カードローンの借り換えと総量規制 - カードローンおすすめ比較ネット

  • カードローンおすすめ比較ネット

Amazonギフト券2,500円分プレゼント!カードローン体験レポート投稿キャンペーン

カードローンの借り換えと総量規制


カードローンの借り換えを行う場合の気をつけておくべき条件として、借り入れ総額があります。
銀行などは貸金業ではないため、年収によって借り入れ額に制限はかかりませんが、消費者金融などは年収の3分の1までしか借りられない総量規制という制度があります。
そのため、年収の3分の1よりも借り入れ総額が多い場合は利用できないことがあります。
ただし、これには例外があり、借り換えることで利用者が一方的に有利になるという条件を満たしていれば借りられるようになります。
総量規制とは

このことから、現在利用している金融業者よりも金利の低いカードローンであれば、年収の3分の1を超える借り入れがあっても利用できます。
銀行は年収による制限がないだけでなく、金利も低いため優先的に利用を検討することをおすすめします。


ただし、利用できるというのは法律上の話であり、審査に通るかはまた別の話になります。
借り入れ総額が高ければそれだけ審査に落ちやすくなります。また、多くの金融業者からの借り入れをまとめようとした場合も計画的な利用ができていないと見られます。
当然のことながら、既に返済の遅延を起こして個人信用情報機関に金融事故の情報が記録されている場合も利用が難しくなります。 (参考:個人信用情報機関 全国銀行個人信用情報センター、株式会社日本信用情報機構(JICC)
総量規制の例外になるからと安心せずに、借りすぎたり、返済の遅延を起こす前に借り換えを行うようにしましょう。






同じカテゴリーの最新の記事





現在の借入状況から、借り換えによって最大いくらお得になるかを計算してみましょう。

現在の借入状況は?


※計算結果はあくまで目安です。計算は現在の借入残高で各商品の最低金利を適用した場合の年間の利息額から算出しています。


プロミス