且つ手軽に申し込みができて審査スピードも速いカードローンとして、特におすすめしたいのが、三菱UFJ銀行のバンクイック・ノーローンのカードローンの2商品となります。

これらの商品の概要と嫁にばれずに契約するためのおすすめの申込方法について解説していきます。

口座開設不要で契約できる銀行カードローン!バンクイック!

三菱UFJ銀行のバンクイックは、大手銀行のカードローンでありながら、三菱UFJ銀行の口座開設なしで契約ができますし、スピードカード発行・キャッシングに対応したカードローンなので、気軽に申し込みができる内容の商品となっています。



テレビ窓口から申し込みを行うことで、スムーズなカード発行となりますし、運転免許証を持っていければその場でカードの受領ができ(※50万円超の利用限度額をご希望の場合は収入証明書をお持ちください。)、自宅への郵送物を無くすことができるので、嫁にカードローン契約がばれる可能性を大きく下げることができます。



なおバンクイックの金利と融資額ですが、実質年率は1.8%~14.6%で融資額は10万円~500万円となっています。



まとめ

バレずに契約する

今回紹介したカードローン商品はもちろんのこと、web完結で契約できるカードローンや自動契約機で人に知られずにローンカードの受取と契約手続きができるカードローン商品は数多くあるので、自宅へのコンタクトがないカードローン商品を選ぶことで高確率で嫁にばれずにカードローン契約をすることができるのでしょう。

但しどんなカードローンにでも借りたお金を延滞してしまった場合、高確率で自宅へ連絡が届くこととなるので、そうなってしまうと一気に嫁にカードローンの契約と利用がばれてしまう可能性が高まります。

嫁との関係を良好に保ちつつ、カードローンを利用し続けるためには、延滞をせず、借りたお金は計画的に返済し続けていくことが最も重要になると言っても過言ではないでしょう。






同じカテゴリーの最新の記事





借り換えによる節約額を調べる

現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス