総量規制対象のカードローンとは?申込時点の注意点などについて! - カードローンおすすめスピード検索

  • カードローンおすすめ比較ネット

総量規制対象のカードローンとは?申込時点の注意点などについて!

カードローン契約をしようとする際に、多くの人が一度は耳にするのが「総量規制」という言葉でしょう。

「総量規制」とはカードローン契約を締結する祭に、適用される可能性がある法律の1つであり、これの法律によって、一部のカードローンでは借入額に一定の制限がかかることとなります。

総量規制とは一体どのような法律なのかということや、どのようなカードローンが総量規制の対象となっているのか、カードローン申込をする際にはどのような点に注意すればよいのかなどについて解説していきます。

 

そもそも総量規制ってどんな法律なの?

こちらを向く女性

 

まずは総量規制がどのような法律なのか、ということから解説を行っていきます。

総量規制とは、一言で簡単に言ってしまうと、カードローン利用者の借り過ぎ防止を防ぐための法律であり、キャッシング額を年収の3分の1までに制限する、という内容の法律となっています。

カードローンは便利で、比較的簡単にキャッシング手続きができるため、際限なしにカードローンを利用してしまい、多重債務に陥ってしまったり、破産せざるを得ない状況になってしまった人が多く現れてしまいました。

カードローンによるキャッシングのし過ぎが原因で、破産などを引き起こさせないように、という目的で施行されたのが総量規制であり、この法律によって際限なしにカードローンからキャッシングを行うことはできなくなったのです。

つまり、総量規制とは、カードローン利用者を保護する目的で施行された、借入額制限のルールと言い換えることが出来るのです。

 

総量規制対象のカードローンと対象外のカードローンとは?

青汁

 

実はすべてのカードローン商品が総量規制の法律の対象となっているわけではなく、世の中には総量規制の対象となるカードローンと対象外となるカードローンがあります。

それぞれのカードローンについて、詳しく解説をしていきます。

 

まず、総量規制の対象となるカードローンについてですが、貸金業法に則ってサービス展開を行っている事業者のカードローンが総量規制の対象となります。

より簡潔に言い換えますと、消費者金融系カードローンや信販系カードローンが総量規制対象のカードローンとなっています。

 

一方で、総量規制の対象外となるカードローンについてですが、これは貸金業法ではなく、別の法律に則ってサービス展開を行っている事業者のカードローンが該当します。

具体的には銀行が提供しているカードローンが総量規制対象外のカードローンと言い換えることができます。

 

このことから、ノンバンク系カードローンと銀行系カードローンでは、サービス提供の根拠となっている法律が違うということが分かりますし、年収による制限を受けずにカードローン利用によるキャッシングをしたいと考えるのであれば、銀行系カードローンを利用するのが良い、ということが言えるのです。

 

総量規制の対象となるカードローンに申し込みをする際の注意点について!

パソコンと手

次に、総量規制の対象となる、消費者金融系カードローンや信販系カードローンを申し込む際に注意するべき点について解説を行っていきます。

 

ノンバンク系のカードローンの申し込みを行う際に注意すべき点として、真っ先に挙げられるのが、申込時の利用限度額についてです。

契約可能な限度額については、各商品によってまちまちですが、総量規制の対象となっている以上、当然ながら、年収に3分の1を超える借入は不可となっています。

そのため、消費者金融系や信販系カードローンを申し込む際には、自身の昨年度の年収をよく確認して、年収の3分の1を超えない金額を限度額として、申し込むことが重要となります。

 

また大手消費者金融の多くでは、申込時の利用限度額が50万円を超える場合に加えて、他社からの借入と新規申し込みのカードローンの限度額との合計額が100万円を超える場合には、契約時に収入証明書類の提出が必須となっています。

できるだけ書類提出などの手間を省いてカードローン契約をしたいと希望するのであれば、すでに利用しているカードローンの利用額と照らし合わせながら、新規申し込みのカードローンの利用限度額を決定することをお奨めします。

 

なおこれらの解説からイメージされるノンバンク系のカードローンはデメリットが多いように考えられますが、ノンバンク系カードローンにはもちろん独自のメリットが数多くあります。

審査スピードが早かったり、カードローン契約時に預金口座の開設が不要だったりと、主に申し込みのしやすさという面において、ノンバンク系カードローンは銀行系カードローンよりも優位性があると考えられるので、メリットとデメリットについてよく理解し、その上で、自分にはノンバンク系カードローンが合っているのか、銀行系カードローンが合っているのかを判断すると良いでしょう。

 

まとめ

 

総量規制の対象となるカードローンは、主に消費者金融系や信販系のカードローンであり、これらのカードローンにもうシミを行う際には、事前に自身の昨年度の年収をよく確認しておくことが重要となります。

ノンバンク系カードローンには、申し込みのしやすさという大きなメリットがある一方で、総量規制というようなデメリットもあるので、カードローン契約を行う際には、どの系統のカードローンが自分に適しているのか、よく判断することが重要といえるでしょう。






同じカテゴリーの最新の記事





現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス