web明細対応カードローンのメリットって!どんな商品が対応しているの?

  • カードローンおすすめスピード検索

web明細対応カードローンのメリットって!どんな商品が対応しているの?

最近では、パソコンやスマートフォン、タブレットなど様々なデジタル端末を利用して時間や場所を問わずに様々な情報にアクセスできる便利な時代となっています。

ウェブ上のマイページにアクセスして、パーソナルデータの管理が可能なサービスは現在では多数ありますが、カードローン商品もそんな便利なサービスの取扱を行っており、マイページから確認可能なweb明細サービスを取り扱っている金融機関は今日では非常に多くなっています。

現在では当たり前のように実施されているweb明細サービスですが、このサービスには具体的にどのようなメリットがあり、どのような金融機関でweb明細サービスを利用すれば最大限にメリットが享受できるのでしょうか。

意外と知られていない!?web明細のメリットについて!

web明細対応のカードローン

書類作成時点での利用残高や返済回数がひと目で分かる明細票は、契約的な返済を完了させるために必要不可欠な書類であると言っても過言ではありません。

明細表の送付手段は、郵送による送付とwebによる送付と、ほとんどの金融機関がこのいずれかの方法で送付をしているのですが、webによる送付は郵送による送付と比較して具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。



まず真っ先に挙げられるのが、自宅に書類が郵送されない、ということになります。郵送による送付を希望した場合、自宅も如くは職場に明細表が送付されることになるので、家族や職場の同僚にキャッシングサービスを利用していることが知られてしまうリスクが格段に高くなってしまいます。

もしもweb明細を利用した場合には、明細表が送付されないので、他人にキャッシングサービスを利用していることは知られにくくなりますし、明細表の保管や整理にかかる手間を省くことができる、というメリットもあります。



一方でweb明細ではなく郵送による送付を希望した場合に享受できるメリットについてですが、定期的に書面で利用残高や引き落としの連絡などが届くので、忙しい人でも返済管理がし易い、等の利点が挙げられます。

どこがおすすめ?web明細サービス利用の恩恵が特におすすめのカードローンについて!

web明細対応のカードローン

現在では大手金融機関で提供されているカードローン商品の多くがweb明細明細サービス利用に対応していますが、その中でも特にweb明細サービスを利用することによる恩恵が大きい商品について、ピックアップして紹介していきます。



web明細サービスを利用するメリットが最も大きい金融機関の一つとして、真っ先にあげられるのがプロミスとなります。

キャッシングローンやレディースキャッシング等、お得で利便性の高いキャッシング商品を多数取り扱っていることで有名なプロミスでは、プロミスの利用が初めてであり尚且Eメールアドレスを登録し、web明細サービスの利用登録をすることで、初回借入日の翌日から30日間金利ゼロでキャッシングサービスが利用できる特典が享受できるのです。

このサービスを利用すれば短期間の借入が絶対的にお得となるので、ぜひ利用したいサービスだと言えますね。



またSMBCグループのキャッシング会社であるSMBCモビットのキャッシングサービスもweb明細サービス利用の恩恵が大きい会社の一つといえます。

SMBCモビットのキャッシングサービスはweb完結申し込みという方法で契約をすることで職場や自宅への電話連絡なし でキャッシングの契約をすることができます。

web完結申し込みでキャッシングの契約を行い、契約後もweb明細サービスを利用することで、他社のキャッシングサービスと比較して、誰にも知られずに契約を行いその後も誰にも知られずにキャッシング利用をし続けることがし易いと考えられるのです。

なおSMBCモビットのキャッシングサービスをweb完結申し込みで契約するためには、三菱UFJ銀行若しくは三井住友銀行の普通預金口座が返済用口座として必要となる等、通常のSMBCモビットカードの申し込みよりもやや申し込みの条件がややこしくなっているので、その点にだけ注意が必要となります。

その他のWEB完結の申込条件には「ゆうちょ銀行」の口座も対象となります。

まとめ

カードローンの明細受取をweb明細で受け取ることで、受取の際の手間を省くことができますし、書類管理の手間や家族などに知られてしまうリスクを軽減することができます。

またweb明細サービスを利用することで、よりカードローンサービスの利便性が向上したり、特典を設けているカードローン商品もあるので、web明細サービスが利用可能なカードローン商品であれば、web明細サービスの積極的な利用をおすすめします。






同じカテゴリーの最新の記事





借り換えによる節約額を調べる

現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス