カードローンにおける代位弁済とは?何が起きるの? - カードローンおすすめ比較ネット

  • カードローンおすすめ比較ネット

カードローンにおける代位弁済とは?何が起きるの?

カードローンの返済が数か月に渡り滞ってしまった場合、融資先の金融機関は資金の回収方法を考えることになります。支払いが滞っている状況ですとカードローンの利用ができなくなっていると思います。督促の通知が届くことと思います。きちんと滞った分の返済を行えば大丈夫ですが、それでも返済がない場合には金融機関は更に債権回収の手続きを行っていきます。その一つの方法が、代位弁済と呼ばれるものです。以下、代位弁済の内容とどのような影響があるか見ていきたいと思います。

カードローンにおける代位弁済とは

カードローンにおける代位弁済は、保証会社の保証が付随している場合に実施されます。具体的には銀行系のカードローンにおいて代位弁済が行わる可能性があります。通常銀行系のカードローンには、消費者金融や信販会社などが保証会社として資金回収不能リスクを担保しています。つまり、銀行系のカードローンは保証会社の審査を通じて融資の判断をしていることになります。カードローンの利用者の返済が遅れた場合には一定期間を持って銀行は自分たちが持っている債権を保証会社に請求して弁済を受けることができます。この取り決めを代位弁済と言います。カードローンの利用者に代わって、保証会社が銀行に対して借入した金額を支払うことになります。銀行が有していたカードローン利用者への請求権は、保証会社へ移ります。代わりに支払ってもらったからといって、利用者の債務がなくなるわけではありません。今後は、保証会社とのやり取りに移行していくことになります。

代位弁済が実行された際の影響

それでは代位弁済がなされた後はどうなるのでしょうか?保証会社は善意で弁済の肩代わりをしたわけではありません。今度は延滞金などを上乗せし、保証会社の名前で資金の返済を催告していくことになります。まず銀行から、代位弁済の実施について通知が届きます。この通知で借り入れしたお金の債権が保証会社に移ったことがわかります。金融履歴としても残ることになります。情報を共有している金融機関からの新規の借り入れはしばらく難しくなります。
保証会社からの請求ですが、原則として一括返済してほしい旨の通知が届くことになります。しかし、一括で払える資金があるならば、何も延滞などする状況にはならないのです。ここは事情を話して、分割で支払う旨の協議をしていくことになります。話し合いで新しい返済条件を設定することができますので、連絡を無視することなくきちんと応対してください。逃げなければ、向うも追いかけてきません。
ここで、保証会社からの連絡を無視して放っておきますと借り入れした金額に応じて、民事裁判の手続きへと進展していくことになります。ここでも、話し合いの窓は開いていますので是非、分割協議などを申し出ると良いでしょう。保証会社は、経済的合理性をもとに活動していることから資金の回収が目的となります。一番は一括で返済を受けることが良いのですが、分割であっても資金を回収したほうが合理的な選択となります。この裁判手続きも知らないふりをしていますと、第一回目の審議で判決が確定してしまいます。この後は、判決に基づき支払い請求の通知が届くことになります。これも無視していると次は強制執行の対象に該当し、再び裁判になってしまいます。ここまでくると、裁判の手続き費用や遅延損害金など余計な経費も上乗せされることになり大変な負担となってしまいます。

まとめ

代位弁済の内容と代位弁済後の流れを順にみてきました。時間としては一年程度経過しているような状況です。代位弁済後、新たな融資を取れない状況が3年程度は続きます。カードローンというセーフティーネットが使えなくなるのは痛いです。支払いが難しい状況が判明した場合、早い段階で金融機関に相談して対応策を講じることが最善の選択肢です。自ら相談に行くことで、担当者の方も親身になって相談にのってくれる好循環が生まれます。






同じカテゴリーの最新の記事





現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス