カードローン審査でかかってくる在籍確認とは?注意点も分かりやすく徹底解説! - カードローンおすすめ比較ネット

  • カードローンおすすめ比較ネット

Amazonギフト券2,500円分プレゼント!カードローン体験レポート投稿キャンペーン

カードローン審査でかかってくる在籍確認とは?注意点も分かりやすく徹底解説!

消費者金融・銀行などの金融機関にカードローンを申し込むと、申告した職場に本当に勤務しているのかを確認する在籍確認の電話が職場に通常はかけられます。この電話がどのようなものなのか・どのような点に注意すればいいのかを解説していきます。

電話がくるタイミングは?

電話・ネット・自動契約機など、どの方法でカードローンを申し込んでも、まず本人確認・収入・他社からの借り入れ状況などが審査されます。この段階で融資自体が不可能だと判断されると、在籍確認電話はかけられないことがほとんどです。なぜなら申込者の職場に電話をするというのは少なからず迷惑をかけることになるので、早い段階で融資が不可能と判断される場合にはあえてかけることは「ほとんど」ありません。逆にいえば在籍確認電話がかけられるということは融資が可決される見込みが高いといえます。
この「ほとんど」というのには理由があります。例えばある金融機関にカードローンの申し込みが殺到しているときなどは、審査の順番が上に述べた通りに進まず、早い段階で在籍確認電話が済まされてしまうことがあります。
つまり、申し込みをしたらいつ職場に電話がかかってきてもおかしくないと考えるべきでしょう。

どのような電話がかかってくる?

カードローンを利用することはもちろん悪いことではありませんが、良くないイメージを持つ人も少なくありません。そこで「○○ローンですが」と電話に出た人に金融機関が社名を名乗ることは通常はありません。「○○(個人名)と申しますが××さんという方はご在籍でしょうか?」というように本人以外が電話に出た場合には金融機関名を名乗らずに在籍を確認することがほとんどです。一部の銀行では行名を名乗るのを基本としているところもありますが、個人名でかけてもらえるようにお願いすることができます。
もし自分が休みの日だったり、席を外しているときなどにこの電話がかかってきても心配はいりません。電話に出た人が「確かに在籍しております」と答えるだけで確認は終了となります。

どうしても自分が電話に出たい場合は? 注意点は?

例えば外部からの電話がほとんどかかってこない職場などではこの電話に出た人は不自然に思うかもしれません。また電話に出た人がカードローン利用者だった場合には、いくら社名を名乗らなくても気付かれてしまう可能性もあるでしょう。このようなことが心配な方は「なるべく自分が電話に出たい」と思うでしょう。そこで、その旨を伝えると電話の日時を約束してもらえることがあります。各金融機関のマニュアルや忙しさによって約束ができないこともありますが、お願いしても審査に不利になることはないので試してみる価値はあります。
また、申し込み時にはなるべく職場の所属部署への直通電話番号を記入するように注意してください。
もし大きな会社に勤務していて、電話に出た人が社員の名前ひとりひとりを把握していない場合に在籍確認電話がかかってきたとしたらどうでしょう? 「××ですか…分かりかねますね」というような返答をしてしまう可能性があります。この時点でせっかく進んでいた審査が台無しになることもあります。これを避けるために所属部署直通の電話番号で申請するのです。先に述べたように自分で電話に出たい場合などはなおさらですね。
また、在籍確認電話の日が会社の休日で誰も電話に出られないこともあるでしょう。この場合は審査が一時ストップして確認が取れるまで融資は受けられないことになります。例外としてプロミスでは在籍確認以外の審査に問題がなければ在籍確認電話を後回しにして仮に10万円を限度額した融資が受けられるというサービスを行っています。在籍確認が取れしだい審査で設定される本来の限度額に変更されることになります。

そもそも在籍確認電話は必ずある?

カードローンの申し込みをして審査が進むと通常はかけられるのが在籍確認電話ですが、実はかけられない場合もあります。
まず「他社の利用履歴などで確認して代用する場合」です。金融機関で融資を受けると信用情報機関にその利用履歴などが残ります。この情報は新たなカードローンを申し込んだ際の審査基準として利用されるので、利用履歴に問題がなく、職場の移動などもない場合にはあえて在籍確認電話をしない場合もあります。
また「社員証・給与明細書・社会保険証」などで代用されることもあります。これは各金融機関の判断・申し込み者の属性によって対応が異なるので確実に代用できると明言されていないのが一般的ですが、モビットでは「三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている」・「社会保険証もしくは組合保険証を持っている」という2つの条件を満たしていれば「WEB完結申し込み」を利用することで代用できると明言されています。どうしても在籍確認電話を避けたいという人にはとてもありがたいサービスですね。

勤務先変更時・増枠申請時に在籍確認がある場合も

勤務先が変わった場合には借り入れをしている金融機関に申請しなければなりません。その場合、新しく申請された勤務先に本当に在籍しているかを確認する電話がかけられることがあります。
また、すでにカードローンを利用していて増枠申請をした場合に消費者金融では「50万円以上の融資または他社との融資額が100万円以上になる場合」には「慎重審査」を受けねばならず、所得証明書を提出しなければなりません。この所得証明書の勤務先と最初に申告した勤務先が異なる場合には、勤務先が変わったことを申告しているのと同じことなので、在籍確認電話がかけられることがあります。
ただしこの所得証明書の提出は銀行カードローンでは法的に義務付けられておらず、それぞれの銀行の判断によって提出を求められるかどうかが決まります。






同じカテゴリーの最新の記事





現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス