• 借り換え比較ネット

【カードローンの選び方】“4つのポイント”で選ぶおすすめカードローン!

カードローンのイメージ

カードローンはたくさんの種類があります。

だから実際に利用する時には、「どのカードローンがおすすめなの?」と迷ってしまう人は多いと思います。

そこで今回のレビューでは、カードローン選びで迷わない!失敗しない!自分にとっておすすめのカードローンを選ぶための“4つのポイント”をこっそり教えちゃいます。

 

 

“借り易さ”で選ぶ!おすすめカードローンは「消費者金融」!

カードローンを使用する男性

 

“借り易さ”でおすすめとなるカードローンを選ぶことは、決して間違った考え方ではありません。

だってカードローンに限らず、何ごとも使い易くて実際に利用できなければ意味がないからです。

借り易さは利用し易さ、使い易さと言えるのです。

そのことから「カードローンでお金を借りたい!借りる必要がある!」といった人が、わざわざ借り難いカードローンを選び審査落ちを繰り返しお金が借りれない!といったことがおすすめのカードローン選びになる筈がありません。

 


“借り易さ”で選ぶおすすめのカードローンなら「消費者金融カードローン」で決まりです!

借り易さは、単に審査が甘くて柔軟で、審査通過率が高いだけでは決まりません。

カードローンへの申し込みが簡単で、キャッシングしたい時にいつでもすぐに申し込めて、かつ誰でも知られずにこっそりお金が借りられる、といったような「トータルな意味合いでの利便性に優れたカードローン」が“借り易さ”に繋がるのです。

 


たとえば、“審査は甘めで柔軟で借り易い!”と感じられるものの、申し込みが面倒になったり、必ず店頭に赴いて手続きする必要があるなどの手間と時間がかかってしまうと借り易さに陰りを感じてしまうことになるでしょう。

しかし、プロミスやアコム、アイフルやモビットなど消費者金融カードローンなら申し込みはとても簡単で、初めての方でも10分くらいですぐに申し込み完了となります。

そして、インターネットを利用してパソコンやスマホで、24時間365日いつでもキャッシングしたい時に誰にも知られずにこっそり申し込めます。

もちろん審査は甘めで柔軟、しかも「審査は最短30分!」といった審査スピードなので「あっ!」と言う間にイヤな審査も終わってしまいます。

 


消費者金融カードローンでの“借り易さ”において特筆したいのは、申し込みから審査を経て融資まで、すごくスピーディーで申し込み当日に融資を受けられる点にあります。

申し込んで即キャッシングできると、とても借り易いと感じられます。

だから借り易いカードローンは多くの人におすすめなのです。

特に初めてカードローンを利用する人には借り易いカードローンは是非ともおすすめです。

 

 

“低金利がいい!”おすすめカードローンは「銀行」!

3つの代金を計算するイメージ

 

「借り易さももちろんいいけど…カードローン利用では借りた後の返済が特に気になる!」と感じている方なら、おすすめのカードローンは絶対に「低金利カードローン」となります。

なぜなら、金利は低ければ低いほど、借りた後の返済負担が軽くなるので、返済がいちばん気になる方にはおすすめだからです。

そして、とにかく“低金利がいい!”なら、「銀行カードローン」で決まりでしょう。

≪カードローンの金利比較表≫

カードローン  金利
三菱東京UFJ銀行 年1.8~14.6%
みずほ銀行 年3.5~14.0%
三井住友銀行 年4.0~14.5%
住信SBIネット銀行 年1.89~7.99%
プロミス 年4.5~17.8%
アコム 年3.0~18.0%
アイフル 年4.5~18.0%
モビット 年3.0~18.0%

 


銀行カードローンは年1%台~14%台となる一方、アコムやアイフルなどの消費者金融カードローンだと年3%台~18%となるので、明らかに銀行カードローンの方が低金利です。

 


具体的に見ると、たとえば30万円をみずほ銀行で借りると年14%となります。アコムだと年18%です。

そして、1年間借りた場合の金利差による利息額負担は、みずほ銀行だと42000円で、アコムだと54000円となります。

金利差による利息額の差額は12000円となります。

30万円借りて12000円の支払額の違いは大きな負担差と感じないでしょうか?

もちろん借入額が大きくなればなるほど、また返済期間が長くなればなるほど、金利差による利息額の負担差は大きくなります。

 


金利による利息額は、いってみれば“無駄な出費”と考えてよいのです。

無駄な出費は低く抑えられれば、それに越したことはありません。

それゆえ、できるだけ低金利のカードローンがおすすめになる理由なのです。

 

 

“審査甘めがベスト!”おすすめカードローンは「中小消費者金融」!

笑顔の女性


「トータルな借り易さも低金利もいいけど…なによりもカードローン審査に通らないと意味がないじゃないか!」と考えている人なら、おすすめはとにかくカードローン審査が徹底的に甘めで柔軟になるカードローンがベストです。

 


一般論としてカードローン審査の甘さやゆるさについては、銀行カードローンの審査が厳しめで消費者金融カードローンはゆるめ、甘めになると言われています。

それは各金融会社(銀行は原則非公開)の公式サイトで閲覧できる「月次データ」から汲み取れる『新規成約率』に基づく審査通過率の数値からも消費者金融カードローンの方が審査が甘めと言えます。

 


が、審査の甘さやゆるさを徹底的に追及するのなら、全般的に審査が甘めとなる消費者金融カードローンの中でもしっかり比較検討してみると、より審査が甘めでゆるめになる消費者金融カードローンがあります。

それはアコムやプロミスなどの大手消費者金融に対して、知名度や人気では劣ってしまう「中小消費者金融カーローン」です。

 


中小消費者金融が大手よりも審査が甘めでゆるめとなるには、きちんとした理由があります。

それは中小消費者金融がプロミスやアコム等の大手の審査に通らないような方を主要な顧客として獲得する融資手法をとっているからです。

そして、「独自審査」というかたちで大手の審査よりもゆるめ、甘めの審査基準にしないとそのような顧客をすくい取れません。

 


具体的に審査基準の甘さ、ゆるさに関する目安や基準を挙げれば、「ブラック申込者も利用可」となるかどうかです。

一般的にブラックは“信用能力なし!”とみなされるのでカードローン利用は不可となります。

そのことからブラックに対しても、ブラック申込者対応の独自審査を設けて、その審査基準をクリアできれば融資する消費者金融はかなり審査が甘めでゆるめと言ってよいのです。

なぜなら、プロミスやアイフル、アコムやモビットの大手消費者金融ではブラックだと絶対に審査に通さないからです。

 

 

「審査甘めがいちばんいい!」と考えている人なら、おすすめのカードローンはブラック申込者にも融資の道を開いてくれるような中小消費者金融がいちばんです。

以下に口コミ情報等から「ブラック申込者にも対応可!」と言われている、審査がかなり甘めとなる中小消費者金融をご紹介しておきます。


≪“ブラック対応可”で審査甘めの中小消費者金融カードローン≫ 

中小消費者金融 金利 限度額 ブラック申込について
エイワ 年19.9436%(10万円以下)
年17.9507%(10万円以上)
1万円~50万円 ブラックでも可
フクホー 年7.3%~18.0% 5万円~200万円 ブラックでも可
エニ― 年18.0%~20.0% 1万円~100万円 ブラックも申込可能
アロー 年15.00%~19.94% 200万円まで ブラックも利用可
エスジーファイナンス 年9.85%~18.0% 最大50万円 ブラックでもOK

 

 

“トータルバランスの良さで選ぶ!”おすすめカードローンはどれなの?


最後のポイントは、「トータルバランスの良さで選びたい!」といった人におすすめのカードローンとなります。

トータルバランスとは、具体的に言えば、「金利」「限度額」「借り易さ」「審査の難易度」など、総合的な観点からみたメリットのバランスの良さということになると思われます。

まず、「金利」と「限度額」のメリットからおすすめすれば、銀行カードローンがいちばんでしょう。

ただし、「借り易さ」や「審査の難易度」に関して言えば、デメリット面が強く感じられてしまうと言えます。

 


一方、「借り易さ」と「審査の難易度」から言えば、消費者金融カードローンは審査が甘くて申し込みもし易くて、即日融資にも対応可となるので借り易さで右に出るカードローンはないと言ってよいでしょう。

が、「金利」については“高め”と感じられてしまうところが多いので、その点はデメリットです。

 


そうなるとトータルバランスの良いカードローンなんてあるのでしょうか?

“トータルバランスが良いカードローンかも!?”との評判高いカードローンって実はあります。

 


それは『三菱東京UFJ銀行カードローン【バンクイック】』です。

バンクイックは、年1.8~14.6%と、とても低金利であり、融資上限額も銀行としては低めですが500万円と余裕は十分です。

 


審査の難易度については、「収入あれば学生でも利用可能」と利用条件の中で明記していることから、銀行の審査としてはかなり柔軟で甘めになると言えます。

加えて、バンクイックの審査は消費者金融の『アコム』が担当するので、審査基準がアコムの基準になると考えられることらも審査は甘めになると期待できます。

そして、アコムは審査通過率が48%と、消費者金融の中でも特に借り易いカードローンとなっているので、その借り易さの恩恵はバンクイックにも及ぶと思われます。

 


さらにバンクイックでは「テレビ窓口」といった無人契約機が利用できるので、即日カード発行による即日融資にも対応可となるので借り易さにも太鼓判です。

銀行カードローンで即日融資に確実に対応できるところは少ないので、即日融資が可能なバンクイックはかなり魅力的でもあります。

 


以上のように、カードローンを利用する上で、トータルバランスの良さでおすすめできるのは、『三菱東京UFJ銀行カードローン【バンクイック】』になると言って過言ではないと思います。

以下にバンクイックの融資スペックを紹介しておきます。

 


≪三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』の融資スペック≫ 

金利 限度額 その他
年1.8~14.6% 最大500万円 ・最短30分で審査回答
・銀行口座不要で利用可
・収入あれば学生も可
・配偶者に収入あれば専業主婦も利用可

関連記事:三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックを審査・即日融資・総量規制など10項目で辛口分析!




最新の記事





現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


おすすめカードローン