カードローンはアルバイトでも大丈夫?安心できる銀行系を申し込みしよう! - カードローンおすすめ比較ネット

  • カードローンおすすめ比較ネット

Amazonギフト券2,500円分プレゼント!カードローン体験レポート投稿キャンペーン

カードローンはアルバイトでも大丈夫?安心できる銀行系を申し込みしよう!

今はフリーターという職もあるため、アルバイトで生計を立てて急にお金が必要になる人もいるでしょう。そんなときは、アルバイトでも申し込み可能なカードローンに申し込みをしてその場をしのぐといいのではないでしょうか。

アルバイトだけどカードローンを作りたい?どこで申し込みをするといい?

アルバイトだけどカードローンを作りたい?

アルバイトでも継続した安定収入の項目には該当しますので、ほとんどのところでカードローンを申し込みができるでしょう。アルバイトをしている人はカードローンを申し込みできる場所の幅が広がってきます。

消費者金融はもちろん信販系、銀行系のカードローンを申し込みが可能でしょう。審査が緩いと言われている消費者金融のカードローンは敷居は低いのですが、頻繁にカードローンを利用しない人にとっては手軽でお勧めかも知れません。またクレジットカードのキャッシング機能を利用するのも便利ではないでしょうか。

アルバイトでも申し込み可能なところは実に色々なところがありますので、職業がアルバイトであっても心配をすることはないでしょう。ただし限度額は収入に比例しますので、限度額は50万円未満のカードローンになることが多いのではないでしょうか。

金利の低い銀行系のカードローンでお金を借りよう

アルバイトの人は正社員と違い、収入もそれほど高収入ではないでしょう。そのような人は、金利はできるだけ低いカードローンがお勧めです。少しでも利息の負担が少ないことがお金を借りるときにはいいのではないでしょうか。

そこで銀行系の50万円以下を抽出してカードローンの金利比較表と、返済額比較表を作成しましたのでカードローンを検討するときに参考にしてください。金利が低いと言うことは当然ながら利息の負担が少ないと言うことになりますので、毎月の支払額がお得になります。消費者金融系を長く利用して、金利を下げるという方法もありますが最初から金利が低い銀行系のカードローンが安心できるのではないでしょうか。

銀 行 みずほ銀行 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 楽天銀行 ソニー銀行 東京スター銀行
金 利 14.00% 13.6%~14.6% 12.00~14.50% 14.50% 13.80% 14.60%

返済額

1千円~2千円未満

1万円

2千円

2千円

2千円

2千円

5千円

2千円以上~10万円以下
10万円超~20万円以下 4千円 4千円

5千円

4千円
20万円超~30万円以下 6千円 6千円

6千円

1万円

30万円超~40万円以下 8千円 8千円

1万円

40万円超~50万円以下 1万円 1万円 8千円

保証会社

オリエントコーポレーション

株式会社

アコム株式会社

SMBCコンシューマーファイナンス
株式会社

楽天カード株式会社

アコム株式会社

新生フィナンシャル株式会社

株式会社セディナ

(2016年10年21日現在)

 

消費者金融系のカードローンでも悪いことはないのですが、収入を考えると金利が固定されている銀行系のカードローンが利用をしやすいでしょう。消費者金融系は利用を続けているうちに、1年、2年後には徐々に金利が下がってきます。長い目で見てカードローンを作っておきたいというのであれば、消費者金融系のカードローンも悪くはないかも知れませんね。いずれを利用するにしても、しかっかりと返済の計画を立てたうえでお金を借りることをお勧めします。

 

アルバイトでも申し込みできる銀行はどこがある?比較をしてみよう

アルバイトでも申し込みできる銀行はどこがある?

先ほど比較をした銀行で一番お勧めな銀行はソニー銀行になります。50万円以下で13.8%の金利ですので、カードローンとしてはお得な金利となっています。そのほかにお勧めな銀行は保証会社が2つある銀行などは審査が通過しやすいので申し込みをするには手軽ではないでしょうか。

また月々の返済額が小さいところは、一見よさそうなのですがなかなか元金が減らないので、返済金額以上のお金を毎月返済するようにしましょう。お金を借りたときにいくらずつ元金に入金をするのかしっかりと計画を立てたうえで利用することをお勧めします。

 

年月 残高 返済額 元金 利息 残高
H28.4 200,000 0 0 0 200,000
H28.5 200,000 4,000 2,867 302 197,133
H28.6 197,133 4,000 1,690 298 195,443
H28.7 195,443 4,000 1,784 295 193,659
H32.3 102,058 4,000 2,882 154 99,176
H32.4 99,176 2,000 839 149 98,337
H32.5 98,337 2,000 886 148 97,451
H38.6 3,833 2,000 1,956 5 1,877
H38.7 1,877 1,897 1,877 2 0
支払利息合計 79,630

(2016年10月21日現在)

 

上記の表は20万円を13.8%で借りた場合の返済表です。普通に支払いをすると20万円を返済するのに10年も掛かってしまいますね。しかも支払利息が8万円ほどになります。これでは金利が低くてもあまりお得感がないでしょう。金利が高くて、返済期間が短い方がお得になることがありますので注意をしましょう。1万円ずつ元金に返済をすると20ヵ月で返済が終わることになり利息も5万円はお得になるでしょう。なお下の表は18.0%で毎月元金に1万円を目安に返済をした場合のものです。金利が高いのに利息が少ないことが分かるのではないでしょうか。

年月 残高 返済額 元金 利息 残高
H28.4 200,000 0 0 0 200,000
H28.5 200,000 12,000 10,522 394 189,478
H28.6 189,478 13,000 10,105 373 179,373
H28.7 179,373 13,000 10,348 353 169,025
H29.11 11,530 11,000 10,825 22 705
H29.12 705 0 0 9 705
H29.12 705 715 705 1 0
支払利息合計 28,715

銀行系のカードローンは審査に通過すると、通常はそのときの金利が解約するまで続きますので、返済の管理をしやすいと思います。銀行系と言えどもカードローンは金利は決して安くはないので、くれぐれも使いすぎには気をつけることをお勧めします。

また消費者金融系は総量規制で年収の3分の1までしかお金を借りることができません。銀行系の場合は消費者金融系のカードローンを持っていたとしても、別途申し込み手続きができますので、延滞などの個人信用情報に傷がなければ審査に通過する可能性もあるでしょう。

※個人信用情報に傷があるとは、個人で借りたお金が返済できなかったことや、自己破産、債務整理、延滞をした情報のことです。






同じカテゴリーの最新の記事





現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス