• 借り換え比較ネット

利用していたカードローンは退職後にはどうなる?新規に申し込みはできる?

社会人として、現在勤めている会社を退職する可能性は常に存在しています。重要なポストを担っていればそれだけ引責やヘッドハンティング、起業などで会社を退職することも出てくると思います。その時に、心配として思い浮かぶのがカードローンを利用していた場合にそのカードローンはどうなるのかという問題です。以下、一緒に見ていきたいと思います。

退職後のカードローンの取り扱いについて

退職したからと言って、直ぐに借入金の返済を迫れたりすることは無いのでご安心ください。比較的大きな金融機関であれば貸しはがしのような対応はありません。一番重要なのは、きちんと定期的に返済をするかどうかになります。退職後の次の就職先へ移るまでの期間は、まさに特別な期間であり収入源が確定しない不安の多い期間であると言えます。カードローンなどを活用するいざという時の一つに当たるのではないでしょうか。
退職後の期間が長期になる場合は、落ち着いた時点で利用しているカードローンの金融機関に連絡したほうが良いでしょう。もし一定額が必要である場合は、事前に借りておいてください。連絡後は、融資枠の削減などの処理がなされることと思います。カードローンによっては、新規の利用が停止となり返済のみの扱いとなる場合があります。退職する前に契約の内容を確認したいところです。
もし、次の職場が短期間で見つかるような場合は新しい職場に移った後に連絡しても良いと思います。年収額が極端に違う場合を除き情報の修正のみで大丈夫な場合が多いです。確認の連絡などはあると思います。退職後に大きなお金を動かすことは難しいので、資金が必要な場合は、退職前に用意することをお勧めいたします。

退職後に新規のカードローンへの申込みは大丈夫?

では、退職後に新規のカードローンから借り入れはできるものなのでしょうか?収入源の無いその時にこそ資金を調達する必要があります。利用ができたらどれだけ安心できるか。結論としましては、退職した後の新規のカードローンからの借り入れは難しいです。返済の元となる収入源がない状態で新規に融資を行うことは金融機関としては本来はできない相談です。ただし、銀行系のカードローンであれば可能性がないわけではありません。生活口座として貯金がある場合や総合口座を持っている場合など、申込みをしてみる価値はあると思います。
一番良い方法は、退職することが前もって判明している場合には在職中にカードローンの申込みをしてしまうことです。制度上、収入源が確かな人に融資することになっていますので、計画的に収入があるうちに何かの時の保険としてカードローンを持っておくことは有効であると思います。必要がなければ使わずにいればいいのです。いざという時の切り札としてカードローンは存在しています。

まとめに

退職後のカードローンの積極的な活用や、新規の申込みはなかなか大変であるということがわかりました。やはり継続的な収入源が確定していない状態で、お金を融資することは金融機関にとっては大きなリスクと判断されてしまうためです。退職後の不安を出来るだけ軽減するためにも、退職前の準備が重要になってきます。なかなか退職前はそんな時間は無いと思いますが、そこを頑張ってもらえたらと思います。仕事が終わって一息ついたら資金のやり繰りをゆっくり考えたいところですが、収入源が定まらない状況であれば新たな資金調達は難しく、一気に苦しい状況になっていく可能性が高いと言えます。
退職準備は、次の仕事などを見据えてクレバーに対処していくことが大切です。冷静な準備活動は、自分を客観的に見ることにもつながり余裕をもたらしてくれると思います。




最新の記事





現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


おすすめカードローン