カードローン申し込みからの融資スピードを金融機関ごとに徹底比較!

  • カードローンおすすめスピード検索

カードローン申し込みからの融資スピードを金融機関ごとに徹底比較!

資金が予定通りに回っている場合には、カードローンが必要となる機会は少ないと言えます。カードローンが必要になるのは、緊急時なのではないでしょうか。冠婚葬祭や事故、病気や、クレジットカードの支払いなど。または、それらの必要経費を支払ったあとの生活費が足りない場合もあるかと思います。今回は、そのような緊急時に素早く融資がおりる金融機関について見ていきたいと思います。

 

カードローン審査はどんどん進化している?

最近は、カードローンの融資判断が短くなってきていると言えます。ネットの普及によりwebからの申込み可能になったことが大きく影響していると考えられています。CICなどの信用情報機関を介して、顧客の信用情報を素早く把握し融資判断に繋げることができる体制も整ってきていることもスピード審査に貢献しています。

ではそのカードローンの審査は、どのくらいでわかるものなのでしょうか。この審査の期間を決める条件について整理したいと思います。カードローンを利用する場合は、とにかく急いでいる場合が大半であると思います。審査期間について予め概要をつかんでおけば、いざ資金が必要になった場合に焦らず、対策が取れると思います。

 

審査期間はそれぞれの金融機関でかなり異なる!

信用情報の共有化を図っているのであれば、どこの金融機関に申込みしても審査期間は一緒なのではないかと思う方も多いと思います。確かに、信用情報の照会にかかる時間は同じであるはずですので、判断もほぼ一緒になるものと推測してしまいます。しかし、金融機関ごとに審査する内部条件は異なっており、その内部条件の確認処理の時間の差がそのまま審査スピードの差になって現れるものと言えます。

まず、金融機関について。どの金融機関を選ぶかにより、審査期間は変わります。カードローンを取り扱っている金融機関は大別すると二つに分けられます。それは、銀行系と消費者金融系です。早い金融機関ですと、最短1時間というところもあります。一方、従来の審査手法で確認作業を行っている金融機関などは、判断に3日程度かかるところもあります。

次に、審査の申込み方法について。明らかに速い処理を行うことができる方法は、インターネットからの申込みとなります。FAXや電話ですと、いろいろ確認のやり取りが必要になります。さらに、窓口からの申込みになりますと、営業日の関係から最低でも数日間の期間を必要とします。窓口への訪問日を選ぶ時点から考えますと、一週間から10日程度かかると思われます。

 

ではスピード融資をしてくれる金融機関とは!?

スピード感のある様子を選定しました

これまで金融機関によって融資判断に要する日数に差があることがわかりました。それでは、どのような金融機関が早く審査をすることができるのでしょうか。比較してゆきたいと思います。基本的に、判断時間は消費者金融系が早いです。銀行系は、しっかり確認する傾向にあります。

まず、即日判断・当日融資をお考えの際にはアコム・アイフル・プロミスを検討してみてはいかがでしょうか。各会社とも、web申込みであれば最短一時間程度(アコムは最短30分)で判断が可能です。日中の申込みで即日の融資も可能です。提出する書類も少なく、融資までのステップも最小です。新規の場合には30日間利息無料などのサービスもあり、緊急時のセーフティーネットとして最強の使い勝手の良さと言えるのはないでしょうか。

では、銀行系のカードローンについても見ていきましょう。銀行系のカードローンは、実際の融資までに数日を要することになります。融資までのスピードだけで言えば、消費者金融の方が圧倒的に速いと言えます。ただ、日数的に少々余裕があるならば銀行系のカードローンを検討する価値は高いです。それは、利率が低くなる可能性がある点と融資額の上限が高く設定される可能性がある点の二つになります。

スピードと金利と融資額。この三点を吟味して利用するカードローンを決めていくとが賢い選択になると思います。






同じカテゴリーの最新の記事





借り換えによる節約額を調べる

現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス