申し込みブラックって?その対策とは? - カードローンおすすめ比較ネット

  • カードローンおすすめ比較ネット

Amazonギフト券2,500円分プレゼント!カードローン体験レポート投稿キャンペーン

申し込みブラックって?その対策とは?

お金を借りざるをえない状況になってしまったのは仕方のないことですが、そうなった時に絶対に避けたいのが「申し込みブラック」として扱われてしまうことです。「ブラック企業」という言葉は有名ですが、申し込みをする側も場合によってはブラックと認定されてしまうことがあるのです。
申し込みブラックというのは、短期間のうちにいくつもの申し込みを行っている人を指します。これには消費者金融はもちろん、銀行のカードローンやクレジットカードも含まれています。こう認識されてしまうと、キャッシングやローンの審査を受けても借りられない、借りるのが非常に難しくなってしまう可能性があるのです。
利用者側からすれば一見腑に落ちない申し込みブラックですが、貸金業者からすると多くの貸金業者に審査を申し込んでいるということはそれだけお金に困っているということで、そういった人の方が決められた返済を守らない場合があるので警戒してしまうのです。

では、なぜ他の貸金業者やクレジットカード会社に申し込みをしたことが伝わっているのか、という点ですが、その理由は信用情報機関にあります。カードローンやキャッシングをはじめとした信用取引の記録を一括管理しているのが信用情報機関で、ローンの利用記録などが一定の期間登録されるのですが、審査の際に各金融会社は必ず申し込み者の信用情報をチェックしているのです。
信用情報機関にはいくつか種類がありますが、基本的には登録元会社・申し込みを行った人の氏名・生年月日・電話番号などの個人情報、そして照会日時・照会区分・申込区分などが開示されます。貸金業者が特定の利用者の情報を開示できるのはその利用者から申し込みが行われた時だけ、または別途同意があった時と決められています。申し込み情報の件数が多いほど、多くの貸金業者に申し込みをしている証となります。
申し込みブラックになるのを回避しようとするために気をつけることは単純で、短期間の複数申し込みをしない、ということです。
貸金業者によってその基準はさまざまなので、明確なボーダーラインはありませんが、ローンなどの利用記録は6カ月ほどの履歴が残っていると言われています。独自の審査を行っている会社もありますが、半年間で5、6社に申し込みをしている場合はブラック認定されているかもしれません。
万が一申し込みブラックになってしまったかもしれない、という場合、確実な対策があるわけではありませんが、基本的なラインは6カ月です。なので、その間に申し込みを行わなければ申し込み情報は無くなります。ブラックとしてマークされないように十分注意しましょう。






同じカテゴリーの最新の記事





現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス