カードローンとCICの関係|よく聞く『個人信用情報』を徹底解説 - カードローンおすすめスピード検索

  • カードローンおすすめスピード検索

カードローンとCICの関係|よく聞く『個人信用情報』を徹底解説

カードローンの申し込みをすると審査が行われ、その審査に通過するとカードローンが利用できるようになります。カードローンの審査で重要になるのは個人信用情報ですが、その情報を蓄積している機関にCICがあります。CICには一体どのような情報が蓄積されて、カードローンの審査にどのように利用されているのでしょうか。

 

よく耳にする個人信用情報とはなに?CICってなんなの?

個人信用情報とはなに?CICってなんなの?

昔から個人信用情報を利用して、金融機関では融資をしていたのですが、個人情報保護法ができてからよく耳にすることが多くなってきました。個人情報保護法ができたために、金融機関では個人信用情報機関に個人情報を提供する同意書についてお金を借りる人から差し入れてもらわなくてはいけなくなったからです。

そして個人信用情報というものがお金を借りるときに利用されているというのが、世間一般的に周知されてきたという背景があります。金融機関は個人にお金を貸すときに、個人信用情報機関の情報を活用して審査をします。その個人信用情報機関の一つに株式会社シー・アイ・シー(以下CIC)があります。

CICはクレジットカード会社の共同出資により設立された信用情報機関です。貸金業法と割賦販売法に基づく指定信用情報機関としても国から指定を受けている機関で、クレジットカードやキャッシングを作るときに必ず照会される情報です。

なお個人信用情報とは、簡単に言ってしまえば個人が借りたお金の情報です。「個人」=「個人」、「信用情報」=「借金の申し込み、返済履歴等」と考えていいでしょう。個人がいつお金を借りて、いつ返済をして、いつ完済をしたのかが蓄積されている情報です。名前、収入、勤務先、勤続年数、電話番号、携帯電話番号、住所は個人の情報として登録されています。

またお金を借りた日や、借金の申し込みをした日、返済をした日、返済が終わった日などはもちろん、延滞をした日にち、延滞回数、延滞日数、自己破産日などお金を借りたときの情報から、その顛末までが記録されています。

なお延滞の日数や、延滞回数、自己破産の情報を事故情報と言っています。この事故情報があると審査に通過がしにくくなると言われています。

 

カードローンの審査において重要な項目はなに?

カードローンの審査で重要な情報と言えば、個人信用情報に事故情報がないかが重要になります。「信用情報」と言うだけあって、カードローンを申し込みした人が信用できる人かどうか判断をする情報になるでしょう。この信用情報に傷があると審査に通過するのが難しくなります。

傷というのはいわゆる、個人信用情報の事故情報です。借りたお金の返済を延滞したとか、自己破産をしたなどの情報になります。銀行系のカードローンは保証会社が保証をしてくれれば、ほとんどの場合審査に通過することが多いでしょう。保証会社はクレジットカード会社か消費者金融が引き受けているのがほとんどです。

したがって銀行系と言えども、CICの情報は関係がしますので注意をしましょう。また銀行によってはCICの情報を取得して審査の際に利用をすることもありますので、クレジットカード会社や消費者金融会社だけが利用をしているわけではないと言うことを覚えおくことをお勧めします。

インターネットを調べると、CICは消費者金融やクレジットカード会社が利用する信用情報だと言っている人もいるようですが、銀行であっても利用をするところがありますので、クレジットカードや消費者金融のカードの情報を重要視していますので、日頃からお金を借りたときの管理はしっかりとしておきましょう。先のも話をしたとおり、銀行の審査と言えども保証会社は消費者金融や信販会社ですのでCICの情報はどの銀行でも関係します。

 

個人信用情報機関はCIC以外にもある?なぜ複数あるの?

個人信用情報機関はCIC以外にも株式会社日本信用情報機構(以下JICC)と、一般社団法人全国銀行個人信用情報センターがあります。JICCはCICと同じ貸金業法と割賦販売法に基づく指定信用情報機関としても国から指定を受けている機関です。

一方の一般社団法人全国銀行個人信用情報センターは主に銀行が会員になっている個人信用情報センターになります。このように会員になっている金融機関ごとに信用情報機関が存在しています。CICがクレジット会社で、JICCが消費者金融、全国銀行個人信用情報センターは銀行のように元々は棲み分けをしていました。

しかし多重債務者の問題や総量規制の問題で、消費者金融とクレジット会社で級友する必要があったのです。そして銀行でも、CICやJICCの情報を利用して審査を強化してきています。各個人信用情報機関の会員(CICであればクレジット会社)が自分の顧客情報を登録して、企業がお互いに情報を共有できるようにして不良債権をなくす努力をしているのです。

※総量規制とは信販系のキャッシングと、消費種金融系のキャッシングの合計が年収の3分の1までしか借りることができない法律です。

※不良債権とは貸したお金が全額返ってくる見込みがないお金です。

※多重債務とは色々なところからお金を借りて、借金額が増えることにより返済額も大きくなって返済ができなくなる状態のことです。

 

個人信用情報は種類によって保存される年数が異なる

保存される年数が異なる

個人信用情報に登録されている情報は先ほども話をしたように、氏名から返済の履歴まで様々な個人用の借金についての情報が蓄積されています。その情報は種類によって削除されるまでの期間が異なります。参考までにCICのホームページ記載されているものを引用します。

 


CICの加盟会員から登録される信用情報
クレジットやローンの新規申し込みの際に登録される「申込情報」、契約締結後に登録される「クレジット情報」、利用途上の際に登録される「利用記録」で構成されています。また、CICに登録されている信用情報は、情報の種類ごとに以下の期間登録され、期間が過ぎた情報は自動的に抹消されます。
信用情報の種類 主な情報項目 保有期間
申込情報 ■ご本人を識別するための情報 照会日より
クレジットやローンの新規申込みにおける支払能力を調査するため、加盟会員が照会した事実を表す情報
氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等 6ヶ月間
■お申込み内容に関する情報  
照会日、商品名、契約予定額、支払予定回数、照会会社名等  
クレジット情報 ■ご本人を識別するための情報
契約期間中および契約終了後5年以内
加盟会員と締結した契約の内容や支払状況を表す情報
氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号、公的資料番号等
■ご契約内容に関する情報
契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額(極度額)、契約終了予定日、登録会社名等
■お支払状況に関する情報
報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況等
■割賦販売法対象商品のお支払状況に関する情報
割賦残債額、年間請求予定額、遅延有無等
■貸金業法対象商品のお支払状況に関する情報
確定日、貸付日、出金額、残高、遅延の有無等
利用記録 ■ご本人を識別するための情報 利用日より
クレジットやローンの利用途上における支払能力を調査するなどのため、加盟会員が照会した事実を表す記録
氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等 6ヶ月間
■利用した事実に関する情報  
利用日、利用目的、利用会社名等  
   
http://www.cic.co.jp/confidence/posession.html

 

 

上記引用のように情報の種類によって登録されている期間が異なります。また個人信用情報機関によっても登録されている情報の期間が異なることを覚えておきましょう。一度事故情報が登録されると長い期間審査に影響があることが分かります。

お金を借りるときにはしっかりとした返済の管理が必要になります。お金を借りてしっかりと返済を繰り返すことで社会的信用を得ることができますので、お金を借りたら最後まで遅れることなく返済をしましょう。






同じカテゴリーの最新の記事





現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス