カードローンって日曜日でも申し込みできるの?休日でもスムーズに利用できるカードローンとは?

  • カードローンおすすめスピード検索

カードローンって日曜日でも申し込みできるの?休日でもスムーズに利用できるカードローンとは?

最近では急に現金が必要となった場合でもすみやかに契約をして借入ができるようになりました。
しかしながら最速でキャッシングを行うためには平日に申し込みをしなければいけないという商品が殆どであり、日曜日に急にお金が必要となった場合には翌営業日まで待たなければならないというケースが非常に多くなっています。
果たして休日でも申し込みが可能であり、日曜日に申し込みをしてもスムーズにキャッシングができるカードローンはあるのでしょうか。



日曜日でも最速キャッシングはできる!おすすめの申し込み方法について!



日曜日の申し込み



結論から先に申し上げますと、大手消費者金融や大手インターネット銀行、都市銀行などが取り扱っているカードローンやキャッシング商品の多くが休日でも申し込みが可能となっていますし、申し込みを行ってからのスピード融資に対応しています。
これらの大手企業のサービスには利用者のニーズに応じて多様な申込方法が用意されていますが、日曜日に申し込みをしてスピード融資を希望する場合にはインターネット申込若しくは自動契約機からの申込がおすすめとなります。
インターネット申込は多くの会社で24時間申込受付を行っていますし、申込をしてから来店しなくても契約をして、すぐに振込キャッシングができる商品もあります。

一方で自動契約機から申し込みをする場合も、インターネットのように24時間とはいきませんが、多くの金融機関では休日でも自動契約機は稼働していますし、自動契約機から申込を行った場合にはその場でカード発行をしてもらうことができるので、契約後カードを使ってすぐにキャッシングができるというメリットがあります。

なお、日曜日でも申し込みが可能であり、日曜日に申し込みをしてもスムーズにキャッシングができる商品の代表的なものが三菱UFJ銀行のバンクイックとプロミスのフリーキャッシングになります。
この2つの商品について、日曜日に申し込みを行い、最速キャッシングを行うための具体的な手段と注意点について解説を行っていきます。



最速キャッシング可能!?バンクイックについて!



日曜日の申し込み



バンクイックの契約申込方法として最もおすすめとなるのが、三菱UFJ銀行に設置されている自動契約機であるテレビ窓口からの申し込みとなります。
テレビ窓口は土曜日や祝日でも10時~18時まで利用できますし、日曜日の場合は10時~17時まで利用可能となっていますし、テレビ窓口から申し込みを行った場合には、申込からカード発行までの時間とても短くなります。(※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。)

なおテレビ窓口から申し込みを行い、その場でカード受け取りを希望する場合の注意点としては、運転免許証を忘れずに持参すること、勤務先の情報を予め調べてまとめておくこと、50万円超の限度額で契約する場合には収入証明書書類を忘れずに持参することが挙げられます。
※発行されたカードは、発効日の翌営業日以降、審査の結果により利用可能
特に運転免許証はその場でカードの受け取りをする際には必要不可欠となっています。バンクイックを契約する際の本人確認書類としては運転免許証の他に健康保険証やパスポート等も有効となっていますが、テレビ窓口から契約申し込みを行う際に運転免許証以外の本人確認書類で契約をすると、その場でカード受け取りをすることはできず、カードは後日自宅へ郵送となるのです。

またすべての三菱UFJ銀行の支店にテレビ窓口が設置されているわけではないので、テレビ窓口が設置されている店舗を来店前に確認しておくことも重要となります。

関連記事:三菱UFJ銀行のカードローンバンクイックを審査・金利など10項目で辛口分析!



来店不要で契約できる!プロミスのフリーキャッシング!



日曜日の申し込み



忙しくて来店する余裕が無いという場合や、他人の目が気になって自動契約機へは足を運びにくい、けれどキャッシングでお金を借りたい、という人におすすめなのがプロミスのフリーキャッシングとなります。
プロミスのフリーキャッシングは来店不要でキャッシング契約ができるweb完結契約が可能であり、日曜日でも契約・キャッシングが可能となっているのです。

フリーキャッシングの申し込みをする際には、プロミスの公式サイトからインターネット経由で申し込みを行い、契約手続きを行う際にweb完結・カードレス取引を選ぶことで自宅に郵送物が届かず、またプロミスの店舗へ来店せずに契約とキャッシングができるのです。

なおフリーキャッシングを日曜日にweb完結で契約して、キャッシングする場合の注意点としては予め三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を保有してい必要があるということになります。
フリーキャッシングをweb完結で契約した場合、ローンカードの発行はなく、キャッシングをする場合には振込キャッシングで借り入れをすることになります。振込キャッシングの手続自体はいつでもできるのですが、日曜日に振込手続きを行っても金融機関の都合で実際にお金が振り込まれるのは翌営業日の9時以降となるのです。
しかし振込先の銀行が三井住友銀行かジャパンネット銀行の場合には事情が変わってきます。プロミスの振込キャッシングは「瞬フリ」という即時振り込みサービスに対応していて、振込先銀行が三井住友銀行かジャパンネット銀行の場合は土日祝日でも振込手続きをしてから10秒程度で指定した口座に振り込みをしてくれるのです。



まとめ



近年では多くのキャッシングサービスが日曜日でも申し込み可能となっていますし、休日に申し込みをしてもスピーディーなキャッシングが可能となっています。
今回は自動契約機からの申し込みによる方法と、web完結申し込みによる方法を紹介しましたが、この2つの組み合わせた、webから申し込みを行い自動契約機でカード受け取りをするという契約方法もあります。
自分に合った金融機関と申し込み方法をよく吟味して合理的なキャッシング契約をしたいですね。






同じカテゴリーの最新の記事





借り換えによる節約額を調べる

現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス