CICとは?カードローンの利用者の敵?味方? - カードローンおすすめ比較ネット

  • カードローンおすすめ比較ネット

Amazonギフト券2,500円分プレゼント!カードローン体験レポート投稿キャンペーン

CICとは?カードローンの利用者の敵?味方?

CICとは、消費者ローンなどのクレジット事業や割賦販売を行う企業が顧客の「信用」を判断する情報を提供する信用情報機関になります。正式には、株式会社シー・アイ・シーになります。クレジット会社の共同出資により設立されています。

この信用情報機関は複数存在します。大きく分けてCIC、JICC、全国銀行個人信用情報センター(全銀協)の3機関になります。JICC(日本信用情報機構)は、主に消費者金融系の企業の情報を扱っています。全銀協は銀行系の金融履歴情報を共有しています。

これらの信用情報機関は、まさに顧客の金融情報を蓄積している組織になります。今回はCICの取り組みやカードローンの利用との関係を見ていきたいと思います。

 

利用者のどのような情報が集められている?

それでは、CICの取り組みを見ていきましょう。一概に信用情報と言いますが、通常私たちには中身が良くわかりません。個人用が隅々まで記載されるのであれば、なんだか怖い感じがしますよね。CICが取扱う情報は、クレジットやローンの契約や申込みに関する情報になります。客観的な取引の事実を履歴として登録したものになります。大切な個人情報ですので、扱える領域はごく限られたものになります。

この信用情報は、新規のカードローンや割賦販売(いわゆる分割購入)の申込みなどがあった際に、顧客の「信用」度を判断するための参考資料として用いられることになります。この目的を達成するために許される範囲での情報になります。それ以外の人種や思想信条や保健医療の通院履歴や犯罪履歴といった項目は一切含まれません。

 

CICは利用者にとってどんな役に立っている?

あまり意識せずクレジットカードやカードローンの契約書にサインしていますが、この契約を結ぶ際に信用情報機関への情報提供と情報の共有に同意する内容の条項が含まれています。これを抜きにして、契約を結ぶことはできません。勝手に情報を収集されてはたまりませんが、上記にありますように、収集する内容には制限が設けられています。

では、集めた情報を基にCICはどんな働きをしているのでしょうか。大きく3つの働きをしていると考えることができます。それは、1消費者の支払い能力に応じた契約を支援する。2スピーディな情報提供により融資までの期間を短縮する。3消費者の多重債務や自己破産を未然に防止する働きを担う

まず1つ目は、消費者の支払い能力に応じた契約を支援する、です。融資したお金がきちんと返済してもらえるかは、最も重要な点になります。返済能力をどのくらい見込むかの判断に返済状況や、現在の借り入れの情報などを用いることになります。貸し倒れが膨らむと金融機関の経営も悪化しますので、健全な経営や事業の発展のためには双方にとり適正範囲の契約を取り交わすことが最も良いと言えます。

2つ目は、スピーディな情報提供により融資までの期間を短縮する点になります。各金融機関が個別に融資の判断根拠を判断することになると大変時間がかかる状況になります。これは、お金を必要としている人や金融機関の貸出しの機会損失につながります。CICによる情報提供は、与信判断の正確性に加えて、迅速性をもたらします。最近の当日判断などのサービスの裏側を支えていることがわかります。

3つめは、消費者の多重債務や自己破産を未然に防止する働きを担う点になります。返済のための借り入れなど、返済能力を超えた多額・多重の借り入れが発生してしまうとなかなかその状況から脱出することが困難になります。CICはこれを未然に防止するチェック機能としての役割を担っています。借入総額が原則年収の三分の一までに制限される「総量規制」の実施もあり、とても重要な働きをしています。

 

CICはきちんとカードローンを利用している人の味方!

CICが自分の味方になってくれることの心強さを表した様子

以上、CICの内容とその役割について見てきました。信用情報機関というとなんだか嫌な感じがしますが、裏方として私たちの家計を守る重要な働きをしていることがわかりました。また、消費者金融系のカードローンなどの申込みや返済の履歴が残ることがわかりました。返済予定月をまたいで返済ができなかったり、半年ごとの情報取りまとめの期間に未返済額があることは、悪い情報として残ってしまうことを意味します。返済を滞らせず信用を積み重ねることは、とても大事なことであると改めて感じます。

 

 

 

 

 

 






同じカテゴリーの最新の記事





現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス