ローン契約機でカードローン契約をするメリットとは?銀行系カードローンも契約機で契約できる?

  • カードローンおすすめスピード検索

ローン契約機でカードローン契約をするメリットとは?銀行系カードローンも契約機で契約できる?

カードローン契約には様々な申し込みが方法がありますが、古くからある申込方法であり、最も便利かつポピュラーな申込方法の一つとなっているのが、ローン契約機からの申し込みとなります。
インターネット申し込みが広く普及している現代においても、ローン契約機を利用しての申し込みは根強い人気を誇っているわけですが、ローン契約機から申し込みを行うことの具体的なメリットはどのようなところにあるのでしょうか。

ローン契約機のメリットとデメリットって!?

ローン契約機

ローン契約機から申し込みを行う場合、機械が申し込みにあたってすべきことを次々に指示してくれるので、利用者は契約機が支持する流れに沿って手続きをすることで比較的簡単に申し込みを行うことができます。

またローン契約機は、平日の店頭窓口が閉じてしまった後の時間帯でも、土日祝日でも利用可能となっているので、契約したいと思った時に来店すればすぐに契約ができるというメリットがあります。

さらにローン契約機から申し込みを行った場合、その場でローンカードの受け取りが可能なので、自宅への郵送物を無しとしてカードローン契約ができますし、カード受け取り後すぐにキャッシングが可能となるので、他の申込方法よりもスピーディーにキャッシングし易いというメリットがあるのです。



一方でローン契約機から申し込みを行うことによるデメリットとしては、契約機まで足を運ばなければならないということや、来店する際に誰かに姿を見られるリスクを負うことになる等が挙げられます。

自宅の側にローン契約機がある場合には来店はさほど面倒ではないでしょうが、自宅近くにない場合には来店するだけで大きな手間がかかりますし、誰にも知られずにカードローン契約をしたいと考えている人にとっては、来店シーンを見られる可能性があるということは大きなリスクとなるのです。

消費者金融だけじゃない?メガバンクのカードローンも契約機で申し込みができる!

ローン契約機

カードローン契約のためのローン契約機というと、大手消費者金融のカードローンを連想する人が多いでしょうが、実はメガバンクである三井住友銀行と三菱UFJ銀行にもカードローン専用のローン契約機があり、ここからカードローンの申し込みができます。

メガバンクのローン契約機は銀行の本支店内にあるので、銀行に立ち寄ったついでにカードローンの申し込みができますし、消費者金融のローン契約機へ来店するのには抵抗がある人でも、メガバンクへなら人目を気にせず来店できるという人も多いと考えられるので、申込がしやすい契約手段だと考えられます。



三井住友銀行のローン契約機から申し込みを行う場合、顔写真付きの本人確認書類や年収が確認できる書類を持参して来店し、手続きを行うことでカードローンの契約申し込みができます。


審査にかかる時間は短く、審査をパスした後はその場で契約完了手続きとローンカードの受取を行うことができます。


三井住友銀行のローン契約機は原則土日祝日でも21時まで利用ができるので、急遽お金が必要になった場合でもすみやかに契約手続きができる仕様となっています。また三井住友銀行のカードローンは系列会社のプロミスのローン契約機からでも申し込みができるという特徴もあります。



一方、三菱UFJ銀行のローン契約機(テレビ窓口)も平日の15時以降や土日祝日でも申し込みができる仕様となっています。
※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
但しこちらは土祝日は18時まで日曜は17時までと三井住友銀行のローン契約機と比較して利用時間がやや短くなっているので注意が必要です。

申し込みからカード発行までの時間は短く、本人確認書類として運転免許証を持参していけばその場でカード受け取りを行うこともできます。※50万円超の利用限度額をご希望の場合は収入証明書をお持ちください。
運転免許証以外の本人確認書類(健康保険証等)を持参した場合にはその場でカード受け取りをすることはできず、カードは後日郵送となるので、急いでキャッシングをしたい場合には運転免許証の持参を忘れないようにしましょう。



まとめ

ローン契約機からカードローンの申し込みを行う場合、幾つかデメリットが存在することは事実ですが、その場でカード受け取りができるなど、デメリットを帳消しにできるほどのメリットがあります。

またかつてはローン契約機というと消費者金融のカードローンのイメージが強くありましたが、現在ではメガバンクのカードローンもローン契約機から申し込みができるようになっており、ローン契約機から申し込みを行うことで、最速キャッシングができる可能性が高まるので、急いでカードローン契約をしたいという人には強く利用をお奨めします。








同じカテゴリーの最新の記事





借り換えによる節約額を調べる

現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス