カードローンを早く返したい! 取るべき方法5つを紹介! - カードローンおすすめ比較ネット

  • カードローンおすすめ比較ネット

Amazonギフト券2,500円分プレゼント!カードローン体験レポート投稿キャンペーン

カードローンを早く返したい! 取るべき方法5つを紹介!

カードローンは、融資の中でも、比較的金利が高い内容になります。出来るだけ早く返した方が利息の支払いも低く押えられます。また、気持ち的にも早く返済が終わったほうが安心です。今回は、カードローンの返済を出来るだけ早く行いたい場合に取るべき方法を見ていきたいと思います。

カードローンの返済方法にはいろいろある?

まず、カードローンの返済方法について確認していきたいと思います。カードローンには融資額に応じて返済金額が設定されている場合が大半です。私たちは、借入れする際にこの設定金額を返済額の目安としてとらえていると思います。また、この借入額の範囲に応じて金利も設定されていることになります。少ない金額であればあるほど、設定される金利は大きくなります。利息制限法の範囲内で、最大18%以下の利率が設定されています。

ここで、確認したい点は返済方法についてです。金融機関のカードローンにより、設定が決まっている場合が多いです。カードローンの返済方法は、大きく二種類あります。「元利定額リボルビング方式」と「残高スライド元利定額リボルビング方式」になります。一般的なイメージとして、返済額は一定で元金と利息を返済していく方法を考える方が多いと思います。最初は、利息の返済が大きいですが元金の返済が進むに従い、一定額に占める利息が少なくなります。この方法が、「元利定額リボルビング方式」となります。一方、「残高スライド元利定額リボルビング方式」は、返済が進むほどに毎月の返済額の設定が少額になっていく仕組みになります。返済する我々としてはだんだん返済金額が少なくなり楽になるような感じがします。ただし毎月の返済額は楽になっていく代わりに、返済期間が長くなりトータルで支払う利息額はかなり大きくなります。

早くカードローンを返済する場合、取るべき方法の大原則として①一定額で返済することを守る必要があるという点を強調したいと思います。

 

鍵になるのは「毎月の返済」+「繰り上げ返済」?

返済の計算と「鍵」というキーワードから

上記で、毎月の支払いを一定額に決めそれを守ることが大事である点を確認しました。次に早期返済を行い際に設定しておきたいことがあります。それは、②口座からの自動引き落としサービスの活用です。延滞していては、いつまで経っても完済できません。それどころか、金融履歴に延滞の記録が残ってしまい、信用が下がってしまいます。そのようなことが無いように、毎月の返済を確実に行える口座引き落としの設定が重宝します。

次の方法として、毎月の引き落としに加えて任意で設定額よりも多く返済していくやり方を挙げたいと思います。③繰り上げ返済になります。繰り上げてより多くの金額を返済するのですから、当然通常期間よりも早く返済を終了させることができます。しかも、元金が減っていくので、支払利息も下がります。追加での返済は金額的に辛いかもしれませんが、できる限り行ってほしい方法です。この繰り上げ返済は、カードローンを早期に終わらせる一番重要な方法になります。

 

複数のカードローンを利用している場合にはどうしたらいい?

もし、複数のカードローンを利用されているような場合には④「おまとめローン」を活用することも良い方法であると言えます。ただし、なんでもかんでも「おまとめ」してしまえば良いかと言えば、そんなことはありません。まず、現在借入れしているローンの金利よりも低いものに代えられることが条件となります。また、返済期間が長くならず、毎月の返済金額が現状よりも下がらないことが重要です。その上で、繰り上げ返済ができないか検討してみてください。繰り上げ返済とおまとめローンの活用で、カードローンの返済期間と支払い利息は目に見えて下がります。

最良の手段は、新規であれば30日以内に、継続であれば翌月には⑤一括返済してしまう方法が挙げられます。借りてもすぐに返済することで、超短期返済になります。金利も無料から数千円ほどになり、急場を凌ぐカードローンの利用としては適切なものになるのではないかと思います。

 

 

 






同じカテゴリーの最新の記事





現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス